キャベツと挽き肉ピローグ

d0170682_2153613.jpg


d0170682_21541435.jpg このところ集中的に宣伝をしているmaggi На Второе(ナ フタロエ/メイン)シリーズからキャベツと挽肉を使ったピローグを作ってみました。
 結論から言えば、やっぱり材料だけ見て自分で配合して作れば良かった。苦笑 
 予想はしていたのだけど、とにかくこう後味というか舌に残る違和感はいかんともしがたく。次にこのシーズニングを買う事は無いというほど。今までもアイデアが面白いものは1度買ってみて、その後は入っているものを参考に自分で作っていましたが、そのどれより後味がまとわりつきます舌に。

 とはいえ、こちらの商品アイデアはとても面白い(私にとっては)し、後味の悪さは自分で最初から味つけをしていけばいいことなので、きっとこのシーズニングを使わずにリピートする確率は高い料理です。

 作り方はパッケージの裏に書いてあるので、入っているものさえ覚えれば買わなくても元々作れるのですけどね。

 配合は次回自分で作って納得したら載せますが、粉とカッテージチーズをほぼ1:1で作る生地がなかなか良い食感で、自分で味つけしたら美味しいだろうと言うパイです。
 具はキャベツと挽肉を炒めて味つけするだけなので、特にこのシーズニングを使わなくても好みの味に仕上げれば良いと思います。
 
 それにしても、日本でマギーのブイヨン等使っていたけれどロシアで売っているもの程の後味って感じなかったのだけど、こちらのってなんでこんなに強烈なのかしら??
 焼き上がりの写真にまったくやる気が無いのはシーズニングのパッケージを開けたとたんに既に後味にまとわりつく臭いを嗅ぎ取っていたからです。焼いても当然この臭い残っていた。涙


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]