水切りヨーグルトのティラミス風

d0170682_0181665.jpg

 珍しく粉ものを作り始めたら作る気持が持続中。今日は以前から試してみたいと思っていたけれど、作れずにいた水切りヨーグルトを使ったティラミス風をやっと作ってみました。
 「バター、オイルなしでもこんなにおいしい ふとらないお菓子 茨木くみ子」(文化出版局)から砂糖の量はやっぱりちょっとずつですが減らしています。甘すぎると作っても私が食べられないので。
 このレシピではマスカルポーネの代わりに水切りヨーグルトを使うのですが、ヨーグルトってこんなに滑らかで濃厚になるのか、と色々試してみたくなる食感と濃厚さ。ギリシャのヨーグルトがこの感じなのかな?なんて想像しながら作りました。
 これはかなり美味しいと思います。油分が無いと感じない仕上りになります。私は油分無しのケーキもおいしいと思うけれど、バターたっぷりのケーキが好きな人には物足りない(というかやっぱり別ものと感じる)かもしれない物も載っている本ですが、このティラミスは水切りヨーグルトにコクと滑らかさがかなり高いので満足度も高くなると思います。
 ただ我が家の場合少しずつ減らしたお砂糖、それでもまだ甘すぎた…甘党の連れ合いもまだ減らしても良いと言うぐらいだからやっぱりまだ甘かったのだと思う。次は更に減らせそうな部分を減らして、美味しいので定番にすべく我が家が耐えられる甘さになるように(笑)

[材料]15㎝角形(今回はグラタン皿使用)〈〉内は本に掲載分量
《スポンジ》
卵          2個
砂糖         45〈50〉g
強力粉        20〈30〉g(レシピは薄力粉)
ココア        30〈20〉g
牛乳         大匙1
《ティラミスクリーム》
プレーンヨーグルト  400g
卵黄         1個
砂糖         45〈50〉g
強力粉        大匙1(レシピは薄力粉)
牛乳         90ml
《シロップ》
砂糖         25g
水          100ml
インスタントコーヒー 小匙2
ブランデー      適宜

仕上ココア      大匙1

[作り方]
・ヨーグルトはキッチンペーパに包んで笊にのせ、一晩冷蔵庫で脱水する。約200gになります。
・型にオーブンペーパーを敷く。オーブンを170度に余熱。
・ボウルに《スポンジ》の卵黄と砂糖を入れハンドミキサーでもったりするまで泡立てる。泡立ったら、薄力粉とココアをふるい入れ、牛乳も加えてさっくり混ぜ合わせオーブンペーパーを敷いた型へ流して余熱の上がったオーブンへ入れる。
 170度18分焼き上がったら型から出して冷ます。
・別のボウルへ《ティラミスクリーム》の卵黄/粉/砂糖を入れ、牛乳の一部を加えて良く混ぜ合わせる。白っぽくなるまで。残りの牛乳を加えて良く混ぜる。
・鍋に良く混ぜ合わせた《ティラミスクリーム》の材料を笊で濾しながら入れ、火にかける。かき回しながら加熱し、沸騰したら火を止め、脱水したヨーグルトと混ぜ合わせ、容器に入れて冷蔵庫で冷やしておく。
・小鍋に《シロップ》のコニャック以外の材料を加えて火にかけ沸騰させる。沸騰したら火を止めてコニャックを入れる。
・スポンジの厚みを半分に切り、片方を容器へ入れ上からシロップの半量を染み込ませる。上からティラミスクリームの半量を塗り、残りのスポンジを重ねる。
 残りのシロップ→ティラミスクリームの順に塗って上から仕上のココアをふって完成。

 このティラミス風を食べて、食べたくなったのは豆腐のティラミス風。絹ごし豆腐と白味噌で作るクリームも水切りヨーグルトに負けず美味しいんですよ。



日々の生活ブログ「丁寧な生活をゆっくりと2
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味」←FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。


にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村



刺し子チャリティーに参加することにしました。お時間が有りましたらお立ち寄り下さい。詳しくはこちらで→




d0170682_0351449.jpg スポンジの材料。レシピとは反対にココアを多めにしてあります。苦みが強い方が好みなので。砂糖は5g減らしたぐらいでは甘さが強すぎました。




d0170682_038584.jpg ティラミスクリームの材料。ゆるめのカスタードと水切りヨーグルトを混ぜる感じと説明したら判りやすいだろうか?
 こちらも微妙に我が家には甘いかな。10g砂糖を減らしてもまだ甘いかもという感じ。甘党の人には大丈夫かもしれませんので味見しながら加減して下さい。

d0170682_0465284.jpg シロップの材料を取る前に火にかけてしまいました。このシロップ、我が家の場合実は半分丸々残りました。
 凄いよく染み込んだし、甘そうだし。残して正解なほどちゃんとしっとりし見込んでいたし甘過ぎた…。
 次回はシロップ用砂糖の量は確実に減らせるかも。

d0170682_051826.jpg スポンジ→シロップ→ティラミスクリームを繰り返したところ。





d0170682_0584211.jpg


 上から化粧のココアもかけて、ティラミスっぽくなりました。


d0170682_0593814.jpg

 別角度の断面。スポンジの感じ、ちょっと間のクリームガ少ないけれどティラミスっぽく見えませんか。というかこれ本物を食べたこと無ければそのままこれがティラミスと信じることが出来そうですよ。
 
