ВАЛЯに教わった簡単クッキー

d0170682_23432789.jpg

 もうすぐクリスマスですね。と言っても私が住んでいる村はほとんどの方がロシア正教なのでクリスマスは1月7日でまだのんびり準備ムードです。我が家はキリスト教徒ではないので単に季節の行事を楽しもうという気軽な感じでお菓子を色々準備し始めたところです。
 今日作ったのはВАЛЯ(ワーリャ)自記筆のメモを頂いたとっても簡単クッキーです。どれ位簡単かと言えば、多少分量が違っても焼き上がるし、強力粉でもがんがんかき混ぜてほろっとしたクッキーに焼き上がりますよ。
 混ぜて焼くだけクッキーお菓子作りが苦手な方でもこれなら大丈夫!材料があったらぜひ試してみて下さいね。

 今日は他にジンジャークッキーも生地を仕込んでただいま玄関内(=冷凍庫)にて寝かせ中。明日焼きます。


[材料]
卵          3個
砂糖         1カップ(200ml容量)
溶かしバター又は
マーガリン      200g(今日は150g)
重曹         小匙1/2
酢          小匙1/2程度
馬鈴薯澱粉      1カップ(200ml容量)
粉          1.5カップ(200ml容量)
ココア        大匙1
インスタントコーヒー 大匙2〜3


[作り方]
・材料を計量しておく。バター又はマーガリンは溶かしておく。
・ボウルへ卵と砂糖、溶かしバター又はマーガリンを加えて良く混ぜ合わせる。
・重曹と酢を合わせて溶かした物をボウルへ加えて更に混ぜる。
・混ぜ合わせたボウルへ計量した馬鈴薯澱粉とココアをふるいながら加えヘラでよく混ぜる。
・馬鈴薯澱粉が良く混ざったら、同じ様に計量した粉をふるいながら加えて更に良く混ぜる。
・インスタントコーヒーも加え更に全体に良く混ざる様にかき混ぜる。
・粉とインスタントコーヒーがが綺麗に混ざったらボウルをラップ等で覆い、冷凍庫で20〜25分寝かせる。
・オーブンを200度に余熱。
・オーブンの余熱が上がったら、寝かせていた生地を取り出し好みの大きさに丸めていく。天板の上へオーブンペーパー又はシートを敷いて間隔を開けて置いていく。
 かなり油分の多い生地で横に広がるので広めに開けて下さい。
・180〜200度のオーブンで約30分 オーブンニよって時間は調整して下さい。

 焼き上げたばかりのときは甘食の様に柔らかく、少し時間がたつとサクッ、ホロッとした食感になります。
 材料は厳密でなくとも大体で大丈夫。今回はバターの使いかけが150gしかなかったので減らして焼きましたが食感は変わりませんでした。お好みで多少増減しても大丈夫です。
 元のレシピにはココアとコーヒーは入っていません。ちょっとほろ苦いクッキーを作ろうと思ったので加えています。コーヒーはわざとつぶつぶが残って焼き上がるよう粉の後に加えていますが、均等なコーヒー味にしたい場合は溶かしバターと一緒に加えて下さい。



日々の生活ブログ「丁寧な生活をゆっくりと2
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味」←FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

mytaste.jp




d0170682_071252.jpg

 天然冷凍庫の玄関内から台所へ持ってきた生地。凍っていても丸めているうちにすぐ溶けて来てしまう程です。しっかり冷やしてから作業をすると綺麗に出来ます。
 スプーン等で適当に落としていっても良いと思います。

d0170682_092793.jpg

 この間隔でもちょっと狭いところはくっ付いてしまいました(苦笑)最初からもっと狭い間隔で谷の部分がくっ付く様に焼くのも逆に良いかもしれません。

d0170682_0113210.jpg

 こちらが断面。村では強力粉しか基本的に手に入らないので強力粉で作っていますが、多めの馬鈴薯澱粉のおかげでさくさくに仕上がります。所々茶色く見えるのがコーヒー。この所々というのがなかなか良い感じです。甘いものがお好きな方はチョコチップでも良いと思います。
 今日は甘さ控えめでコーヒーのほろ苦さが美味しい味に焼き上がりました。
[PR]
by etigoya13 | 2010-12-21 23:40 | お菓子 | Comments(11)
Commented by タヌ子 at 2010-12-22 06:25 x
とっても簡単そうで私でも失敗なく作れそうだけれど、問題はジャガイモの粉。
フランスには料理にトロミをつけるためのジャガイモの粉があるんですが(コーンスターチの代わりに使うものらしい)、クロアチアでは見かけたことがありません。
これがないと乾燥したときにかなり硬い出来上がりになっちゃいますよね・・・
ヒヨコマメの粉で試してみようかしら?
ジンジャークッキーも美味しそう。
私も早くクロアチアのペッパークッキーのレシピをアップしなきゃ・・・
Commented by kaako at 2010-12-22 17:06 x
こんにちわー。ホントこれ、ヘビーローテーション(byAKB・こないだモスクワ公演しました)
実は既にかなりアレンジしており、現在自分好みに調整中です。
片栗粉がなかったので、古いコーンスターチを利用してますが、全然アリだし、恐らくでんぷんであればという事ですね。
他のレシピで焼いて比較検証しても、軍配はこちらだなー。
ポイントは卵とでんぷん量だと感じました。改めて有難うございました!
Commented by etigoya13 at 2010-12-22 18:29
タヌ子さん
これ簡単です。混ぜるだけですから(笑)成形は今回は丸めましたが、スプーンで落としていっても良いと思います。
Kaakoさんが書いて下さっていますが、コーンスターチでも大丈夫のようです。グルテンを含まない澱粉であれば可能だと思います。
バターの量も卵の量も多いレシピなので強力粉だけでもかなり通常よりは歯触り良くしあがるとは思いますが、半分近い粉が澱粉である事がこのタイプのクッキーの特徴なのでやはり何か他の澱粉で代用した方が糸思います。
ジンジャークッキー、今朝またかなり冷え込んだためカチコチ…もう少し溶けないと全然延びません(苦笑)

