КУЛИЧИ(クリーチ/復活祭用菓子パン)を試作してみた

d0170682_1110363.jpg

復活祭が近くなって来ると村のお店にもКУЛИЧИ(クリーチ/復活祭用菓子パン)が並び始めます。毎年手作りするお宅もあれば、こういった店で買うお宅も増えてきています。
d0170682_1121532.jpg  毎年復活祭前に焼いていたのですが、今まで一度も綺麗に焼き上がったことが無かったので、今年は何回か焼いてみようと今日試作1回目を焼いてみました。試作なので上を飾るアイシング等は無しで。
 ちょっと上を焼きすぎた以外は良い感じ。次焼く時には材料を一部変更したりして、再度焼いてみたいと思います。ちゃんと上にアルミ箔かぶせたのだけど…黒光りしています(苦笑)次回はこの辺りも調整。
 今回のレシピは「КУЛИЧИ《РУССКИЙ》」ロシア風と言うからには基本的な物?と思って作ったわけですが、なんと手持ちの本3冊(出版元執筆者は別々)にも同じレシピが載っていました。手順が少しだけ違う物まで含めるともう何冊か追加される程一般的なのだろうか?
 まだ試作中なので今日は今回の分量のみです。

[材料]φ110高さ100の円筒形型1台分
強力粉     200g
ドライイースト 小匙1
牛乳      120ml
卵       2個
バター     60g
砂糖      40g
塩       小匙1/2
ドライフルーツ 40g(今回はドライ無花果半生と金柑風なやつ)
ナッツ     40g(アーモンド)
バニラシュガー 小匙1
レモンの皮   小匙1

 普段油脂分無しのパンばかりの私にはこのバターの量は多いけれど、食べると意外に重く無かったです。でもこの1台分のクリーチ、我が家ではとても3日以内に食べきれる量ではないなー。



にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村



d0170682_11445888.jpg このクリーチ、毎年撃沈していた一番の作業は固く泡立てたメレンゲを生地に混ぜ込むところ。
 パン生地ですよあなた!
 そこへ「泡を消さないように底から大きくかき混ぜて」なんて言われてもケーキよりずーっと固い生地なのに(涙)

 今年は頑張りました。3回以上に分けて少しずつ混ぜ込みました。何とか混ざったけれど、やっぱり泡消えている様な…。
d0170682_11495384.jpg 我が家は干しぶどう嫌いさんがいるのでドライ無花果(半生)と金柑の様な物、砕いたアーモンドを入れました。
 これもこの後ヘラで混ぜ込みます。ロシア式のパン生地なので手で捏ねることはありません。ヘラや泡立て器で捏ねていきます。だから油脂分が多い割に手が汚れて大変ということはありません。
d0170682_11533734.jpg

 そして緊張の一瞬。去年までここに辿り着けなかったの〜な最終発酵完了状態。今回はちゃんと型の上に到達。しかも良さげな感じで。う・嬉しい。
 その後オーブンで焼くことしばし。上の様なやや黒光りし過ぎな焼き上がりとなりました。

 次の試作が楽しみ。
[PR]
by etigoya13 | 2011-04-09 14:56 | パン | Comments(8)
Commented by タヌ子 at 2011-04-10 17:34 x
切り口の感じはイタリアのクリスマス菓子、パネトーニ見たいな感じですね。
パン生地に卵白を潰さずに混ぜるのは、ほぼ不可能かと…
でも、綺麗に膨らみましたね。
パン作りを習っていらした越後屋さんでも難しいのだから、私だったら100回撃沈は間違いなし。
今年も復活祭用のケーキは買ってしまいそうです(汗)
Commented by etigoya13 at 2011-04-10 21:36
タヌ子さん
似ていますよね。パネトー二に。ただイーストは普通の物でもいいのでぐっと敷居が低いと思います。
ねーメレンゲをつぶさずにって不可能ですよね!何とか混ぜ込んだけど効果の程は…。ロシア式のパン生地で作ると手で捏ねない分この作り方は楽かなと思いました。
あと1回は最低焼いてみて、本番に挑みたいと思います。
いや、買った物って甘かったりぱさぱさであまり得意では無いのです(苦笑)だから何とか自力でと思って。
Commented by yetiherder at 2011-04-11 15:03
コックさんの帽子みたいで迫力のあるビジュアル!おいしそうです。ホント、パネトーネみたいですね。

ギリシャではチュレキと呼ばれる甘いパンを作りますが、あんまり好きじゃないんですよね...パンは生地をこねるのが好きですが。ダンナも好きとかいいながら現代風のチョコレートの入ったヤツしか食べませんし。単にチョコレートが好きなだけなようです 笑
Commented by kaako at 2011-04-11 18:09 x
遂にこの時期が・・・手持ちのレシピもメレンゲと書いてあるけど、巧く行くはずなしと思って毎年やってません(汗)。混ぜたら同じよと思いながら、全開で全混ぜ(そもそもそれってクリチ?みたいな)それでもあまり既製品と違和感を感じないのは、おいしい物を食べた事がないせいでしょうか、それとも大味すぎるのでしょうか。
我が家も油分は少ない家ですが、60g程度のバターなら多分大丈夫ですよ、うちは粉量がどうであれ、100gを越えるときつくなってきます。
そういえばここのお菓子って色々メレンゲ多頻度使用な気がするなぁ。
Commented by etigoya13 at 2011-04-11 21:44
yetiherderさん
もう少し黒光りしない予定だったのですが(汗)でも初めてちゃんとした生地に焼き上がって嬉しいです。
見た目は本当にパネトーネに似てますよね。

ギリシャはチェレキというパンなんですか、レシピブログにありますか?連れ合いは甘いパン好きです(苦笑)
クリーチ今年のは特に気にいったみたいでほっとくとかなり食べそうだったのでちょっとずつ。
Commented by etigoya13 at 2011-04-11 21:55
kaakoさん
ふふふ、今年もそう言う時期ですね。私3度目の正直ですよ今年。やっと先が見えて来たので、あと2回ぐらい焼けると良いな〜と思っています。
 今回作ったのは売っているのとはしっとり度が全然違いましたねー。村も売っている物は2系統あって、ほとんどバターケーキ風のものとパン生地の物。バターケーキ風はおうパサつきがちなのに重いという最も苦手なタイプで、実はこれを頂くことが多くて毎年困っていたのです。
なにせ我が家甘い物がいつでもOKなのは連れ合いだけなので。
私は普段お菓子も基本的に油分無しで作るから60gってかなり多いのですよ。でもちょっと食べるならこれくらいだと美味しく頂くこと出来ました。次の試作が楽しみです。
ロシアのお菓子メレンゲ多用多いですね。
Commented by poronliha at 2011-04-12 03:10
本当パネトーネみたいですね。油脂の量は同じくらいですが、パネトーネはもっと卵黄がはいるかな。(レシピにもよりますが)
ということは私達、大好きってことですね。うちもロシア風にクリーチでイースターを迎えようかな(笑)
Commented by etigoya13 at 2011-04-12 10:11
poronlihaさん
見た目も似ているけれど、基本的にブリオッシュ生地だからやっぱり似ていますよね。
卵黄はレシピによってはもっと多いです。我が家に有る手持ちの本の中で一番登場回数の多かったレシピで作りましたが、他の物はもっと砂糖も卵も多かったりコニャックが入ったりする物もありました。
ロシア風クリーチもぜひお仲間に入れてあげて下さい。