Тушеная Оленина(トゥショーナヤ アレーニナ)

d0170682_02155037.jpg


 頂き物の鹿肉を消費する必要性があってどうやって食べようか思案した結果手持ちの狩猟/漁料理のТушеная Оленина(トゥショーナヤ アレーニナ/鹿肉の蒸し煮)に決定。
 このトゥショーナヤって缶詰でも色々出ていて森へ行く時の必需品の一つに上げる村の人も多い一品です。
 熱々を瓶に詰めて密閉した物は保存食としても使えるんですよ。
 鹿肉500gも使うなんて贅沢した気分です。
 何せ村で鹿肉と言えば誰かが猟へいって取って来たうえに我が家にも分けてくれて初めて手に入る物ですからね。


〜材料〜2人分
鹿肉       500g
玉葱       1個
塩        小匙1弱
月桂樹      2枚
馬鈴薯ピューレ  適宜
コケモモの漬け物 大匙2

〜作り方〜
・鹿肉は一口大に切り、水へ20分程付け血抜きをする。玉葱は5ミリ幅に繊維と垂直に切る。
・血抜きをした肉、玉葱、塩、月桂樹を混ぜ30分以上馴染ませる。
 (今回は一晩置いています。)
・鍋に馴染ませた鹿肉と玉葱、月桂樹を入れ極弱火にかける。
 本来は材料から出る水分のみで煮るが、水分があまりに少ない場合は10ml程度の水を入れ蒸し煮にする。
・肉が柔らかくなったら更に馬鈴薯ピューレを乗せ、中央を窪ませ煮込んだ肉を乗せる。上からコケモモの漬け物を乗せて完成です。
    

↓コケモモの漬け物のレシピはこちら。

FOODIES レシピブルスニカ:コケモモの漬け物


 村では缶詰で馬/牛/豚/鹿の物が購入出来、食堂では豚や牛、レバーの物が良く出て来ます。
 村近隣の場末感漂う食堂でも定番の一品。
 簡素な材料だけに肉の旨味を堪能出来る一品ですよ。色々な肉で試してみて下さいね。もちろんジビエもお薦めです。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味



mytaste.jp

[PR]
by etigoya13 | 2014-07-21 22:15 | | Comments(0)