Торто творожный(トルト トゥヴォーロジヌィ)試作

d0170682_02120465.jpg


 Торто творожный(トルト トゥヴォーロジヌィ/カッテージチーズのタルト)試作してみた。

 うーむ、やっぱり型もう一回り大きい物にすべきだったか。
 フィリングが厚くなってほとんどベイクドチーズケーキの様相…。
 さしずめ今日焼き上がったのはベイクドチーズケーキクランブル乗せといったところ。
 まあこれはこれで美味しいのだけれど、おやつに頂いた物はもっとПеченье(ペチェーニエ/ビスケット等の焼き菓子)寄りだった。
 次はもっとフィリング薄くしてそれを目指したい。
 あ、これはこれでタルトとして覚え書きしておこう。
 きっと焼き型の大きさを変えるとトルトになってペチェーニエになるんだと思う。
 便利なお菓子だ。



d0170682_01475140.jpg



 今日のおやつに芸術家さん宅で頂いたのは私が持って行ったルバーブケーキとГаля(ガーリャ)作のこちらのお菓子。

 サクサクしたビスケット生地とちょっとしっとりしたТворог(トゥヴォーロク/凝乳:カッテージチーズ)のフィリングの対比が美味しい。
 フィリングの上にはビスケット生地の残りをぱらぱらと降ってある。
 この量が私が焼いた物よりずっと多いので上部もビスケットがかぶっている様なそんな食感になる。
 ビスケット生地重曹が入っていてなんというか素朴で懐かしい味。



d0170682_01473773.jpg



 芸術家さんがかなり気に入ったようで、ガーリャのレシピを基に自分でも作っていた。
 天板1枚分って我が家には多いのよね。苦笑
 これを試食させてもらったけれど、これ又美味しい。
 さくさくでちょっと重曹の香するビスケットとトゥボーロクの味はホッとする味。

 そんなわけで、本来目指したいのはこのビスケット寄りのお菓子なれど、行き掛り上我が家で焼き上がったのはトルトだったので今日の覚え書きはトルトとして。

〜材料〜22㎝丸型パン1台分
〈ビスケット生地〉
バター        100g
強力粉        1カップ
※アーモンドと胡桃を
粉にしたもの     1/2カップ
重曹         小匙1/2
※酢         小匙1/2
砂糖         50g
塩          一つまみ
※牛乳        大匙2程度
(※※卵       1/2個)
〈フィリング〉
カッテージチーズ   300g
卵          2個
(※※卵       11/2個)
砂糖         1/2カップ

※印は本来は無かった材料。
※※卵はフィリングに2個は多いので1/2個分を生地に入れ、牛乳を減らしても良いかも。


〜作り方〜
・フィリングの材料を全てボウルへ入れ、良く混ぜ合わせておく。
・ビスケット生地の材料を計量する。
・オーブンを190度に余熱
・ボウルにバター/粉とナッツを粉にしたものを加えカードで切る様にさらさらになるまで混ぜる。
・粉とバターが混ざってさらさらになったら、砂糖/塩/酢で溶いた重曹を加えカードで更に切り混ぜる。
・牛乳または卵を加えカードで切り混ぜながら指で押さえれば形が着く様になったら型に半量を敷く。
 指で押して側面も少し立ち上げる。
・生地の上にフィリングを流し入れ、上から残りの生地を満遍なく散らす。
・余熱の上がったオーブンへ型を入れ上部の生地に焼き色が着くまで焼く。
 190度 25分〜
・焼き上がったら常温に冷まして完成。

 生地はかなり崩れやすく、フィリングも温かいうちは崩れやすい仕上りです。
 しっかり冷ましてから切り分けて下さい。
 上部に乗せる生地は多い方がより焼き菓子に近く、少ないとクランブル乗せチーズケーキに近くなります。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味」←FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。



mytaste.jp

[PR]
by etigoya13 | 2014-07-07 21:46 | お菓子 | Comments(2)
Commented by M at 2014-07-08 10:53 x
そうかトルト・トゥヴォーロジヌィって言う名前なんだ。
トゥヴォーロクはカッテージチーズの事だったんですね。
これ難しい事が無いから、カッテージチーズがあれば、すぐできますね。ほぉ!酢がちょっと入るんですね。
Commented by etigoya13 at 2014-07-08 18:45
Mさん
名前は一応付けているだけで正式などうなのか実は判らないんです。
まあタルトという表現がきっと一番近いかなということで付けてみました。
はいカッテージチーズのロシア語読みです。
酢を入れるのは重曹を溶かす為なので別に入れなくとも大丈夫ですよ。元レシピでは使っていないですし。
確かに簡単です。