カルダモンたっぷりОладьи

d0170682_3144174.jpg

 日曜日のブランチはОладьи(アラージー/イースト生地のミニパンケーキ?)を焼きました。土曜日寝る前に生地を仕込んで低温放置(=室温放置)。我が家どうも煖房効率がわるいというか、密閉不足らしく室温が20度を越える事が無いのですが、足元は10度代前半ぐらい。低温発酵させるにはまあ向いているとも言えます(苦笑)
 朝起きて再度まぜで少し煖房の上で温度を上げてから焼きました。良い香。栗の蜂蜜を添えて。

[材料]8枚分
粉       150g(450g)
卵       1個(1個)
牛乳又は水   150g(450g)
ドライイースト 小匙1/3(生イースト12g)
砂糖〈生地〉  9g(18g)
カルダモン   5莢
油適宜     (50g)
蜂蜜      大匙1(砂糖(仕上)90g)
(スメタナ120g)
(林檎120g)

※()内は元レシピの分量と材料です。

[作り方]
・人肌に温めた牛乳にイーストを入れ予備発酵させる。
・ボウルへ温めたイースト、牛乳、卵、砂糖を加えて良く混ぜ、粉を加えて更に混ぜる。
・ラップ等でボウルを覆い倍に膨らむまで発酵させる。低温で一晩置いておく。
・生地が倍に膨らんだら、莢のカルダモンから中の黒い種を出しすりつぶした物を加えて良く混ぜ合わせる。
・再度ラップ等でボウルを覆い、生地が室温へ温まるまで置く。
・フライパンへ油を敷き、温まったら生地をスープスプーンですくって落とし、両面を色よく焼く。比較的早く焼き上がるのでこげない様に注意。
・焼き上がったら皿に盛り、お好きな味つけで頂きます。粉糖をかけたり蜂蜜をかけたりスメタナ(サワークリームの様な物)をかけたりお好みで。

 今回はカルダモンを入れましたが、元のレシピには刻んだ林檎が入っています。混ぜるタイミングはカルダモンを入れるときと同じ。
 元のレシピは多めの油で揚げ焼きにするタイプでしたが、まだそんなに揚げ物に近い物は食べたく無かったので今回は少なめの油で焼いています。揚げ焼き又は上げた方がより元のレシピに近い仕上りとなります。





にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

mytaste.jp
[PR]
by etigoya13 | 2011-01-25 02:50 | 麺類/粉もの | Comments(6)
Commented by melocoton1 at 2011-01-25 17:21
カルダモムの怪しい(笑)香り大好きです。

普通のホットケーキ系のもの苦手なのですが、発酵させたものはおいしく感じます。 イーストパワーかしら?

うちも古い家だし、キッチンはパネルヒーターないので、低音発酵には向いてるかも^^。
Commented by etigoya13 at 2011-01-25 22:06
melocotonさん
カルダモン美味しいですよね。あの香が好きです。
フィンランドのドーナツ生地等結構カルダモンがたっぷり入っている物が多いのでそれを思い出しつつ作ってみました。

私はホットケーキも好きなのですが(ベーキングパウダー系)村だと強力粉だけに近いのでイーストの方が風味、食感共に美味しいかなと思います。
あと焼くときの失敗がすくない(笑)

あはは、低温発酵向いていますか。低温発酵にするとイースト臭がすくなくぐっと美味しく感じます。
Commented by poronliha at 2011-01-25 23:12
私もカルダモン好きです。なのでこちらの菓子パンは好みのものが多いです。なんでもカルダモンが入ってるっていってもいいくらい入ってますからね(笑)
ホットケーキ、最近つくってないなー。イースト発酵だとおいしくできるのは本当ですよね!ただ、発酵時間がかかっちゃうのでどうしても手軽なベイキングパウダーを使うことが多いけど・・・
そういえばこちらにpannukakkuというイーストもBPも入れないパンケーキのようなものがあるんですよ。他の材料は同じ感じで、まぜた生地を30分以上おいて、オーブンで焼くというやつです。膨らむものがはいってないのに、オーブンでプクーってふくれておもしろいですよ。

最近フィンにロシア人が来ることが多くなったので、ロシア語ができる店員さんが必要になってきてるんです。でもヘルシンキでもそんなに通じるとは思ってなかったです。
Commented by etigoya13 at 2011-01-26 01:42
poronlihaさん
本当にフィンランドの菓子パンのカルダモン率高いですよね。私も好みの物が多いです。
今回購入したクッキーもカルダモンの香たたくて美味しかったです。
パンケーキ、夜仕込んでおくと朝は焼くだけなので案外時間はかからないかも。
こちらも有るんですよ、ふくらし粉のたぐいが入らないもの。ただ私はまだ作った事無いのですが。今度やって見ようかな〜。
店員さんごく普通にロシア語で返していました。きっと旅行客の多いところでは話せる人がいるのではないかと思います。ソコスのしたは英語までだったかなー。
でもかなりの通用度だと思います。それに手書きでロシア語が書いてあるお店も結構多かったです。
Commented by タヌ子 at 2011-01-26 03:43 x
カルダモン、良い香りですよね。
でも、ロシアでカルダモンを使う料理があるって、ちょっと意外でした。
リンゴ入りも美味しそうで、両方作ってみたい。
リンゴ入りにはちょっとシナモンをかけて食べたいです。
Commented by etigoya13 at 2011-01-26 20:20
タヌ子さん
ああ、このレシピにはもともと入っていません。私が好みで追加しています。
でもカルダモンはお菓子には結構使うので村でもパウダーなら常時入る定番のスパイスです。
林檎入りもおいしいのですが、連れ合いがイマイチ乗り気ではなかったのでこの日は無しで。
でも美味しいですからお薦めです林檎入り。