あは、Clootie Dumpling (クルーティー・ダンプリン)かなり好き♪

d0170682_2152558.jpg

 そのブログで度々紹介されていてとても興味があったClootie Dumpling (クルーティー・ダンプリン)。ハギスはお好き?のmelosotonさんが「作ってみました♪ Clootie Dumpling (クルーティー・ダンプリン)」でその作り方を紹介して下さいました。
 丁度村は真夏日から一転、秋間近なのか?というほど爽やか。屋外が25度ぐらいで爽やかということは、室内は20度切るかどうかという涼しさです。昨日同様冷たい風も入って来るので体感はもっと涼しく感じます。これってもう今日Clootie Dumpling (クルーティー・ダンプリン)を作りなさいよっていうお告げ?
 モスクワ出張で連れ合いが不在なので時間はたっぷり有ります(夕食は1人なら簡単で良いので)。ということで本日挑戦してみました♪

d0170682_2174710.jpg

 こちらは断面の拡大写真ですが、melocotonさんの言うところにはこの皮の部分、(ちょっと中心部分と質感が変わっている層が判るでしょうか?)は家族で取り合いに成る程美味しいとのこと。
 味見しましたら、私も皮争奪戦へ参加すること必至でございます(笑)なんと表現すればいいかとしばし考え、中華マンの皮や黒糖蒸しパンの一番外側つやつやの部分が厚い感じでしょうか。
 オーブンから出したてより常温へ冷めて皮が引き締まった辺りが更に美味しさが増す様に思います。
 これ材料にベーキングパウダーを入れていますが、もし重曹だったら黒糖蒸しぱん洋風といった感じになるのではないかしら?なんてちょっ試そうかなんて思いましたよ。
 ふふふ、これ美味しいです。干しぶどうが苦手な連れ合いにはドライべリー等で作っても良いかもしれない。まあ今日だって手持ちの干しぶどうが足りなくてプルーン入れてるし(汗)

 まあとにかくこれは時間は確かにかかるけれど、放置プレイで良いので私としてはかなり簡単に感じるお菓子。泡を消さない様になんていうずぼらさんに向かない作業も有りません。
 もうリピート決定です。次はこんな物入れてみたらどう?とかスパイスの量はこれくらいなんて妄想中。でも入る物が変わったらClootie Dumpling (クルーティー・ダンプリン)とは言わないのかも(苦笑)
 こ〜く入れた珈琲とゆっくり頂きました。

 melocotonさんすっごい気にいりました〜。レシピ有り難うございます。早速明日のおやつにロシア人宅へ持って行きます!スコットランドのお菓子だよと強調して(笑)

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村



[材料]

d0170682_21355639.jpg強力粉225g
ベーキングパウダー小匙11/2
バター70g
黒砂糖50g
レーズン340g
シナモンパウダー小匙1
ナツメグ一つまみ
ジンジャー(粉)一つまみ
蜂蜜又は黒蜜大匙2
卵大1個
牛乳140ml
塩一つまみ





[作り方]
・ボウルへ強力粉とベーキングパウダーをふり入れ、小さく切った冷えたバターを加え、カード等で切る様に混ぜていく。粉とバターが混ざってさらさらになるまで。
 さらさらになったら、砂糖とスパイスを加えて更に全体が均一になる様に混ぜる。

d0170682_2292179.jpg・レーズン等を混ぜ、真ん中に窪みを作り底へ蜂蜜又は黒蜜→溶き卵→牛乳→塩の順番で加えていく。
 同時にこの時点で大鍋にお湯を沸かす。この時に底へ耐熱のお皿を入れておく。

d0170682_22125687.jpg・ゆっくり優しくかき混ぜる。(melocotonさん義父さんレシピのポイントとのこと)

d0170682_22142785.jpg・鍋のお湯へキッチンタオルを一度浸し、もう一枚のタオルに包む等して絞る。
 丁度生地を乗せるあたりに軽く小麦粉を振っておく。次回はちゃんと茶こしで薄くふります。
 生地を乗せ、膨らむ分少し余裕を持たせて丸く包み、上部をタコ糸等でしっかりと縛る。


・沸騰したお湯に生地を入れたキッチンタオルを沈め、ほとほととギリギリ沸騰している状態を保って3時間茹でる。結んだタオルが多少湯面へ出ても構わないので、丁度生地が被るぐらいのお湯で茹でる(今回多すぎて、途中から浮いてしまい湯の量を減らしました)
 最後の方にオーブンを140度に余熱。

d0170682_22235344.jpg・時間が来たら、湯から引き上げタオルを外し、耐熱皿等の上に乗せる。
 余熱の上がったオーブンへ入れ乾かして出来上がり。140度8分
d0170682_22271548.jpg

