ビスケットっぽくなって来た

d0170682_2224868.jpg


d0170682_2271361.jpg 間食大好きな連れ合い用。
 油分無しのビスケット。やや固めの食感なので食べ過ぎ防止になるはず。
 まあ仕事大変で疲れているとついつい甘い物へ手が伸びるのは仕方が無いとしても、家へ戻ってもスナック菓子へ手が伸びるので、なるべく腹持ちの良いものを。
 
 今日のビスケットもパンを習っていた先生の本「バター、オイルなしでもこんなにおいしい ふとらないお菓子part2 
茨木くみ子」(文化出版局)から。
 南瓜の澱粉でサクサクの食感になるという南瓜のクッキーを参考に作っています。
 といっても、南瓜はまだ丸ごと1個があるものの、切ってしまうとある程度コンスタントに使わないといけない、でもレシピで使う量は少量ということで馬鈴薯に変えています。
 他にもちょこちょこ材料が変わっていますが、作り方は忠実に。

 この本のシフォンケーキ等は本当に最初から上手く&美味しく出来たのだけど、このクッキーはどうも相性が今ひとつでした。
 それが先日のレモンパイのパイ生地を作っていて何となく感覚がつかめた感じ。これは忘れては行け無いと今日焼いてみたわけです。

[材料]覚え書き 分量が有る物は元レシピと違う材料
強力粉       (元レシピは薄力粉)きな粉の分−
馬鈴薯       1個(52gだった)
生きな粉      20g
卵黄
芥子の実      大匙2
砂糖        50g
塩         一つまみ
ベーキングパウダー
牛乳

 作り方はバターと砂糖をすり混ぜ足りする部分が省かれるし、冷蔵庫で生地を冷やす必要もありません。台所でお湯のでない我が家では油脂分が少ないのはやっぱり有り難い。
 今回はカードで徹底的に切り混ぜて水分が均等に粉に回るようにし、「滑らかになるまで軽く捏ねる」というところを押しては折るという方法で。
 馬鈴薯は茹でずに蒸しています。
 きな粉を入れてみたのは、粉として使えそうなら和風の味つけにする時に良いかと思って試しに。今回の分量程度では味があまりしなかった。
 次の課題は均等に厚さを延ばすことと焼き上がりの見極めかな。
 厚いところは焼き上がりはやや柔らかい感じで冷めるとサクサクでしたが、薄くのびたところや切れ端はやはりかなりしっかりやけてしまって固かったので。
 あ、あと余分な打ち粉はちゃんと払う。苦笑 
  
 

日々の生活ブログ「丁寧な生活をゆっくりと2
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味」←FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。


にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村

[PR]
by etigoya13 | 2011-10-18 23:18 | お菓子 | Comments(6)
Commented by kaako at 2011-10-19 20:39 x
こんにちわー。お菓子続いてうれしいです、食いつきまくりです(笑)最近思うに、クッキーはでんぷんが重要ですよね?きっと。
そうそう!以前の芸術家ご本人さんかマミー?のクッキーですが、コーンスターチはダメと仰った意味、すごく良くわかりました。大味の私がわかるくらい味が本当に変わるんですね、勉強になりました。
Commented by umi_0768 at 2011-10-19 21:41
わ〜〜〜〜(^ー^)b
まいりましたm(__)m
こういうの、特に好きです。
いろいろやってみて、大成功が多いですね〜♪
葉唐辛子もヨダレもんです。
by海町
Commented by etigoya13 at 2011-10-19 22:11
kaakoさん
あはは、お菓子しばらく続くと思います。パンを作りたくとも食べる暇と冷凍庫の空きがないもので、粉もの作りたいとなるとお菓子になっちゃうので。
村だと強力粉しかないので、やっぱり澱粉需要ですねー。
ママのあのクッキーもそろそろリピートしようと思っているところです。
Commented by etigoya13 at 2011-10-19 22:28
海町さん
シンプルなものお好きですか。
失敗するかもしれないと思って味つけはシンプルにしました。笑
大成功とまではいかない物も有りますが、このところお菓子は特に作業を丁寧にを再度心がけて精進中です。
 
葉唐辛子はうまくいきました♪
Commented by yetiherder at 2011-10-26 03:08
見た目も綺麗です。生きな粉、っていうのはどういうものですか?クッキーはこんな素朴な感じのが好みです。

オイルなしでココまで作れちゃうなんて目からうろこです。
Commented by etigoya13 at 2011-10-26 09:01
yetiherderさん
生きな粉って表現が合っているか微妙なのですが、通常煎った大豆を粉にしたものがきな粉ですが、これは火加熱の大豆を粉にしたもので、そのままだとあのきな粉の香ばしい風味は全く無くて、大豆の味がする粉なんです。
炒るときな粉の香になるんです。
オイルなしクッキーはちょっとずつ作るのも慣れて来ました。この後に作ったものが連れ合いに好評です。