クロアチアのペッパークッキーのレシピ楽しみにしています。
Commented by etigoya13 at 2010-12-22 18:36
kaakoさん
簡単で美味しいですよね。
アレンジ良いと思います。そうやって自分の味が出来ると思うし。
私もカップ1と分量は記載していますが、ワーリャレシピよりぐっと少ないですから。
ワーリャはコーンスターチは駄目よと言っていたのですが、味かな?モルドヴァの人コーンに敏感でママリーガなどこれは美味しいこれは不味いと凄い真剣だから。
卵もバターも多いですからねこれ。村でもこの手のクッキー売っていますが美味しいのですよね何となく懐かしい味がして。
Commented by noreizoko at 2010-12-23 03:43
こんにちは。むむ、この籠は白樺細工ですね!スイーツをほとんど頂かないんですが、香りかいだり見るのは楽しい!
Commented by kaako at 2010-12-23 18:47 x
こんにちわー。あっれーそうなんですか?Valya的にダメなのか。
とうもろこしの国(でもないと思うが)の人はこだわりが有るのか・・・?
noreizokoさんのコメントで気付きましたが、ホントだ白樺細工の
籠に盛ってあるんですね。青とのコントラストが素敵☆
刺繍も籠もお料理も、越後屋さん万能ですね。
Commented by poronliha at 2010-12-23 21:59
ロシアは1月7日なんですね。それじゃうちで働いてるロシア人たちはそのあたりに休みが欲しいのかもしれない・・・(でもフィンに住んでるから、どうなんだろう?)

簡単クッキー、いいですよね!
私もたまに適当クッキーというか健康クッキー(笑)作るのですが、たまにおいしく、たまにやばいものができます。たまにはちゃんとしたクッキーつくろうかなって 思いました。
やっぱりサクッホロッの食感はおいしいと思います。
Commented by etigoya13 at 2010-12-23 23:18
noreizokoさん
そうです、この 籠白樺細工です。時にパン籠、時にストック入れそして気が向くと焼きが仕入れと色々変わります(笑)
私も普段はあまりお菓子無くとも良いのですが、連れ合いはお菓子抱えて食べたいタイプなのです。
食べ過ぎ!とご飯前に何時も私に取り上げられるのでクリスマスプレゼントとして抱えて食べても良い様に籠盛りです。
このあとジンジャークッキーも焼きましたが、特にこれはスパイスの香でああクリスマスだな〜と実感するんですよ。
Commented by etigoya13 at 2010-12-23 23:26
kaakoさん
ワーリャのこだわりなのかもしれませんね。モルドヴァってルーマニアの隣りだから食文化はかなりあちらに似ているみたいなので、ロシアとはまたちょっと違うのですよね好みが。トウモロコシうるさいですよーワーリャ一家(笑)
そうなんです、籠は白樺細工。色々と使えるサイズで便利なのです。今の時期は菓子器と化しています。
青のペーパーナプキンはフィンランドの方からプレゼントで送って頂いたマリメッコの物です。柄が素敵なのだけどすっかり隠れていますね(汗)
もの作りほとんどが下手の横好きなので生産性が悪いのですけどね(苦笑)手を動かしているのが好きなのです。
モスクワ暖かいそうですね、今日まで連れ合い出張に言っていてこちらへ戻るのに気温聞いてため息ついていました。
Commented by etigoya13 at 2010-12-23 23:33
poronlihaさん
ロシアはというかロシア正教の暦でいくと1月7日がクリスマスなのです。
その日はロシアだと休みですけどねー。でもフィンに済んでいて働いているならまあ良いのではないでしょうか。仕事終ったらシャンパン飲みたいかもしれないけど(いやウォッカかな?)

簡単クッキーって良いですよね。成形もいらないと更に良いです♪
普段はバター無しの物しか基本的に作らないのですが、クッキーが一番上手くいかないのですよバター無し。スポンジケーキ等は油分無くても我が家には満足の物が出来るのだけど。
今の時期フィンではジンジャークッキーの香が立ちこめている?のでは。昨日、今日2日に分けて焼いたのはフィンレシピのジンジャークッキーです。明日はロシアのプリャーニキというクッキーを焼こうと思ってレシピを確認していたら結構似ていました。
メイン料理で力つきそうですが…。
良いクリスマスイブ&クリスマスをお過ごし下さいね。
Commented by noreizoko at 2010-12-31 04:30
こんにちは。良いお年を!