黒パン6回目とボロディンスキー2回目

d0170682_19472987.jpg

 良い表情。
 ぱっくり綺麗にヒビは入った。
 ライ麦100%のトンミの黒パン6回目。5回目が抜けているけど焼いています。

 でも今教わった時の書き付けを良く見返したら、1回多く発酵させてた。苦笑
 まあとりあえず毎回知人が心待ちにしてくれている程気にいってもらえているので良いと言う事で。
 次回はちゃんとトンミに教わった回数でもう1度焼いてみなきゃ。汗
 
1回目ライ麦パン
2回目
3回目
4回目



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと

↓良い表情の黒パン!って思ったら一押しよろしくね〜。
 もう1種類同じ生地からロシアの黒パン焼きました。つづきに

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村



d0170682_19512724.jpg

 Бородинский(ボロディンスキー/コリアンダーやクミン入り黒パン)も焼けた。
 同じ生地を半分別のパンに。
 最初の発酵後、生地を半分に分け、お湯で練ったモルト(40g)/蜂蜜(60g) /クミンとコリアンダー両方(各大匙1)を入れてライ麦粉を足して捏ねたものを焼き上げています。
 仕上にモルトシロップを塗ってコリアンダーをまぶしてあるので艶が出ていますね。

 ボロディンスキーはロシアのレシピを参考にライ麦100%の生地で作ったもの。ライ麦だけの黒パンとはまた違った風味とスパイスの甘い様な爽やかな香がおいしいパン。
 村で売っている黒パンの中で一番と言う位好き。もっとも、村で売っているものは小麦粉と混ざった生地なので、食感はやっぱり違います。

d0170682_19592840.jpg

 断面。みっちりむっちりな感じ。
 モルトが入っているので、茶色が濃いです。ライ麦パンは茶色っぽくなるけれど、モルトが入っていないものはもう少し白が混ざった茶色と言えば良いか、色合いが全然違います。
 こちらが濃い茶色ならあちらはグレーがかったと言うか白みの入った茶色ですね。
 食感は変わらないんだけど。

d0170682_2021358.jpg

 焼き上がった黒パンとボロディンスキーを芸術家さん宅へ持って行ったら、早速ボロディンスキーが出て来た。
 芸術家さんが「ボロディンスキーにはバターが合うのよ」と良いながらたっぷり塗っているのを見て、私は「じゃあ蜂蜜も合うね」とバター&蜂蜜をつけてみたら…危険すぎる。
 美味しくて食べすぎるわ〜〜〜♪

材料(1個分)調理時間180分
ライ麦発酵生地(ない場合は天然酵母種)100ml容量分
水500ml
岩塩大匙1/2
ライ麦粉約750ml容量分
モルト40g
蜂蜜60g
※コリアンダー大匙1
※クミン大匙1
モルトシロップ大匙1
モルトシロップ用の湯大匙1
装飾用コリアンダー又はクミン適宜


タベラッテ100%ライ麦粉のБородинский
[PR]
by etigoya13 | 2012-11-18 19:45 | パン | Comments(0)