 乾燥させた生地の表面は艶と弾力が増していました。

 それにしても、これを作っている間気分はクリスマス〜な感じでした。ロシアもスパイスを使ったお菓子が多いので、これはロシア人も絶対好きだと思う。
 今回モッチリ感が少し少なかったのは、混ぜ方が足りなかったのかもしれないと、次回への反省点も有りました(汗)
 皮に白い斑点はやっぱり粉ふり過ぎ?
 そして、お砂糖をもとのレシピから減らして試作していただいたのだけど、私用はこれだけのドライフルーツが入ると更に減らして、ロシア人宅へのお土産にはこのレシピで作ると良いかなと次回砂糖を減らして自分用を作ってみる予定。
 茹で時間は確かに掛かりますが、今日同時に仕込んでいるロシア料理本へ掲載のホップを使った飲料なんて5時間煮出して、別の作業も1時間半とか更に長いものだったので、それに比べたらはるかに短い時間で完成です。
 しかも当日食べることが出来るし。飲料の方はあと3日常温発酵させた上に数ヶ月寝かさないと飲めないけれど。

 
d0170682_22463317.jpg あ、このお菓子実はロシアの洗濯洗剤の宣伝で作っているところが出ていて、ものすごくタオルが汚れる設定だったのですが…あんまり汚れていませんでした。というかほとんど何も付かずいや違った、ほとんど生地の方へしっかりくっ付いていてタオルには残っていませんでした。
[PR]
by etigoya13 | 2011-07-24 21:00 | お菓子 | Comments(15)
Commented by melocoton1 at 2011-07-25 04:37
ご紹介ありがとうございます。
TB送っておきますね。

これ、やっぱりクリスマスですよねー。
スコットランドをアピールしてくださいまし。
一応おいしいものはあるのよって(笑)。

皮、おいしいでしょ~~~!!!!
Commented by yetiherder at 2011-07-25 06:16
越後屋さん、すごい行動派!はやっ!

和食、お菓子、保存食、なんでもパッと作られてるの、ホント見習わなくちゃ。どんな材料も揃っている、越後屋キッチンを一度拝みたいです 笑
Commented by uhihihihi at 2011-07-25 07:04
おはようございます!
レシピも拝見させていただきました。
スコットランドのお菓子なんですね。
これは蒸しパンのような感じなのかしら・・・
スパイスやレーズンなども入って美味しそう
こういうの好きです~♪
Commented by タヌ子 at 2011-07-25 07:42 x
越後屋さんフットワーク軽いですね!
私も食べてみたいなぁと思いつつ、3時間も茹でるのか~とすっかり意気消沈。
私も昨日はスパイスの入ったお菓子を作りました。
でも、スパイスが入っていると後を引くので、ついつい食べ過ぎてしまいますね。
私はここにドバーっとアルコールを入れて作りたい感じです(笑)
Commented by ninuckey2 at 2011-07-25 14:15
越後屋さん、お仕事早ーーーい!素晴らしいですゎ!
ウチもオットが大阪に出張中なので、作ってみようかしらん(笑)
Commented by poronliha at 2011-07-25 22:09
さすがですね!行動が早いです。
私も気になるし、作りたいけど、3時間茹でる時間がないというか・・今はいそがしいから仕方ないのですけど。
でもこうやっておいしいって報告が入るといつか絶対作ってみようと思いますよ。おいしい皮ってこの部分なんだーってちゃんと写真が言ってくれてます(笑)

畑、大きいですね!
少しずつ多品種って、いってもかなりありますよ。
私も畑作るときには参考にさせてもらおうと思います。
多分、越後屋さんの半分以下のサイズになりそうですけど。手入れができそうもないから(苦笑)
ところで、コリアンダーを遅めに植えるのはなんでですか?秋近くに大量に使うとか?確かに早めに植えたうちのコリアンダーは終わり近くなっちゃってますけどね。
Commented by etigoya13 at 2011-07-25 23:13
melocotonさん
いや、やっぱりこれは待ちこがれたかいが有りました。
生地を混ぜているとき、茹でている時の湯気、オーブンから漂う香り、どれをとってもクリスマスを思い起こさせますよね。
想像通り、芸術家さん宅でごく普通に皆さん平らげていました、結構大きく切ったのに。
これ、やっぱりクリスマスですよねー。

皮ですね皮(笑)なんだかお菓子の話じゃないみたいですけど。
次は中身ちょっと違っちゃうけれど、再度作って翌日は少し焼いたりカスタードをかけたりして頂いてみたいです。
Commented by etigoya13 at 2011-07-25 23:18
yetiherderさん
いや、こちら秋めいてめっきり涼しいので作りやすいんですよ(苦笑)
それにやっぱりこちらの人の家にお菓子を持って行く時って、日本のふんわりしっとりとか駄目なんですよね軽すぎて。
こういうしっかりしたお菓子が受けるので丁度良く。
それと私ひたすら時間だけ掛かる料理とか好きなんです。放置出来るでしょう(爆)
パパっと作ってるかな?波があってやらない時は全然やらないのですけどね。

