摘んだキノコと秋刀魚で一足先の秋ご飯

d0170682_2002910.jpg


d0170682_2011590.jpg 一足先に季節が秋まっただ中な村。
 茸摘みへ行って来た後、芸術家さん宅で頂いたРогатики(ロガーティキ/ホウキタケ科のキノコ)の味が舞茸に似ていたので、頭にひらめいたのが炊き込みご飯。
 本当は秋刀魚の缶詰で骨まで摂取予定だったのだけど、なんと在庫を切らしていた。
 仕方ないので冷凍庫でかなり長いこと眠っていた秋刀魚にお出まし頂きました。
 あれ以来秋刀魚入荷しなくなっちゃったななんて思いながら。
 もの凄い破格の安値だったのに。脂の乗りっぷりも良かったのに…。

 秋刀魚缶で作った方が遥かに簡単だけど、冷凍秋刀魚も久しぶりに尾頭付きで見て秋だ!と思った夜でした。



〜材料〜
米      3合
水      520ml
白ワイン   20ml(酒の代用)
塩      小匙1/2強
醤油     色付け程度
ロガーティキ 1株

〜作り方〜
キノコは網で焼いて軽く焦げ目が付いたら裂いておく。
オーブンペーパーを敷いたフライパンで秋刀魚を両面色よく焼いておく。
後が面倒なら最初に頭と尾、骨を取り除いて大きな固まりにしておいても。
米は洗って鍋にいれ、水/白ワイン/塩/醤油を入れ一混ぜする。上に焼いた茸、秋刀魚を置いて強火にかける。
沸騰したら蓋をして極弱火で20分。蒸らし10分で完成


 他のキノコが未だ有るし、炊き込みご飯にしちゃおうかな〜。


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13 | 2012-08-22 23:55 | ごはん | Comments(0)