Жюльен(ジュリエン/茸のクリーム焼き)

d0170682_18199.jpg

 本日2本だて。
 ロシアの温かい前菜としては定番の「Жюльен(ジュリエン/茸のクリーム焼き)」。レストラン等では1人分ずつ小さいソースパンの様な器で提供される事も多いです。
 でも其れだと家庭で作るときは人数分の同じ小さい器がなければいけないので、村では大きく焼いてテーブルの上にど〜んと乗せる家庭風ジュリエンを出して頂く事がほとんど。
 今日はそんな家庭風ジュリエンの作り方です。
 炒めた茸に粉を振りかけて更に炒め、サワークリームと牛乳を加えてホワイトソースの様にするので簡単ですよ。
 今日使った茸は白きのこ(ポルチーニ茸)ですが、お好きな茸を混ぜて作ってもとても美味しいです。
 熱々をパンにつけて、ウォッカやコニャック、ワインとともに召し上がれ〜。

タベラッテジュリエン(茸のクリーム焼き)



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13 | 2012-01-03 23:56 | 野菜 | Comments(4)
Commented by noreizoko at 2012-01-04 02:10
とーーーっても美味しそうですね^ー0^。白きのこ、生ですか?
Commented by etigoya13 at 2012-01-04 14:01
noreizokoさん
これ見た目手がかかっていそうで簡単なのです。
そして美味しいですよ。きっと魚焼きグリルでも出来ると思います。元々茸は炒めてあるので、ホワイトソースがふつふついえば良いのだし。
白きのこは摘んだ物を茹でて冷凍しておいた物です。こちらは冷凍食品として結構定番の茸なんですよ。
でもシメジとかあの辺りも美味しいんですよねこういう料理。
Commented by タヌ子 at 2012-01-05 00:34 x
ポルチーニがこんなに大量に使えるなんて贅沢ですね!
私も今年の秋は頑張って沢山採ろう。
サワークリーム使用だとちょっとさっぱりした感じの仕上がりになるのかしら?
サワークリームが買えないフランスではフロマージュ・ブランで作ってみるしかないかな。
Commented by etigoya13 at 2012-01-05 08:03
タヌ子さん
ポルチーニ茸、冷凍茸としては市販品もかなり定番の品なのです。モスクワとかだと村と違ってもっと大袋も有るんですよ。
今回使ったのは自分で摘んだ物で、特に綺麗なものを冷凍しておいたので白くて美味しかった。
このクリームソースは生クリームのコク(サワークリームの素は生クリームなのでやっぱりコクの部分は生クリームと同じです)と酸味のバランスが絶妙で、チーズを掛けるよりそのままが私は好きです。
サワークリームの代用フロマージュ・ブランか生クリームとヨーグルトとほんの少しのレモン果汁とかが良いかもしれませんね。