実食 鱈肝燻製缶

d0170682_23425146.jpg

 某所でフォアグラからあん肝になり鱈肝燻製まで話が流れて行き、鱈肝に醤油を一さしがなかなか美味しいと読んだのがつい最近。
 其れよりちょっと前、米原万里著のエッセイの中で鱈肝燻製缶詰を出したらお客様にこのフォアグラ美味しいと言われ、安いのに使える缶詰という感じの文章を読んでいました。
 
 そして昨日スーパーの缶詰コーナーを物色して見つけたのですよ。鱈肝燻製缶詰♪

 むふふさっとく鱈肝燻製缶詰を実食。本日はぽっちり煎り酒をたらし上に柚子胡椒で。
 そして秘蔵の濁り酒(ちょっと古酒になりかけていましたが)も飲んじゃいましたよ〜。これは便利な物を見つけた。
 もっと早く見つけて誰かへ聞いてみれば良かったわ。

 味は小さい事もあって肝らしい濃厚さがやや薄いとはいえそこは肝。さすがに1人で何本も食べる程軽いお味ではなかった。
 でも燻製度合いがかなり軽いみたいでそういう意味ではここから色々手をかけてもまた使えそうです。
 肝系は肉も魚もダメな連れ合いにも一応2片ほど口へ放り込みましたが、まあ見ちゃっているので喜んでは食べないものの、「肝っぽさも濃さも思っているよりずっと無かった」と言っているぐらいですからね。
 濃厚な肝が好きな方にはちょっと物足りないかもしれません。
 でもこれでペースト作ったら案外美味しい様な気配。たっぷり有るし色々試してみようと思います。
 
 まずは紅葉卸しにポン酢でも頂きたいわ。

d0170682_23464962.jpg

 エッセイに登場した物は最近見かけなくなったと著者が書いているぐらいなので、この缶詰とはまた違うメーカーの可能性の方が高いですが、こちらもなかなか美味しいし何よりお買い得なお値段です。
 なにせ61руб(約172円)ですからね。さすがにこれをペーストにしたとしてもフォアグラにはほど遠い濃さですが、それなりにちゃんと楽しめます。
 ロシアのスーパーの棚で見かけた際は是非お手元に。笑

 銭失いにならずに良かった。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by melocoton1 at 2012-04-01 04:49
あん肝の缶詰、フランス製のオイル漬けは食べたことありますが、ちょっとロシアショップ行ってこなきゃ!!!

あん肝+煎り酒っておいしいですよね!
Commented by etigoya13 at 2012-04-01 16:33
melocotonさん
あ、えーとこの缶詰は鱈肝です。
ロシアアンコウ食べるのかまだ見かけた事無いです。
アン肝煎り酒はさぞや美味しいだろうと思います。食べたい。
Commented by melocoton1 at 2012-04-01 21:40
あ~、ごめんなさい。 
なんか頭の中であん肝に変換してた^^;。

こちらも鱈ってよく食べるから鱈の肝あるはずだけど、見かけないです!
Commented by etigoya13 at 2012-04-03 11:02
melocotonさん
そうなんです、鱈。
でも頭の中であん肝に変換されちゃう気持は判らないでも無いです。食べたいあん肝。笑

鱈の肝の方がもう少しさっぱりしている感じ。
Commented by サスピ at 2012-04-03 22:24 x
そういえば鱈肝(というかバカラオ肝)缶、カルフールで売っているのを見て、買って来て食べたことがあります。
ところがなんだかあまり印象に残っていない(汗)
どうやって食べたのかも覚えていない(大汗)
一人暮らしでろくに料理もせずに生きていた、遠い昔の話です、、、^^
煎り酒、いいですね〜作ってみようかしら?
Commented by etigoya13 at 2012-04-04 00:31
サスピさん
印象に無い…それは、やっぱり今みたいに和洋色々料理されるからこそ使ってみるとまた違うかも。
と言いながら、ここでも他に肝系は何が入っているか今一つ不明な動物の肝系は其れこそ色々な種類が有るのだけど、それを買ってみる勇気はなく。という消極的選択肢の結果でもあるのですけどね。
煎り酒、私は白ワインか自家製どぶろくを作ったら其れで作ろうと思っています。作るのは簡単なんですよねー。海外だと材料を手に入れるのが一番の難しいところだと思います。