ВАЛЯレシピ家庭風Лагманラグマン

d0170682_3351651.jpg


d0170682_3371565.jpg 今日はあっさり氷点下30度を下回って寒かったんです。
 熱々の料理が食べたい!
 ということでВАЛЯレシピ家庭風Лагман(ラグマン/手打ち麺)を作りました。
 麺に対してスープが少なすぎて麺を投入したら汁が無くなってしまいました。汗

 ラグマンと言えば中央アジアのトマト味&ピリ辛な汁麺や汁無し麺がなんと言ってもロシアでは有名ですが、今日のラグマンは一般家庭で作られている家庭風。
 だから合わせるスープもその時々の好きなスープで頂く事が多いです。
 芸術家さん宅では骨付き鶏肉でブイヨンを取った鶏ブイヨンへ野菜を加え、更に卵だけで練った麺を入れる親子麺?とも言えるもの。
 これが美味しいんですよ。卵の風味豊かな手打ち麺。優しい味に仕上がります。
 麺は卵をぐっと多くしてかなり柔らかめの生地で作っても良いのですが、今日はスープものではなく、主食として頂くので少し固めの食感に仕上げてあります。

 本日のスープ。
 豚肉/月桂樹/玉葱を一緒にじっくり煮出したブイヨンへ人参/馬鈴薯/キャベツ/青唐辛子/大蒜を加え塩で味を整えたスープに麺を入れています。

 ワーリャ風の家庭ラグマンはほうとう等直接汁に麺を入れて頂くものと同じで下茹ではしません。
 味の決まったスープへ麺を入れて麺に火が通ったら完成。
 青唐辛子がぴりっといい味を出していて美味しかった〜。

 ただいま芸術家さん夫婦が旅行中で、帰りに羊を我が家分も買って来てくれるとか、其れが手に入ったら中央アジア風ピリ辛ラグマンも作ってみよう〜。

タベラッテ




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13 | 2011-11-18 22:31 | 麺類/粉もの | Comments(2)
Commented by タヌ子 at 2011-11-19 14:41 x
昨日カモ鍋の最後にうどんを入れたのですが、汁が少なすぎてこれと同じ状態になりましたが、うどんがしっかり汁を吸ってすごく美味しくなりました。
帰りに羊を買ってきてくれるって、なんだか長閑でいいなぁ。
お野菜も一杯食べられるし、お腹も膨れて体もポカポカ。
ピリ辛ラグマンはもっと体の芯から温めてくれそうですね。
Commented by etigoya13 at 2011-11-21 03:09
タヌ子さん
おお、鴨鍋美味しそうですねー。
あはは、そちらも汁吸っちゃいましたかうどんが。でもそれはそれで美味しいですよね。

羊を買って来る、実は弟さんが半頭は買う事が決まっていてもう半分を買う人を捜していたんです。
で我が家は羊が欲しいということで半身買う事になっています。
芸術家さん宅はまた牛を2頭分ぐらい買うのではないかしら?
ラグマンは野菜も肉もバランス良く食べることが出来るなかなか便利な食事ですよね。