黒砂糖はこのために買って来ましたが、後の物は復活祭の時の菓子パンに使った残りですよ。我が家連れ合いがドライフルーツ好まないのであんまりないのだけどたまたま。
ふふふ、村で駐在するとあるときに見つけた時にまとめ買いの癖がつくからお見せできませんよもう雑然すぎて(汗)
Commented by etigoya13 at 2011-07-25 23:20
uhihihihiさん
蒸しぱんとはやっぱり違うのですが、皮がこう蒸しぱんを思い起こさせます。あと味が黒糖蒸しぱんとかの洋風なイメージですね。
スパイスたっぷりのお菓子が好きなので凄く美味しかったです。
スコットランドの料理やお菓子ってあまり知らないので、こうやって教えてもらえると凄く楽しいです。
Commented by etigoya13 at 2011-07-25 23:21
uhihihihiさん
蒸しぱんとはやっぱり違うのですが、皮がこう蒸しぱんを思い起こさせます。あと味が黒糖蒸しぱんとかの洋風なイメージですね。
スパイスたっぷりのお菓子が好きなので凄く美味しかったです。
スコットランドの料理やお菓子ってあまり知らないので、こうやって教えてもらえると凄く楽しいです。
Commented by etigoya13 at 2011-07-25 23:29
タヌ子さん
↑でもかいたのですが、こちら秋?と言うぐらい気温低くてまあ取っ付きやすい上に私が時間がかかる料理好き=暇なのです(笑)
それに昨日は合計6時間以上仕込みに掛かる物も同時進行なので、比べる物が長いから短く感じましたよ(苦笑)
これお薦めですけどねー美味しいものとにかく。3時間他のことしていたらあっという間ですよ。
スパイス入りのお菓子、ロシアも多いです。美味しくて危険ですよね。
あ、確かに私もコニャック合いそうなんて思いました。
Commented by etigoya13 at 2011-07-25 23:32
ninuckeyさん
夏が何処かへ遊びに行っている(と信じたい)間に丁度作ろうかと。
これ直にもう一回作りたいと思うお菓子でした。
是非是非皮争奪戦に名乗りを上げて下さいませ。
Commented by etigoya13 at 2011-07-25 23:41
poronlihaさん
いやいや、あの40度まで上がった日々は何処へ?と言うぐらい肌寒い日が続いているもので、こういう濃厚でスパイシーなお菓子を体が欲していたみたいで。
ちょっと冷めた(おちついた)時の皮がたまりませんでした。次回は好みのドライフルーツやスパイスをもう少し多めに入れてみようと思っています。
畑大きいですか?周りのお宅より小さいので小さいかな?って思っているのですが。
種一年で撒ききらないから、翌年、翌々年と少しずつ増えちゃうんですよね。大根だけで3種類とか。
収穫すると別のを植えたりとかして、もう何が植わっているかさっぱりなんて感じになります(苦笑)
我が家はきちんと計画管理出来ないので、かなり放置しているんですよ。胡瓜は地を這っているし、トマトも地を這っている物も有ったり。牛蒡と蕪の畝は比較的整然としているけれど。
手入れ?しないですよ全然。雑草は共生してもらっているし、肥料もやらないですからシーズン中は。水撒きだけ。
コリアンダー、使いたい料理の材料が出そろう頃に種になっちゃうのです。葉が欲しいことが多いのだけど。種村ではほとんど出回らないんですよ。苦手な人が多いみたいで。
Commented by ポメマル at 2011-08-04 01:16 x
時々お邪魔してるのですがコメントは初めてかも知れません。
ポメマルと申します。越後屋さんのお名前はあちこちで拝見しております。
meloちゃんのクルーティ・ダンプリンきれいに作られてますね。
日本も最近は涼しいので私も3時間茹でてみました。皮が剥がれたり、ひっくり返すときに形が崩れたりでした。お味はとってもグーです。
クリスマスプディングは毎年のように作ってますがこれもクリスマスによさそうですね。
ずいぶん前になりますが越後屋さんのクルクル巻いたパイを作らせていただきました。(ウクライナ風だったかしら???)美味しかったです。
クルーティダンプリンにTBおくらせていただきます。
Commented by etigoya13 at 2011-08-04 02:12
ポメマルさん
わーこちらこそ、お立ち寄り頂きまして有り難う御座います。私もそこかしこでお名前は意見しています♪
私も2回目を作りたいのですが、ちょっとイベントが入って作れずにいます。
布に粉を振り過ぎて白い皮が出来てしまっているのです実は(苦笑)
でもこれ美味しいですよね。私はクリスマスプディングを作った事が無いのですが、こちらの方が軽いと言う事だし、今年はこれを作ってみようと思っています。
クルクルのパイはモルドヴァの物かな。あれも色々と楽しめて良いですよね。
こちらもTB頂きに伺います。