Плацинда(プラチィエンダ/モルドヴァ共和国風パイ)

d0170682_14532819.jpg

 以前紹介したПЛАЦИНДА(プラチィエンダ/モルドヴァ風パイ)と同じ名前で別成形のフライパン焼きプラチィエンダをご紹介します。
 生地を作るところまではは大まかに前回と似ていますが、今回は酢が入りません。延ばすのも麺棒で延ばしていくので、こちらの方が慣れるまでは楽かな。
 生地の柔らかさ等は大体同じ。かなり柔らかいのでたっぷりの打ち粉をしながら。
 中身はやはりカッテージチーズと香草が定番中の定番だそう。ただしこちらのタイプのプラチィエンダは中に豆類が入ったり肉を入れる事も有るのだとか。
 いやープラチィエンダといってもモルドヴァ共和国の中で色々あるようで「◎○のプラチィエンダ」とか本来は区別するんでしょうね。

タベラッテПлацинда(プラチィエンダ)

 このプラチィエンダも生地をしっかり休ませつつ作業を進めると思っているより簡単です。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村



d0170682_1585836.jpg

 今回使った材料、チーズはブリンザという塩気の強いフェタチーズに似た物を使用しています。このパイの味つけはチーズの塩気のみなので、しっかり塩味の付いたチーズで代用して作って下さい。

d0170682_15105763.jpg

 ボウルへ卵を割り入れ、軽くかき混ぜた後水と塩も加え良く混ぜ合わせておきます。卵白と卵黄が均等に混ざるまでよく混ぜる。

d0170682_15122637.jpg

 卵液のボウルへ粉を少しずつふるい入れ、良く混ぜ合わせていく。ホークを使うと混ぜやすい。
 生地はかなり緩い状態。たっぷりの打ち粉をして手につかなくなる程度の柔らかさに。

d0170682_1513676.jpg

 生地が出来たら一旦丸めて休ませる。生地を適宜休ませる事で次の作業が進みやすくなります。

d0170682_1516083.jpg

 生地を休ませている間に具を準備。カッテージチーズはそのまま、ブリンザやフェタチーズは西洋おろし金でおろしておく。
 香草は刻んで卵をまず1個入れる。

d0170682_15173129.jpg

 卵を1個良く混ぜたら、2個目を加え更に良く混ぜる。全体がしっとりしたらそのまま置いておく。
 もしまだしっとりしないようなら卵を1個更に追加してしっとりさせる。

d0170682_1519683.jpg

 打ち粉は常にたっぷり振って作業を進めて下さい。

d0170682_15195626.jpg

 打ち粉を振った上に生地を出し、5等分する。一つずつ更に打ち粉をしながら親指の付け根で軽く押さえる様に捏ねる。
 余り力を入れると手と台に付くだけなので軽く。表面が滑らかになったら丸めて粉をたっぷり付け、ボウルへ戻しておく。

d0170682_15224510.jpg

 5個全て捏ねあがったら、最低10分以上布巾をかけて休ませる。
 休ませている間に溶かしバターを作っておく。

d0170682_15244198.jpg

 休ませた生地を一つずつ延ばしていく。3㎜厚程に。

d0170682_15265378.jpg

 延ばした生地に溶かしバターを塗り、半月に折る。折り目から空気を抜く様に合わせていく。

d0170682_15282320.jpg

 空気を抜きながら押さえたら、麺棒で更に延ばす。なるべく薄くなる様に。

d0170682_15291379.jpg

 延ばした生地にバターを塗り、半分に折る。1/4円になる様に。
 折ったら折り目から空気を抜く様に押さえ、麺棒でなるべく薄く延ばす。

d0170682_15305963.jpg

 延ばした生地にバターを塗る。
 端を中心に寄せる様につまみながら丸く成形する。

d0170682_1633551.jpg

 5個分全てバターを塗って丸め直したら、最初に丸めた生地から次の作業へ入る。

d0170682_16104287.jpg

 やや四角くなる様に生地を延ばし(1㎝以下の厚みになるように)、中央に具を乗せる。

d0170682_16141437.jpg

 具を包みます。左右の端を中心でつまみ、上下の端をつまんだ中心とつまみ合せる様にして全面を閉じていく。
 閉じたら上から軽く麺棒をかけ形と厚みを調える。これを5個分繰り返す。

d0170682_1617891.jpg

 再度一番最初に成形した物から麺棒をかけ、より薄くして成形完了。

d0170682_16181170.jpg

 多めの油を敷いたフライパンで両面に焼き色をつける。とじ目を下にして先に焼く。
 焼き色が付いたら蓋をして閉じ重ねた部分に透明感が出て来たら焼き上がり。
[PR]
by etigoya13 | 2012-08-25 23:26 | 麺類/粉もの | Comments(0)