正月版 レモンの蜜煮に入った浮島

d0170682_22365935.jpg

 お正月用にと試作を重ねていた浮島。
 結局白味噌&酒粕味と小豆&クリームチーズの組み合わせをそれぞれ1個ずつ作りました。余った生地は小さいパウンド型へ入れて2層で焼き上げ。
 本番もしっかり膨らんで美味しくしあがりました。

〜材料〜レモン2個分+ミニパウンド型1台分
《白味噌&酒粕》
白漉し餡      150g
白味噌       30g
酒粕        30g
強力粉       15g
米粉        15g
砂糖        40g
卵黄        2個
《小豆&クリームチーズ》
小豆漉し餡     100g
クリームチーズ   20g
強力粉       15g
米粉        15g
砂糖        45g
卵黄        2個
《両方分》
卵白        4個
砂糖        10g
胡桃の味噌煮    5、6粒
栗のシロップ煮   5粒(内2粒は飾り用丸ごと)
レモン       2個
レモン用砂糖    レモンの皮と同じ重量

〜作り方〜
浮島を入れる容器の準備
・レモンは蓋になるよう上部を切り、中の果汁を搾って袋を取り除いておく。下処理したレモンの重量を量っておく。
・1日水へ晒した後、水から茹でる。沸騰しては水を買える事3回。
・レモンを鍋に入れ、レモンの重量の砂糖から1/3をと水を入れ火にかける。砂糖がとけ、水分が少し減ったらもう1/3の砂糖を加える。更に水がレモンひたひた程度になったら残りの砂糖を入れ、レモンの皮が透き通って来るまで煮る。

餡の準備
・それぞれの漉し餡にそれぞれ白味噌&酒粕、クリームチーズをよく混ぜ合わせる。
・副素材が混ざったら、粉類を加えて更に良く混ぜる。コシが出て来るまで。
・粉類を混ぜたら砂糖を加え艶が出て滑らかになるまで混ぜる。
・砂糖が混ざったら卵黄を良く混ぜておく。
・卵白4個とメレンゲ用砂糖で固く角が立つまで泡立てメレンゲを作る。半分にし、それぞれの餡生地へ数回に分けて混ぜ込んでいく。

仕上
・蒸し器を蒸気が上がるまで加熱しておく。
・レモンの容器を小皿へ乗せ、底へ栗の蜜煮を砕いて入れる。レモンの高さ半分程度まで餡生地をそれぞれ入れる。
・生地を入れたら、上から胡桃の味噌煮と適宜散らす。
・胡桃の上から餡生地をレモンの高さ8、9分目まで入れる。
・残った生地は他の型へ入れる。
・蒸気の上がった蒸し器へ生地を入れたレモンや型を入れ、蒸気が上がった状態で30分蒸す。
・蒸し上がったら急冷して冷めたらレモンには蓋になる皮の部分を乗せラップ等をして冷蔵庫で保管。



日々の生活ブログ「丁寧な生活をゆっくりと2
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味」←FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by etigoya13 | 2013-01-01 22:24 | お菓子 | Comments(2)
Commented by タヌ子 at 2013-01-02 10:38 x
ひゃ~!
なんとも手の込んだお菓子。
普通の浮島だけでも大変なのに、レモンの器に入った浮島。
これは材料を見ただけでくじけてしまいます(汗)
新年からこんな美味しいお菓子が食べられるご主人が羨ましい!
Commented by etigoya13 at 2013-01-02 14:15
タヌ子さん
洋菓子より簡単だと思いますよ。
しっかり卵白さえ泡立てたらまず失敗しないし。他はがんがんかき混ぜていいし。笑
レモンの器に入れたのは日本の和菓子処が柚子に入れているのを見てですが、これが美味しいんですよ。
浮島気にいりました。