実食 目に留まった缶詰 羊のローズマリー風味 これは買い

d0170682_2453484.jpg


d0170682_325816.jpg 夕食の献立がなかなか決まらなかった日のお助け缶詰。
 今回は新しいメーカーの物を実食検証してみた。
 こちらのメーカー、実はプロフも出していてどちらから買ってみるか悩んだ末、肉だけの方が口に合わなかった時の展開がし易いだろうとこちらから買ってみたもの。
 羊のローズマリー風らしい。
 でも…ローズマリーはかなり薄かった。

 じゃあ肉の方はと言えば、羊の香と味はしっかりしたうえ、缶詰に加工する段階で既に柔らかくなっているので、野菜を加えて野菜が煮えるまで加熱すれば立派にボリューム有る1品になる点は高評価。
 写真では小さい肉しか見えていないけれど、結構立派な固まりが入っていて、骨付きではないけれど、ほぼ缶詰の印刷写真に近い肉のかたまりが1枚分入っている感じ。
 値段も冷凍食品の出来合いよりはぐっとお安い。保存性も高い。

 玉葱は入っているけれど、他に余計な野菜も無いので缶詰臭というかは感じ無かった。
 これは買い溜めしておいても良いかも。
 次はプロフも買ってみようかなー。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by piglets3 at 2012-12-04 04:29
羊の美味しい缶詰なんて出会ったことないです。
それはいい!
羊の肉はラムでなくマトンでもけっこう高くてなかなか買いません。
そんなのがあったら私も常備しておきたいですよ。
Commented by etigoya13 at 2012-12-04 21:56
リコッタさん
村は缶詰結構充実しているんです。
森へ入る(造材関連や猟や漁)人達って数日から数ヶ月単位なため、保存が効く食料として重宝するから。
この羊缶詰は比較的最近入荷し始めた物なんですが美味しかったです。
そちら羊は一般的ではないんですか?
村は常時有るわけではないんだけど、年末年始とか復活祭の当たりに結構入荷します肉の方も。
Commented by piglets3 at 2012-12-05 02:51
我が州は、カウボーイの地です。 (ウェスタ~ン♪系の映画のイメージしてね)
なので、牛、牛、牛。
羊は一般的ではなく高級感あります。 なので、ラムが主流でマトンはめったに見ません。
豚の価格も牛並み。
日本ではすっごく安いとされる鶏も牛並みの価格。
野菜だけで食卓を構成しようとしたら、野菜が安いわけではないのでけっこうかかってしまう。
総じて物価はすごく高いです。
缶詰めは、レストランに行きたくないが料理もしたくないという食べることに興味ない人や貧困層向けがほとんどなので、とにかく安価で作ることが使命のようで、美味しいものはありませぇ~ん。
Commented by etigoya13 at 2012-12-05 23:54
リコッタさん
勝手な思い込みで、カウボーイの地だったら肉が凄く安いって思っちゃってました。
こちらも野菜は殆どが別のところから運ばれる物なので安くはないけれど、肉や魚は選べばかなり安いかな。
物価はやっぱり都会に比べるとかなり安いです。
缶詰、こちらも知人は止めなさいって全否定する物もあれば、絶賛する物も有ります。
特に酪農が盛んな地域の缶詰は肉と塩と水と胡椒だけなので凄く応用が利く上に便利で好きです。