冷やし中華風ところてんに絶品Хариус(ハリウス/カワヒメマス)のイクラ

d0170682_0225127.jpg

 本日の夕食前寒天は冷やし中華味噌味風。ところてんの上に茹でたコーン、しりしり器でおろした人参/大根/ズッキーニ/胡瓜。その上に胡麻、カシューナッツ、胡桃を擦って味噌と粉にしただし昆布と合わせて少しのお湯で溶いた物を載せています。
 今日はこれを夕食代わりにするわけではないので動物性の物は乗せていませんが、これだけでもかなりの満足度。これに動物性の物を乗せて食べたら立派な1食となります。 
 今朝は9度でどうなることかと思いましたが、日中30度を越え、久しぶりに「暑いね〜」と言いながら帰宅。こういう日は冷たいところてんが美味しいです。


d0170682_0335832.jpg

 一昨日連れ合いが知人と飲んだ時にお土産に頂いて来たものがあります。それがХариус(ハリウス/カワヒメマス)のイクラ。ハリウス自体とても美味しくて筋目にすると小鯛の酢漬けの様な味わいで淡いピンク色とお寿司にしても美味しい川魚です。
 そのハリウスを釣って自前で塩した物を頂いたわけです。

 はっきり言って鮭のイクラ(ロシアで売られている塩の強い市販品)よりず〜〜〜〜っと美味しいです。程よい塩味に魚卵の味が濃縮されご飯が何杯でもいけます。と言いたいところですがちゃんと一膳で止めました。
 連れ合いに至ってはイクラ自体を今日は止めておくと我慢していました。(まあ通風予備軍としては適正な判断です)
 今日我慢していたので、今度親のハリウスを解凍して酢〆にして親子寿司にしようと約束しました。楽しみ。
 一つ前の記事に書いたウハーに使ったシュカ。こちらのイクラも負けず劣らず美味しいです。どちらも釣った本人が塩しているわけですが、どうして個人が塩した物は程よくて日本人にも美味しいと思えるのに、市販品はあんなにしょっぱい物も多いのかしら?

 





にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村



d0170682_0441010.jpg

 今日のメインは冷凍在庫のコロッケ。これに先日初めて見かけて買ってみたオイルサーディンを使ったズッキーニとパプリカの炒め物を添えました。炒め物はブリンザ(フェタチーズに似たチーズ)を絡めてあります。
 在庫のコロッケは終わり。もう少し在庫処分したいところ。今度の連れ合いが出張時の一人ご飯で減らせるか?

d0170682_0504144.jpg

 今日はデザートも盛り合わせ。最近続けて仕込んだべリー類のピューレを冷凍しようと、冷凍庫を見てみたら…去年の苺のピューレが5リットル近く出て来ました(汗)
 せっせと消費しないといけないということで、介護食用寒天とメレンゲで作るババロア風なデザートに。
 牛乳に苺のピューレを入れ、好みの甘さになったら温めて寒天を加え室温で固め、固めている途中にメレンゲを泡立てて加え混ぜ、あとは型へ入れて冷やすだけ。
 贅沢なまでに苺の味がしました。これでアイスも美味しいかも。
 一緒に盛り合わせたのはネクタリン2種類、杏、苺、木いちご。しばらくべリーはがんがん食べないとどんどん溜ってしまいます。(写真には木いちご写っていませんが、後で乗せました)

 
[PR]
by etigoya13 | 2011-07-13 00:24 | 今日の食事 | Comments(4)
Commented by yetiherder at 2011-07-13 03:01
右のスープ、ギリシャの魚スープとよく似てます。魚と丸ごと茹でたタマネギ、ニンジンなどは具として、スープはお米を入れてスープとして食べます。渓流釣りが父の趣味だったので淡水魚(イワナ、ヤマメなど)はたまに食べたごちそうの味です。懐かしい。

市販の物がしょっぱいのはやはり保存がきくように、なんでしょうね。ここの市販のタラマ、タラコのペーストもかなりしょっぱいです。
Commented by kaako at 2011-07-13 19:19 x
ベリーのピューレといい、いくらといい、お羨ましいです!!!近郊にでも取りに行けば沢山あるんでしょうけどねぇ、腰が重いです。
シューカのイクラっておいしいんですね、スーパーで見つけて、気になってたんですよ。昔はちゃんとした粒だった「たらこ缶」が、最近はペーストになって苦味が出てまじゅいのなんのって。それから久しく魚卵は買ってないんですが、シューカ卵は瓶詰めできれいな卵だったのでいける気がしてます。今度買ってみますね。
しかしホント、なんでも塩辛すぎですよねぇ・・・
Commented by etigoya13 at 2011-07-13 20:41
yetiherderさん
ウハーはお店で食べる分には恐らく出汁の魚とは別の切り身で綺麗なものが入っていることが多いのではないかと思います。
村の近隣場合は出しの魚がそのまま具として出て来ることが多いかな。だからセルゲイの様に馬鈴薯と玉葱の澄んだスープなんていうのは少数派です。
イワナやヤマメ美味しいですよねー。ああ、塩焼き食べたい。
保存性も有るしウォッカの魚に昔は其れで良かったのかもしれません魚卵。
ハムやソフトサラミのたぐいは普通に美味しいと思える味つけのこともあるのに魚卵はもう血圧上がりそうです(苦笑)
Commented by etigoya13 at 2011-07-13 20:46
kaakoさん
べリーは村で唯一新鮮な摘みたてを味わうことの出来る果物なのでまあ寒いところならではですね。
あはは、こちらあ逆に都会で色々お店へ行くことが出来ると言うのに少し憧れますけれど。買物にしても食事にしても。何も無いから(笑)
モスクワも郊外にはあるでしょうね。豊かだからロシアの森は。働いていると休日はゆっくりしたいですものね。

シューカのイクラ、市販のものはちょっと試したことが無いので判りませんが、セルゲイが仕込む物は本当に美味しいですよ。上品なのです。
もしビン詰め美味しかったらぜひ銘柄等教えてもらいたいです。
本当にどうしてあんなにかピカピに成る程塩しちゃうんでしょうね…。