安くて美味しかったカフェレストラン(モスクワ)

d0170682_2065528.jpg

 モスクワで連れ合いと出張者が客先へ打ち合わせにいっている間、私が待っていたのがCafe Expressというカフェとなっていましたがスタローバヤ(食堂)形式のセルフサービスレストラン。
 アルバート通り近くで有りながらかなりお財布に優しいお店で味もなかなかでした。
 今回は前菜/サラダ2品、スープ/温かいメインと付け合わせコーヒーを頼んで450руб(約1100円)追加でケーキと紅茶を頼んで75руб(約190円)とモスクワ中心部としては良心的価格。

d0170682_20115312.jpg

 まずは昆布サラダ。
 村でも定番のサラダの一つ。こちらのお店のものは大蒜と玉葱の微塵切り少し、塩と酢と油で味つけしたものでした。酢はあんまり強くなくてほんのり酢が入っていると判るかな?と言う程度。
 村で食べると酢は入っていないかな?と言う位感じない量で大蒜多め、マヨネーズが掛かっている事が多いので、こういうさっぱり目は初めてだったかも。
 ロシアでは缶詰でもこの昆布サラダ売っているので、内陸の田舎でもよく食べるんです。

d0170682_20253047.jpg

 こちらは定番の人参サラダか?と思って取ったんだけど味は付いていなくて味無しスメタナだけ。笑
 生の人参にくるみ。味は卓上のテーブルか、一匙幾らの調味料をかけて調整するみたい。これはさっぱり塩だけで食べたので甘くて美味しかった。
 サラダは充実していてこの2種類の他に生野菜をカットして装ったものやチーズをのせたグリーンンラだビーツのサラダなど7、8種類は有りました。

d0170682_20265462.jpg

 スープはブイヨン。こちらのお店はちゃんと店で作っているみたいで下にそれらしき沈殿物が。出しを取った肉も少し加えても良いかも。
 茹で卵と香草入り。味はやや薄めだったかな。
 この日スープは他にズッキーニのピューレ。

d0170682_20285211.jpg

 メインは鱒のグリル。付け合わせはピューレを選択。どちらも美味しかった。特に鱒は塩加減が思わず「白いご飯下さい!」って言いたくなるなつかし味。
 ピューレも美味しかった。
 メインは他に茹でたタン/茹でた牛有り。
 付け合わせもマカロニ/炒めたキャベツ/フライドポテト等有り。

d0170682_2038897.jpg

 まだ時間が掛かりそうな感じだったので、お茶とケーキを追加。チーズケーキは私には甘過ぎたけれど、チーズの味はしっかりして甘いものが得意な人なら丁度良いかも。
 大きさはかなり大きめ。
 デザートも果物のパイやエクレア、マフィン等やっぱり5、6種類有りました。

 こちらのお店、地下に有って知らないと入りにくいのだけれど、同じビルの人達が食堂代わりに使うのか14時過ぎに入店して15時30過ぎまでいたけれど、まあ人がひっきりなし。
 周りは3回位開店していました。
 見ているとこの日のロシア人に人気だったサラダはビーツのマヨネーズ掛け。やっぱり何処でも人気なのねこのサラダ。
 また行けると良いなこのお店。
 
 世界のキッチン事情vol.9に知人宅のキッチンが紹介されました。
 シベリアの田舎村で今もしっかり使われている地下室等を照会中。


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13 | 2012-09-19 15:57 | レストランなど | Comments(0)