庭の旬と人様ランチと手抜きご飯

d0170682_07525.jpg

 我が家の庭にもべリーの旬がやって来ました。こちらは苺。今までの駐在員誰も植えたことは無いらしいのですが…鶏の排泄物か?他の動物の排泄物から??かってに自生中。
 小さいですが水やりなどしなくても勝手に越冬して勝手に育つだけに味が濃いです。ちいちゃいけれど。
 あ、でも我が家の苺は株数が少ないので山盛り収穫出来ないのですけれど。


d0170682_01017100.jpg
 こちらは山盛り収穫出来る木いちご。まだ走りなので数粒しか熟れていませんが、既に青い木いちごが鈴なりで枝がしなってきています。
 木いちご、はっきり言って適宜間引かないともうどんどん増殖して来るので、今年の秋はきちんと間引きます。もう畑の畝に浸食してしまってピーマン負けそう。
 これからしばらく木いちごも摘み放題になるので楽しみ。今年は何にして保存しようかなー。
 
d0170682_0363647.jpg

 こちらは今日のお昼。芸術家さん宅での物ですがフキタンポポのドルマ。芸術家さん宅の普段料理の中で一二を争う私の好物です。
 フキタンポポ、村では「生みの母に育ての母」って呼びます。何ででなんだろう?この時期に新ものを沢山収穫し、塩煮にして保存します。我が家の庭にも今年フキタンポポ移植しました。秋に少し収穫出来ると良いのだけど。
 フキタンポポも村では勝手に越冬&地下茎で増殖してくれる有り難い野草の一つです。
 芸術家さん家族はモルドヴァ出身で、祖国ではワイン作りが盛んと言うこともあり本来は葡萄の葉で作ります。村では葡萄の葉が手に入らないのでその代用がこのフキタンポポやルバーブの葉。
 中身はご飯と挽肉、パプリカやピーマン等その時々で野菜は変わります。美味しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村



d0170682_0263624.jpg

 昨日知人に呼び出されて凄い酔っ払って帰って来た連れ合いの様子を見つつ遅くまで起きていたのでものすごく眠く、食事を作る気力がまったく沸かない日。
 幸いというかなんというか連れ合いも飲み過ぎであんまりガッツリ食事をする気になっていなかったのでパスタ。
 しかもソースも日本で買って来た納豆パスタの和えるだけなやつ。でもこれ液体と乾燥納豆の組み合わせで凄く美味しかった。ものすごくしっかり納豆の味するし。次回はこれもう少し買ってこよう〜。粘りもあった。

d0170682_0315968.jpg

 料理と呼べる様なことは何もしていないけれど、一応火を通して調理してみたこちら。コーン、ツナ、シロザ/アカザ(両方とも庭で採取)、ブリンザ(フェタチーズの様なチーズ)、卵など。
 これ簡単だったけれど美味しかった。たまにはこういう日もね有ります。
[PR]
by etigoya13 | 2011-07-11 23:01 | 今日の食事 | Comments(0)