черника(チェルニーカ)のピローグ

d0170682_10211040.jpg


 ただいま村はベイリーが色々旬。
 今日はそんなベリーの中からчерника(チェルニーカ/セイヨウスノキ・ビルベリー)を使ってピローグ。
 生地はВАЛЯ(ワーリャ)レシピの油分無しで作って果物ちらし、今日は気分で上からバターをパラパラと散らしてから焼きました。
 卵の力でふんわりしっとり。
 果物ワーリャの定番は林檎だけれど、色々果物で楽しめます。
 私の中で基本のケーキの生地。
 単純なので覚えやすいから好き。



d0170682_10213107.jpg


 村で手に入るベリーは森に自生しているものも多いし、おばちゃん達が栽培しているものも甘味と酸味どちらもしっかり目。
 ケーキ生地の甘さを増すよりベリーを砂糖と和えて生地に乗せる方が甘酸っぱさが丁度良くなって私好み。
 食べる時にバニラソースをかけても美味しいのだけれど今日の気分は濃厚スメタナ。
 今買っている物は本当に美味しくて濃厚。
 脂肪分高くてかなりしっかりしたクリーム状ですが、そこはスメタナなのでさっぱりしています。
 ケーキと良く合うの。


〜材料〜22㎝丸型パン
卵    2個
砂糖   60〜70g(林檎の時は50gでも)
塩    一つまみ
強力粉  80gぐらい
ベリー  好きなだけ
黒砂糖  小匙3〜4
バター  10g(細かく切っておく)

※砂糖は果物の酸味に合わせて増減して下さい。

〜作り方〜
・オーブンを余熱 190度
・卵/砂糖/塩をボウルへ入れ泡立てる。
 ふんわりして泡立てている時に跡が少し残るぐらいまで。
・卵が泡立ったら強力粉をふるい入れ切る様に大きく底から混ぜる。
 (しっかり泡立っている場合低速のミキサーで混ぜても)
・方に生地を流し入れ、ベリーを散らし、上から黒砂糖をかける。
 細かく切ったバターを適宜散らす。
・余熱の上がったオーブンへ入れ焼く。
 180度25分〜
 串を刺して生地が付いてこなければ焼き上がり。

※オーブンは電気オーブンでファン無しを使用しています。焼成温度はお使いのオーブンに合わせて調整して下さい。


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味



mytaste.jp

[PR]
by etigoya13 | 2014-08-12 20:20 | お菓子 | Comments(0)