Сало(サーラ/豚脂身塩漬)を作ったよ〜

d0170682_2282990.jpg

 ロシアといえばウォッカですよね。まあ今都会の若い方達は飲まない人も増えているとは聞きますが、村は弱い人はいても基本的に昔ながらの強いお酒を好む人はまだまだ多くいます。

 そんなウォッカの友と言えばあまたあるわけですが、このСало(サーラ/豚脂身塩漬)の薄切りもまた最高の友であります。
 このサーラは元々ウクライナのものが最も有名で美味しいと言われていますが、これ又ボルシチと同じぐらい各家庭の味と言うのが有り、その家々で独自の配合で作られています。
 以前頂いたウクライナ産サーラ、確かにメチャクチャ美味しかった!
 が、しかし。村はウクライナからは遥か離れた東にある為おいそれと手に入れる事は出来ません。
でも安心。何せロシア人はウォッカの友を生産する事に掛けては皆真剣。かつ上手。
 おかげで村では村らしいサーラが出回ります。
 この写真は芸術家さん宅の自家製サーラ。皮付き豚脂身、塩と大蒜のみのシンプルな味つけがまた後引くんですよ。
 大蒜以外にイタリアンパセリを漬け込む人もいて、こちらもまた美味です。
 お見えではイタリアンパセリ&大蒜、パプリカ&コリアンダー&胡椒などそれぞれが独特のサーラを展開していたりもします。
 もちろんサーラー用シーズニングだって売っています。其れぐらい村ではまだまだサーラを仕込む人も多ければ愛好している人も多いです。
 
 写真は白パンに乗せていますが、一緒に頂くなら断然黒パンがお薦め。最も危険よねーと思う組み合わせは黒パン+集めのバター+薄切りサーラ最低3枚以上+薄切り大蒜と言うもの。
 ちなみにパンは村で売っているものすごく小さい山形食パン型を縦横半分に切った上に1㎝ぐらいの厚さのなので3枚もサーラを乗せるとサーラがはみ出そうになるぐらいの量なのです。
 これはね、もうただの脂身とは別物で熟成された味で危険なんですよ〜。大抵おやつにお酒無しで頂くから、食べすぎる事は無いけれどもしお酒なんか有った日には…両方進み過ぎて体に悪そうです。
 もう本当にウォッカもビールもがんがん進みますよ♪

 熟成した状態で薄切りにして食べる以外に、シベリア風馬鈴薯炒め何て言う時にもこのサーラと玉葱を炒めたものを混ぜたりします。豚のうまみに塩漬して熟成したうまみも加わり最高です。
 スープに少量入れるのもコクとうまみ出しに最適。焼き飯だって美味しく出来ます。
 そんなサーラの作り方はタベラッテで。
タベラッテ美味!Сало(サーラ/豚脂身塩漬)

 このサーラは一度も熟成させるまで一度も加熱はしないので、信頼の置ける肉屋で脂身肉は購入手下さいね。薄く肉がついていてもそのまま漬け込んで頂きます。 

日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13 | 2011-12-17 23:06 | 保存食 | Comments(10)
Commented by タヌ子 at 2011-12-18 16:25 x
クロアチアでは皮付きの脂だらけの肉が売ってたけど、こうして食べるものだったかもしれませんね。
オーストリアでもパンに塗って食べる豚の脂がおつまみとして出てきましたが、私はちょっと苦手でした。
きっと塩味が薄かったからかな。
美味しそうだけど、来年の冬ぐらいまでは御法度な高カロリー食品かも(涙)
Commented by melocoton1 at 2011-12-18 19:12
北イタリアのトリノの名物ラルドも同じ豚脂身塩漬けですが、これもお店によってぜんぜん味が違うので、そちらのサーラも本当に千差万別なんでしょうね!

