豆の味を堪能 炒め野菜入り呉汁

d0170682_2319239.jpg

 以前は青大豆で作った呉汁、今度は別の作り方で。
 「三光院・香栄禅尼の精進豆料理」掲載のものを参考にしつつ手元にある材料で。
 こちらの本は分量が載っていないものが多いので、正確な分量が無いと作れないと言う人には向かないけれど、こういう料理も有るんだなとヒントが一杯です。
 今回は富山県のアンテナショップで買っておいた黄大豆をすりつぶして乾燥してあるものを使ってお手軽に。
 浸水して戻した豆を擂り鉢で丁寧にすったものの方がもちろん口当たりが良いけれど、これは凄く手軽に呉汁を楽しむ事が出来るので良い買物だったかも〜。
 また買ってこなきゃ。

 参考にした本が精進料理なので、ダシは豆の戻し汁と中に入れる具からのものですが、野菜と豆の甘味がぐっと増してもう少し寒い時期は尚美味しい汁ものです。
 昨日作って一晩置いたものを今日お昼に頂いたけど、凄い味がまろやかになっていて一つになっていた。

〜材料〜
大豆のすり潰したもの 適宜(乾燥豆を使う場合1/4カップ分)
大根         10㎝程
人参         1/2本
牛蒡         1本
干し椎茸       5、6枚
干し椎茸の戻し汁   500ml
干ししらたき     2個
馬鈴薯        2個
油揚げ        1/2枚
水          300ml
油          大匙1
醤油         適宜
日本酒        適宜

〜作り方〜
・乾燥豆を使う場合は一晩浸水し、十分に戻ったら擂り鉢で擂っておく。水を入れるとより滑らかになり易い。
・干し椎茸は水で戻しておく。戻ったものは細切りにしておく。
・大根は銀杏切り、人参と牛蒡はさかがき、馬鈴薯は輪切り、シラタキは水で戻して適当な大きさに切っておく。
 油揚げは湯通しし、細切りにしておく。
・鍋に干し椎茸の戻し汁と干下け、を入れ火にかける。
・大根/人参/牛蒡/馬鈴薯/シラタキを油で炒め干し椎茸を入れた鍋へ入れる。一度沸騰させ、油揚げを入れた後弱火で野菜に火が通るまでに煮る。
・野菜が煮えて来たら、大豆を溶き加える。
・大豆を入れたら醤油と日本酒で味を整えて一煮立ちしたら完成。

 お豆腐のような、そうでない様な独特な甘い香りが好き。
 油で野菜を丁寧に炒めることで前回の味噌仕立ての呉汁とはまた違う呉汁に仕上がります。
 お醤油味も好き。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13 | 2013-04-06 13:11 | | Comments(0)