ピタパン

d0170682_13504555.jpg

 ずっと食べたかったピタサンドの為に今日はピタを焼きました。昨日クリームパンで失敗しているので、今家に有る小麦を使う時の水分量を試す意味も込めて材料がシンプルなピタは最適。
 発酵も一次発酵のみなので短い時間で作ることが出来ます。
 今日は「МИТИТЕИ(ミティテイ/モルドヴァの挽肉料理)」とチリコカーンの残りを挟んで頂きました。美味しい。

[材料]
強力粉     190g
きな粉     10g
ドライイースト 小匙1
塩       小匙1/2
水       130ml〜(今回は凄い乾燥している小麦粉の為、160ml以上使いました)

[作り方]
・130mlのぬるま湯(お風呂の温度ぐらい)にドライイーストを入れ呼び発酵させる。発酵の必要無いインスタントドライイーストの場合はこの作業は除く。
・ボウルへ粉、塩を加えて予備発酵させたイースト液を注ぎ粉気が無くなるまでヘラで混ぜる。この時生地を触って固いようなら大匙1/2ずつ程度ぬるま湯を足して行く。
 (今回はこの時点でプラス30ml加える事になりました)
 逆に生地が柔らかすぎる場合は粉を少し足して調整する。
・台に生地を出してのばす様にしながら捏ねる。水分量が適正なら延び良く捏ねやすい生地となります。膜が出来始め、捏ねている時に含んだ空気が水泡の様に見え始めたら綺麗に丸め直してボウルへ入れ、ラプ等で覆い暖かいところで発酵。約2倍程度に膨らむまで。
・ボウルから出し8分割。丸め直して固く絞った濡れ布巾をかけて20分休ませる。
 オーブンを最高温度で天板毎余熱
・分割した生地をとじ目を上にしてつぶし、麺棒で丸くのばしオーブンシート又はオーブンペーパーの上に置く。これを8個分繰り返す。
・余熱の上がったおーぶんを240度に落として、天板へオーブンシート毎生地を乗せる。
 (今回は上下2段で焼いています)
・生地がふくれて来て焼き色が付く前に取り出す。
・半分に切って出来た空洞に好みの食材を詰めて完成。

d0170682_14135752.jpg

 今日は捏ねているときも丁度良いきじの状態で気持がよかったですが、焼き上がってぷっくり膨らんだときは更に嬉しくなります。




にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村
mytaste.jp
[PR]
by etigoya13 | 2011-04-01 21:10 | パン | Comments(4)
Commented by yetiherder at 2011-04-02 15:53
きれいに膨らんでますね〜。ところで、小麦粉がすごく乾燥している、ってどうやって分かるのですか?古いとか?そこまで考えていらっしゃるとは脱帽です。

ピタはギリシャでもよく食べますが、こういうポケットのはキブロス風といってあまり見かけません。平たいパンのようなのが一般的なんですが、このポケットに具を詰めるのもまた楽しいんですよね〜^^
Commented by タヌ子 at 2011-04-02 16:22 x
ピタパン美味しいですよね。
越後屋さんのピタパン、ふっくら膨らんで美味しそう。
クロアチアのピタパンはもっと分厚いけれど、このぐらい薄い方が好きです。
一度失敗してからすっかりやる気を失ってましたが、また作ってみたくなりました。
黄な粉入りって言うのが面白いですね。
Commented by etigoya13 at 2011-04-02 18:06
yetiherderさん
綺麗に膨らみました♪毎回こうだと良いのですけれど。
小麦粉乾燥していると、大体レシピの水分量からかなり水分を足さないとパン生地にならないんです。
クリームパンで久しぶりだからと手持ちのレシピ本通に配合したらものすごく固い生地で捏ねる事すら出来ない感じ。いつになく乾燥している小麦でした(苦笑)
ここまで乾燥しているのは生産年月日がふるい上に村の集中煖房が半年以上付いているという環境で増長されたみたいです。小麦の個性によっても水分量は変わりますが、ここまでレシピの分量とかけ離れるのは久しぶりです。
へ〜ギリシャではこういうたいぷはキプロス風なのですね。初めて知りました。このポケットに物摘めるの楽しいですよね。
Commented by etigoya13 at 2011-04-02 18:09
タヌ子さん
今回は綺麗に膨らみました。生地が上手く捏ねあがったので大丈夫だとは思ったのですが、やっぱり実際に膨らむまで心配ですね。
このピタパンの元レシピも分割が少ないのでもっと厚めの生地になったかもしれませんが、小さく分割してかつ中に物を冷たいと思うとかなり薄くなるんですよね。
でも其れがまた美味しかった。
パンの中ではかなり作りやすい物だしぜひまたッ挑戦して下さい。
きな粉は勝手に追加した物です。大豆製品、ここではなかなかとれないのできな粉や高野豆腐で摂取する様にしているんです。