Бублики(ブーブリキ)試作1回目

d0170682_02333697.jpg
 
 このところ粉もの気分持続中。
 次はどんな粉もの焼こうかとサウナのお供で持ち込むロシア料理本や雑誌をパラパラめくっていてはたと気づいた。
 
 Бублики(ブーブリキ/太い輪型パン)載ってるじゃない!

 最近お気に入り。
 村で手に入る村のお店産から流通品のパック入りや量り売りを色々食べ比べ中。
 輪の大きさ違いで名前が変わっていたり、明らかに同じ材料で八の字型に成形したものがあったりと、なかなか全てを食べ比べ出来ない程田舎の村でも種類有るおやつ。

 大変素朴で粉の味がっつりな物から油脂分たっぷりや卵たっぷり、塩味が勝つもの甘いもの、ほとんど甘さの無いものとこれ又選ぶ楽しみ有り。
 
 そんな中で私が特に好きな村のパン屋製牛乳&スメタナ(サワークリーム入り)が作れると良いなとまず第一弾試作してみた。
 焼き上がりを持つと…ふかふかし過ぎか?パン屋のはもう少しみっちりした感じ。
 でも柔らかさはあって油脂分がきっともっと少ない。(食べた感じ)
 スメタナの風味がもっとする。
 この辺りを次回改善したい。

 あ、でも今回のも市販品より甘さ控えめながら風味はバッチリよ。
 なんせバターガッツリ入っているから。
 自分で作れば気分で甘くも薄ら塩味にも出来るから是非とも作り慣れたい。

 しかし、手持ちの料理本のブーブリキ作り方説明は日本では出版出来そうに無いと思う。
 「イースト生地を作ってブーブリキ形に成形する。しばらく発酵させてオーブンで15分程焼く」
 ですよ。
 日本だったら生地を作るまでの工程も入れないと駄目じゃないだろうか?とかオーブンで焼くって何度??とかなりそうですよね。笑
 この辺りイースト生地が本当に身近なんだなって実感します。

 今回は175度で17分焼成。良い感じの色味に焼き上がり。

〜材料〜今回の分量覚え書き
強力粉      250g
ドライイースト  小匙1
バター      100g 
スメタナ
(サワークリーム)20g  
卵        2個     
牛乳       20ml   
塩        小匙1/3   
砂糖       大匙2    


d0170682_02344304.jpg
d0170682_02495381.jpg

↑上がこのところお気に入りの流通品。
 パン屋のはすぐ食べちゃうので写真無し。

 Баранки яичные(バランキ ヤイチヌィ/卵入り輪型パン)

 これは比較的柔らかいタイプ。薄さも厚すぎず好き。
 量り売りのは直径は小さいけれど、もっと厚みがあってみっちりしていてか見応え満点腹持ちも満点。
 写真の物はかなりお菓子よりな甘味有り。
 日本の牛乳パンみたいな感じで飲物と合わせて食べるに最適。
 
 試作のブーブリキと焼き上がりは結構似ていると思うけどどうだろう?
 明日芸術家さん宅でおやつに出してみよう〜。

 先日焼いたПирог с рывой(魚のピローグ)は好評だったからこれも好評だとまた自分で作れるロシア粉もの増えるんだけどな。
 しかしビスケットとかは気軽に焼けないのは何故だ?
 

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2014-02-17 02:30 | パン | Comments(0)