夏越しの祓に水無月を

d0170682_00394111.jpg
d0170682_00485806.jpg

 夏越しの祓、今年は本当に暑い日がしっかり続いていてこのお菓子を頂くにぴったりの気候となっている村。
 以前に作った時の記事を読み直すと寒かったと書いてあるから随分と季節が違っている今年です。
 私が甘すぎる味が苦手なので甘く煮た豆ではなく茹でただけの大納言を乗せて。
 上からかける生地を中心からかけたつもりだったけれど、型紙から外に出てしまっていた。涙
 作り方はこのところこれが定番となった材料混ぜて鍋に入れ練ってから蒸すもの。
 いつも通りもっちりと蒸し上がりました。

〜材料〜角形グラタン皿小1枚分
上新粉  70g
葛粉   25g
強力粉  25g
砂糖   60g
ぬるま湯 250ml
〈上からかける生地〉
上新粉  15g
強力粉  大匙1
葛粉   10g
砂糖   10g
ぬるま湯 50ml

小豆   100mlカップ1カップ


〜作り方〜共通
・蒸し器を火にかけ、蒸気が上がっている状態にする。
・ボウルに材料を全て入れ、ぬるま湯を少しずつ加えながらダマ無く混ぜ合わせる。
 (但し緑茶はここでは入れない。)
・鍋に万能こし器等で生地を濾し入れる。
・鍋を強火にかける。常に底から混ぜながら沸騰して来たら極弱火にし練る。
・粉気が無くなり、ヘラが重くなって来るまで丁寧にゆっくり大きく混ぜ続ける。
 緑茶又は抹茶はこの時点で加え良く混ぜ合わせる。
・粉気が無くなり、ヘラが重くなって来るまで丁寧にゆっくり大きく混ぜ続ける。
 ヘラで生地をすくっても中々落ちない位に煉り上げたら火から外す。
・器に生地の8割程度を流し入れ、蒸気の上がった蒸し器に入れ強火で20分蒸す。
・一端器を取り出し、表面が濡れているようなら拭き取る。
 (蒸し器の蓋を布巾で覆っていればほとんど濡れることは無いと思います。)
 その上から茹で小豆を散らし、上からかける用生地を全体へかけて蒸し器へ戻す。強火で10分蒸して火を止める。

 残っている分は明日またちゃんと入れた日本茶で頂こう〜。


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味



mytaste.jp
[PR]
by etigoya13 | 2014-06-30 23:09 | お菓子 | Comments(4)
Commented by petapeta_adeliae at 2014-07-02 12:47
アイス煎茶で頂いきたいです。

この器はひょっとてプリンアラモードのお皿?
Commented by hi-vison_1103 at 2014-07-02 13:56
美味しそうなり〜
なんだか、コメント入力が出来ないことがあって、ごめん、ここにも書かせてもらいました〜
なんだか、鈍くなってるくろべ〜でした。
外国で、すごいなー↑
byくろべ〜
Commented by etigoya13 at 2014-07-03 13:36
ソーニャさん
そちらは暑いから冷たいお茶あいますね。
こちらすっかり涼しさ戻って来て暖かい飲物が恋しくなっています。

この器は立ち上がりが低いのでちょっとした物を乗せるぐらいかな。
プリンアラモード用にはもっと深さが無いと辛いと思います。
Commented by etigoya13 at 2014-07-03 13:38
くろべ〜さん
有り難う御座います。
くろべ〜さんのブログも美味しそうな物が何時も山盛りですよ。豊かな生活だなーと何時も思っています。
ういろう好きなのでこれぐらいしか作りませんが季節のお菓子って良いですね。