[PR]
by etigoya13 | 2011-04-29 22:34 | お菓子 | Comments(8)
Commented by ninuckey2 at 2011-05-02 01:46
美味しそう!ぜひ試してみたいです。
ブックマークさせていただきますね♪
Commented by poronliha at 2011-05-02 03:52
結構スポンジが多いタイプなんですね。ティラミス、自分で作るのはたくさんできて困るし、買ったやつは好みの味じゃないし、と結構難しいデザート。でもたまに食べたくなるんですよー。私の持ってるレシピ本には豆腐使用のがあるのですが、クリームチーズも入ってるから(豆腐クリームにしてもいいとは書いてある)、カロリー的には普通のとあんまりかわらないのでは?と。
これ、今度ティラミスたべたくなったらやってみます!ギリシャのヨーグルト使ったら水きりしなくていいかもしれないので、ラクにできそうですね。
Commented by etigoya13 at 2011-05-02 11:00
ninuckeyさん
これはきっと油分無しだと物足りないという方でも比較的馴染みやすいノンオイルレシピだと思います。
例の如く我が家にはこれでも甘かったのですが(笑)
マスカルポーネ手に入らない〜なんてかいていたら、昨日の買物でマスカルポーネ発見。いやはや村にも少しずつ新しい食材が増えています(高いから結局ヨーグルトで作ると思うけれど)
ニヌさんならきっと美味しく&美しくしあがると思います。
Commented by etigoya13 at 2011-05-02 11:04
poronlihaさん
いやクリーム余ってしまったので、もっとちゃんと塗れば良かったと反省した次第です。バターナイフで塗っていたら只でさえクリームを扱い慣れていないこともあって、スポンジへ塗り付けるよりナイフについている方が多くて(苦笑)
私の豆腐ティラミスはチーズクリーム入らないですね。水切りした絹ごし+白味噌+砂糖。酸味が欲しいならレモン果汁というもの。これかなり美味しいですよ。水切り具合で食感が変わるのでそこが好みで調整しないといけない部分ですが。
これさっぱりしているかと思いきやちゃんとコクもあるのでお薦めです。
Commented by poronliha at 2011-05-02 22:09
白みそがないのですよ。代用できるものってないんでしょうかね?
そう言えば前にこのレシピ本をチェックしたとき、レビューに甘いですってあった気がします。(だから買わなかった記憶が)
逆に今では越後屋さんが改良したレシピをアップしてくれるので、それで十分かなーって思っちゃいます。(笑)
Commented by etigoya13 at 2011-05-03 00:33
poronlihaさん
白味噌の代用としては普通の味噌と言いたいところですが、塩分量も高いし、やっぱり白味噌と風味が違うのでちょっと厳しいかな。でも少量ならコク出しなると思います。
あ、でも普通にお味噌を仕込まれるのだから白味噌自体を仕込んだ方が早いかも。配合によってはかなり短時間で仕上がるし。大豆も手に入って麹もまだ作れるならそれが確実ですよ。ホワイトソースのコク出しにも使えるし。
この本、甘いですね。私はこちらの教室で実際にパン作りを習って数回ケーキも教えて頂いているので、なぜ甘くしているかなど聞いているから納得して買っていますが。教室でおやつに頂くお菓子が甘さ以外の部分は好みだったのもあるかな。
甘さをある程度強くすることで脳の満足=空腹を満たすと食べ過ぎを防ぐことを目的としているので、少し減らしてもスポンジ等膨らみに影響は少ないと思います。(もちろん減らしすぎると駄目ですが)
レシピ通りって実はほとんど作らないのです。やっぱり味覚って個人差が大きいじゃないですか。
Commented by サスピ at 2011-05-04 16:01 x
私も水切りヨーグルトを初めて作った時には、そのあまりの濃厚さに「これ、クリームチーズと同じじゃない?」とびっくりした覚えがあります。
個人的には豆腐+白みそ+砂糖+レモン汁の豆腐クリームをチェックです。
いろいろ活躍の場が多そうですよね。
私はあまり乳製品が合わない体質なので(チーズとか大好きなんですけど!)こうやって代用できるのだったら、それに越したことはないのです。
ちょっとの工夫で、美味しい代用品が作れるものなんですねえ!
Commented by etigoya13 at 2011-05-05 01:29
サスピさん
本当に水切りヨーグルトって初めて作るとその濃厚さにちょっとビックリしますね。
豆腐のクリーム美味しいのですよ。これも元は精進料理の本からです。
ただやっぱりチーズそのものと全く同じではないので、代用というか他の食品で似た食感にすると、という感じでしょうか。
豆腐の水切り加減と如何に滑らかにするかがポイントです。