連合いの実家で旬の野菜たっぷり堪能中

d0170682_18434861.jpg
d0170682_18440800.jpg

 久しぶりに連合いの実家へ早めに到着。
 到着してみれば食卓に山盛りの料理。毎回の事ですが、連合いが実家へ帰るって言うのはやっぱりもう嬉しくてたまらないのだろうなというのがにじみ出る量です。
 元々米農家で自宅で食べる野菜はほとんど賄っている家なので1種類毎の量が多いのが特徴らしく、季節になると同じ野菜でほぼ同じ料理が続くのだそうです。
 ただ今回は色々な物の端境期で旬と言うには峠を越えた物やまだまだ早すぎる物等でこれでも野菜は少ないんですって。

 本日のメインはお寿司。
 酢飯に好きな具を乗せて頂きます。
 私は義母さんの煮る生り節や干し椎茸に薄焼き卵を乗せるのが好き。
 これだけで何杯でもご飯が進んじゃいます。
 今回の食卓ではスナップエンドウや筍、蚕豆も我が家にとっては贅沢な食材で脇目もふらずそれらを平らげましたよ。

 ただ塩分を気をつけなきゃいけ無いはずが、味つけが濃く戻って来ている様な。濃い味が好きだったご家族なのでなかなか難しいですね薄味維持するの。


d0170682_18445052.jpg

 寿司にたっぷりの野菜、それに既に魚貝類も含まれているのに、煮魚まで。
 いや、たまにしか帰らない連合いに食べさせたいのはよーく判るんですが、もう若くないので出し過ぎはいかがなものかと。苦笑
 何時までたってもたっぷり食べる若い時の連合いのイメージなのですね。
 連合いの実家は溜まり醤油を使うので、色味程味は濃くないので美味しかったけれど、これでまたもご飯が進んじゃって本日も食べ過ぎです。笑

 自分の家で穫れた物を頂く贅沢を堪能した夕食でした。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2014-05-31 23:47 | 今日の食事 | Comments(0)