山形のダシ料理と苺消費のケーキ

d0170682_8463786.jpg

 村は朝晩は半袖では肌寒いぐらいですが、一応夏日が続いていて日中は36、8度ぐらいまで上がり、痛いぐらいの太陽が容赦なく照りつけています。
 こうなると芸術家さん宅から戻って直ぐに始める夕食準備は結構暑くておっくうなわけです(苦笑)
 そして丁度一昨日八百屋の前を通ったらおばちゃんが「茄子有るわよ〜茄子」と茄子を掲げて誘う物でついつい5本程購入。
 そうなると既に家の冷蔵庫に在庫している茄子を食べてしまわないといけ無い。と言うことでどうしようかな〜なんて思っていたら楽子の小さなことが楽しい毎日の楽子さんが「山形のだし~夏野菜消費レシピその1~」をアップされているでは有りませんか。
 そうよそうよ、ダシが有ったじゃない!と早速野菜をみじん切り。茄子は2本、胡瓜1本、人参1/2本、青長唐辛子1本を刻んで投入。あ、我が家は納豆昆布も入れます。紫蘇を入れようと思っていたのに、容赦ない陽射しの夕日に摘みにいくのを断念しました(汗)
 茗荷が有ったらもっと美味しいのだけどねー。
 
 そうやって仕込んだダシを本当は冷製パスタで食べる予定が…なんと細いパスタの買い置きが無かった。何時もパスタは見かけたら購入しておいて無いっていうのはあまり無かったのだけれど。仕方が無いので代役はマカロニ。
 マカロニでも美味しかったです、ただ冷製には出来なかったけど。
 ダシの下にマヨネーズも少々隠れています。実は案外合うんですダシとマヨネーズ。今日はバターアオリーブオイルの代わりにマカロニへ絡める為に添えました。
 冷製パスタの時は好みの出汁を取って冷ました物をかけてからダシを乗せて頂きます。その時は海苔とか散らしてね。
 
d0170682_901882.jpg

 昨日は芸術家さん宅でのおやつに苺消費のケーキを持って行きました。
 このケーキ、キーライムレモンパイのフィリングに苺のピューレを加えたもの。卵黄2個、練乳1缶にレモン2個、ここへ1リットル容量ぐらいのボウル一杯の苺をピューレにした物を加えて焼いています。久しぶりにイタリアンメレンゲを作って上に乗せ焼いてみました。
 甘い〜。でもこの甘酸っぱさは少量なら好きなので少しずつ頂いています。濃く入れた珈琲が美味しいケーキですね。
 次は別の容器で作ろうと思いました。
 さて、旬の苺もそろそろ最終段階。一応あとボウル1杯分有るけれどどうやって消費しようか思案中。苺の旬が終ると木イチゴが旬に入っていて、1日収穫しないと熟れて重くなって枝がしなっています。
 こちらも消費が収穫に追いつかず。引き続きべリーの消費メニューを考え中です。

 

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13 | 2011-07-21 23:31 | 野菜 | Comments(4)
Commented by rakurakurakuko at 2011-07-22 16:29
だしの下にマヨが隠れているとは!!
でも確かにマヨとの組み合わせはおいしいかも♪
うちも麺つゆ+マヨで野菜を合えたりすること多いです♪♪
そういえば名古屋発で、今は冷やし中華にもマヨ添えが多いしね。(*^_^*)
それにしてもそんなに沢山の苺のピュレが使われているとはリッチなケーキですね。
まだまだ続くベリーの日々、うらやましいです!!
記事をTBしていきますね~。
Commented by タヌ子 at 2011-07-22 16:41 x
だしはところてんと合わせるのかと思ったら、パスタでしたか。
だしとマヨが会うって知らなかった。
カッペリーニで試してみたいです。
甘酸っぱいケーキって美味しいですよね。
ところで、ロシアではロシアンティを飲むのが普通なのかどうかという疑問をずっと抱いていたんですが、どうなんでしょう?
Commented by etigoya13 at 2011-07-22 19:13
楽子さん
いや、本当は冷製パスタに出汁をかけてダシを乗せたかったのに、急遽変更になったのでちょっと目先を変えてみました。
名古屋の冷やし中華はマヨ添えなんですか。実はあまり冷やし中華得意でないから見ていなかったかも。甘酸っぱいのがあまり好きでないのですよ。時たま無性に食べたくはなるのだけど。
苺、本当に熟しに熟していたので、置いておけなかったぐらいなんです。で、ピューレにしても冷凍庫に余裕が無くて。一気に(笑)
今度はハーブを入れたジャムにしようかと思っています。
TB有り難うございます。
Commented by etigoya13 at 2011-07-22 19:19
タヌ子さん
ところてんとダシだけだと、かなりさっぱりかもしれません。でも合うと思いますところてんとも。
醤油マヨネーズがお好きなら好きな味だと思います。
細いパスタをきりりと水でしめ、お好みの出しを冷やしてからかけ、その上からこのダシをかけるとかなり至福ですよ。
甘酸っぱくてスポンジが無いのでこのケーキは基本的に好きです。量は食べることが出来ませんが(苦笑)
ロシアンティーの定義が難しいですね。日本でのイメージはジャムを紅茶へ入れるというものだと思いますが、これを実際にやっているロシア人は周りにはいません。
そのかわり小鉢にワレーニエというジャムよりかなり緩い砂糖煮が出されて、それをティースプーンですくってなめながらストレートのお茶を頂くのが一般的です。
このジャムをなめながら濃いめの紅茶を頂くのはかなり一般的で、お菓子がなくてもとりあえずこのワレーニエを出すというのは今でもごくごく日常的に繰り広げられる光景です。会社でもそうやっていましたよ。