プラムとカッテージチーズの焼きっぱなしケーキ

d0170682_18373482.jpg


 室温においておいたら少しは甘くなるか?と期待した固くて酸っぱ甘いプラム。
 柔らかくもならなければ甘くもならず、そろそろ使わないと悪くなりそうだったので消費の為にケーキ。
 私がこちらに来て教わったレシピを見なくても作れるケーキの生地に乗せています。
 卵と砂糖と強力粉の生地にプラムを埋め込む埋め込む。
 プラムがあまりそうなので隙間に更に埋め込む。笑
 埋め込み過ぎて予想より生地が盛り上がってしまって、型が小さいかと心配しちゃいました。



d0170682_18375724.jpg


 焼き上がったらプラム沈んだわ。
 この生地はしっかり卵の泡立てさえしてしまえば少々作業で置いておいてもちゃんと焼き上がるのが好き。
 次回はちょんと上に乗せるだけにしよう。

 良い香で食べるの楽しみだった昨日の夜。
 しかし連合いあいにく体調絶不調とのことで、今日のおやつに芸術家さん宅で頂きました♪
 (あ、もちろん半分は我が家用に残っています)
 


d0170682_18402342.jpg


 焼いてもしっかりな食感プラム。
 切る時も崩れなくて焼き菓子にはぴったりな品種かな。
 生で食べると酸っぱ甘かったこのプラム、加熱したら香り高いし甘味をまとって酸味が丁度良くなり美味しいじゃない。
 また買って来ちゃいそう。
 冷蔵庫の主になりかけているТоворог(トゥヴォーロク/凝乳:カッテージチーズ)も散らして。
 上からぱらっと振りかけた黒糖やコニャックが予想以上に良い仕事をしていて芸術家さんだけでなくままにまでほめられた。
 まあ、元の生地がママのレシピだから口には合うとは思うけれど、なかなかほめないママにほめられると嬉しい。


〜材料〜28㎝丸型
卵         3個
生地用砂糖     60g
塩        一つまみ
強力粉      80〜90g
プラム      8個
カッテージチーズ 大匙3
仕上用黒糖    適宜
コニャック    適宜


〜作り方〜
・オーブンを200度に予熱しておく。
・プラムは半分に切り種をとって8等分の櫛切りにしておく
・ボウルへ卵と塩を入れ、生地用砂糖を3回程に分けて入れながら泡立てる。
 3倍ぐらい泡立って膨れ、白っぽくなるまで。
・方に生地を入れ、上からカッテージチーズを適宜散らし、切ったプラムを並べる。
 仕上用黒糖をプラム全体にかかる様に振り、最後にコニャックを振りかけて余熱の上がったオーブンへ入れる。
・190度 20分〜
 中心に串を刺して生地が着いてこなければ焼き上がり。

※オーブンは電気オーブンファン無しを使用しています。温度と焼き時間はお使いのオーブンの様子を見て適宜変更して下さい。
※生地が型へつきやすい物なので、綺麗に焼き上げたい方は型にパーチメントペーパーを敷くかバターや油を塗って下さい。
※果物はお好きな物でどうぞ。


↓今回の生地の元レシピはこちら。林檎も美味しいよ。
ВАЛЯレシピのふんわり林檎ケーキ


日々の生活ブログ「丁寧な生活をゆっくりと2
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味」←FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。


mytaste.jp

[PR]
by etigoya13 | 2014-08-01 18:36 | お菓子 | Comments(0)