林檎とカスタードのピローグ

d0170682_22131695.jpg

 また林檎のパイ。ロシア式でパン生地使用。復活採用のクリーチ(復活祭用菓子パン)に入れるスパイスが好きなので、今日は同じスパイスを入れてみました。
 良い香♪
 煮た林檎の下にすり下ろし林檎入りカスタードが塗ってあります。カスタードクリームの中のすり下ろし林檎とレモン果汁の酸味でさっぱり香り高いカスタードに仕上がったわ。

 今日はちょっとオーブンへ入れるのが遅れたら二次発酵してしまって焼けに膨らんでしまった。汗
 これはパイと言うよりほとんど菓子パンだわね。

林檎とカスタードのピローグ

林檎とカスタードのピローグ



料理名:林檎とカスタードのピローグ

作者:越後屋


■材料(6〜8人分)

強力粉 / 400g

生イースト(ドライイースト) / 25g(小匙1強)

牛乳 / 130ml

卵 / 1個

砂糖 / 大匙2

塩 / 小匙1/2

粗挽きカルダモン / 小匙1

シナモン / 小匙1/2

丁字 / 少々

オールスパイス  / 少々

バター / 15g

※卵 / 1個

※牛乳 / 200ml

※砂糖 / 40g

※強力粉 / 大匙2

※すり下ろし林檎 / 1個分

※レモン果汁 / 好みの量

※※林檎(大きさによって加減) / 1〜2個

※※砂糖 / 大匙3

※※水又は白ワイン / 林檎ひたひた



■レシピ紹介

今日は煮た林檎と林檎入りカスタードクリームを乗せて焼いたピローグ(ロシア風パイ)を作りました。
さっぱりしていて林檎の香り高いパイをお楽しみ下さい。


詳細をタベラッテで見る


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村




d0170682_2216453.jpg 1回目の発酵前
 この手の生地を作る時は泡立て器とヘラで混ぜるだけで手で捏ねる事は無いので意外に簡単です。
 材料を混ぜた後、ヘラで丸くしてシャワーキャップをかぶせ暖かいところで発酵。


d0170682_22163878.jpg  1回目の発酵後
 約2倍に膨らんだら次の工程へ。


d0170682_22172019.jpg 2回目の発酵前
 ヘラで底からすくう様にガス抜きをして、また丸め直し1回目と同じ様に発酵。


d0170682_2217545.jpg 2回目の発酵後
 1回目の発酵後より網目が良く張って来ているのが見える様になります。
 この発酵回数が多い程柔らかい生地になると言われますが、最低2回行えば成形に移ってもふんわりパン生地に。

d0170682_22201611.jpg

 長細く生地を延ばして、両端をはさみで切り込み。卵を塗って交互に折り曲げておきます。
 真ん中へカスタードを塗って、上に煮た林檎を乗せて後はオーブンで焼き上げるだけ。
 意外に簡単でしょう。
 ロシア風パン生地のパイ、気軽に作って軽食にどうぞ。
 
[PR]
by etigoya13 | 2012-10-18 20:09 | お菓子 | Comments(2)
Commented by petapeta_adeliae at 2012-10-19 23:55
ピローグはサーモンとほうれん草が好きだけど、
リンゴとカスタードのピローグだとお菓子って感じですね。
岡山の誘致説明会でマスカットを食べて、そのあとに
サロンでマスカットにカスタードを詰めたのを食べて
美味しかったので、マスカット&カスタードで食べてみたい。
越後屋さん作ってぇ〜!!
Commented by etigoya13 at 2012-10-20 14:39
ソーニャさん
そうですね、これはデザートピローグです。
我が家は連れ合いが家で食事系ピローグを食べるのあまり好まないのでいつも作るのはデザート系です。
マスカットのあれ美味しそうですね。
一粒ずつ詰めるって言うのが私の大ざっぱさには向かないけど。笑
ソーニャさんが甘いものの事作ってなんていうの珍しいよね〜。
今回のこのカスタードは甘さと酸味と香のバランスが良くて美味しかったです。