列車内用お弁当

d0170682_17141725.jpg

 今日の列車内用弁当。
・黒パン
・鶏肉のアジーカ&ミックススパイスマリネグリル
・収穫蚕豆の醤油煮
・キャベツとイタリアンパセリのサラダ
・キャベツとピーマンさっと煮
・ズッキーニとパセリとチーズのオムレツ
・18日大根の塩漬け
・ネクタリンとキウィ

 黒パンは焼いた物がまだ残っているのでこの移動中の食事に。

d0170682_17152426.jpg

 メインの鶏肉は最近お気に入りのキルギスタン人おっちゃんお薦めスパイスミックス/自家製Аджикаアジーカ/塩/檸檬果汁で一晩マリネした物を午前中に焼いておきました。
 檸檬果汁入りの上にアジーカでマリネした物って冷めても美味しいところが好き。
 ミックススパイスは大好きなクミンやコリアンダーがたっぷり入った中にパプリカの風味もあって気にいっています。

タベラッテ旨辛唐辛子調味料Аджика

d0170682_17194157.jpg

 蚕豆の醤油煮は今年気に入っている調理方法。
 酒(村では白ワインで代用)と水で柔らかくなるまで煮た後、醤油を入れて更に水分が無くなるまでに含めた豆。
 柔らかく煮えて甘い蚕豆に醤油の風味が染み込んで凄い好き。
 見た目地味なんですけどね。
 我が家の収穫ものは小さいので薄皮も柔らかくそのまま頂けます。おばちゃん菜園の物が一部は行っているのだけど、それは気持大きいだけなのに既に薄皮は固いんですね。

 キャベツ一玉消費メニュー。2種類

d0170682_1724447.jpg

 サラダはキャベツとおばちゃん出店(夏に広場ベンチに自分達の家庭菜園で収穫した野菜を売るおばちゃん達)で購入したパセリも刻んで塩/砂糖/マスタード/酢(今回は檸檬果汁)/胡椒/油を混ぜたもので和えた簡単サラダ。
 おばちゃん出店のキャベツは柔らかく巻もふんわりしていて美味しい〜。

d0170682_17262362.jpg

 キャベツとピーマンのさっと煮は店で売っている皮の厚いパプリカでは出来ない日本のピーマンと同じ様に生で食べても美味しいピーマンをおばちゃん出店で買った物とキャベツ。
 甘味がご馳走。
 ソーセージと一緒にさっと煮てあるだけ。でもこのキャベツは其れだけで火が通るしもりもり食べることが出来ちゃいます。

d0170682_17291780.jpg

 収穫が有る事は嬉しいのだけど、運が悪い事に出発直前に4本も収穫出来てしまったズッキーニ。
 そのうち3本を使ってオムレツも。
 これはたぶん明日の朝食も兼ねるかも。苦笑

 ズッキーニ 細いもの3本/パセリ一 一束/パルメザンチーズ 適宜/卵 2個/生クリーム 200ml/白ワイン 150ml/強力粉生地の硬さを見て適宜/胡椒 適宜
 
 ズッキーニをパンに並べておいて残りの材料を良く混ぜた液体を注ぎ入れてオーブンで焼くだけ。
 今回は230度30分で焼き上がり。
 冷めても美味しいから好き。

d0170682_17311836.jpg

 18日大根の塩漬けはただ塩と納豆昆布とともに保存袋へ入れて揉んでおいただけ。
 これがまた移動中残っていても適宜つまむと美味しいので少し多めに。移動中の私のおやつも兼ねている感じ。

 今回はヘルシンキに9日の夜(日本時間では10日)到着でもうホテルへ直行して残っているお弁当を食べる形になるので少し多めに仕込みました。
 
 列車内でのお弁当って何だか家で同じ物を食べるのと違ってワクワクする旅感覚が有りますね。楽しみ〜。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13 | 2013-08-08 20:36 | おやつ/軽食/お弁当 | Comments(0)