イベリコ尽くしランチで出てきたイベリコ豚のラード(パンに塗るタイプ)もおいしかったけど、たくさんは食べられないです。

これ、炭水化物と一緒に食べなければ太らないでしょう(笑)。

私はイギリス風の豚の皮をカリカリに焼いたもの(crackling)が大好きです!
Commented by シトワイニャン at 2011-12-18 21:20 x
サーラ用シーズニングって気になりますねー.
どんなハーブを使っているのでしょうか?
鮮度や入手ルートがネックになるので生食用は無理だけど,次のはニンニクやハーブを入れて,ちょっとスモークしてみようかな.

塩漬豚バラ肉(加熱専用)は調味料としても欠かすことができないのでいつも冷蔵庫に熟成中のがスタンバっています.

家人に一番好評なのはパスタ.
カルボナーラやチーズたっぷりのトマトソースにすると皿まできれいになめてくれます(涙)
Commented by etigoya13 at 2011-12-19 22:21
タヌ子さん
クロアチアもウクライナ等と食文化が少し似ているところがありそうですし、塩漬もあったかもしれませんね。
大体ロシアでサーラというもので塩味が薄いものは無いかなー。基本的に保存食なので。その辺りはがっつり濃いめです。
ウクライナやグルジア料理のレストランだとこの固まりで作ったサーラをミンサーでミンチにして大蒜等と更に混ぜてペーストにした物が前菜に出て来ますね。
こちらのはしっかりした味で美味しいんですよ。
まあ超ハイカロリーですが。
Commented by etigoya13 at 2011-12-19 23:19
melocotonさん
おお、トリノの名物に豚脂身塩漬あるんですね。

このサーラって黒パンに乗っているとついつい食べちゃうんですよ。特にお酒があると危険。
あ、でもこれでお腹がふくれる程は食べられないですが。
これだけで出て来る事が実はほとんど無いんですよねー。
大抵パンか馬鈴薯と一緒だし。そこが問題なんです。笑
おお、そのイギリス風豚の皮かりかり焼き食べてみたいかも。
Commented by etigoya13 at 2011-12-19 23:23
シトワイニャンさん
サーラ用のシーズニング、今度中身見ておきますね。

村もはっきり言って生食していいのか?って思わなくも無いですが、長期間大量の塩でつけておくのでまいっかと食べています。
日本ではなかなか出来ないけれど。
燻製したサーラもあって、それは例のモルドヴァ共和国肉団子に入れると最高に美味しいですよー。
こういううまみのあるものを入れたパスタソース美味しいよね。
Commented by noreizoko at 2011-12-25 21:58
こんにちは。ちょっとご無沙汰ウチにまたまた、これはどれも美味しそうな記事がズラっと!このサーラ、私憧れなんですよね。寒い場所で、脂とウォッカっちゅうのは酒飲みの憧れ、ましてや手作りとは!現地で是非食べたいものですです。
Commented by etigoya13 at 2011-12-25 22:55
noreizokoさん
ふふふ、サーラは寒い地域で食べるとまた格別に美味しいかと思います。
あはは、現地で食べたいと言う事であれば、何時でいらして頂ければ。笑
飽きる程のサーラとご希望ならバーニャも組み合わせますよ〜♪
Commented by tigerbutter at 2012-02-20 21:52
トラックバックさせていただきました。

あこがれのサーラらしきものが出来ましたが、
生食躊躇中・・・(涙)

どうやったらちょうどいい食材がゲット出来るのか、
無い知恵絞って思案中です。

あ〜食べたい。

Commented by etigoya13 at 2012-02-21 02:29
とらばたーさん
サーラ。茹でて作る作り方も有る事は有るんですよ。
日本ではその方が良いかもしれませんね。
っていっても、村だってそんなに状態がいい豚かはっきり言って良く知らないんですけどね。おい
まだ茹でて作るサーラ作った事無いんです。茹でる=大量に出る脂の処理が面倒で。苦笑
ちょっと手持ちの本のレシピ見て起きます。