茸と鶏とチーズのサラダ

d0170682_02370343.jpg


 今日やっと再現したサラダ。
 再現するっていてもあなた、簡単なんですよ。
 何せ保存食と茹でた肉類(今日は鶏肉使いましたが豚でも牛でも)と和えるだけ。笑
 和えるのは具材まででマヨネーズはお店で出て来るものは上に乗っているだけ。
 好きに混ぜて食べてねと言う事でしょうか?
 このとっても簡単サラダ、なぜか後引くのですよ。



d0170682_02325577.jpg



 後引く理由の一つがこちら。
 Плетеный аджарский сыр(プレテョーヌィ アジャールスキー スィル/アジャールスキーの編込みチーズ)という定番チーズ。
 熟成がとかそう言う類いのチーズとは違うもう本当に噛み締めると牛乳が存分に主張するミルキーな味わいを塩と燻製の風味できりっと引き締めているチーズ。
 村では真空パックされたものと、今回買ったものの様にラップで包まれたものとあるのだけれど、何故だか私はラップの方ばかり買っちゃいます。
 これラップの包み方が甘くて乾燥してしまったりしたらそのままクラッカーの様に食べることが出来るのもなかなか好き。
 一束44руб(約140円)というお財布に優しいところはも〜っと好き。笑


d0170682_02325534.jpg


 晩夏というか初秋と言うかな時期に仕込んだ収穫茸&冷凍茸のマリネはこのサラダを仕込む為に作ったのだ。
 これ庭や近所の林に生えている茸( Маслёнок(マスリョーノク アビクノヴェンヌィ/ヌメリ)と冷凍のОпята(アピャータ/なめこの様な茸)を使っていますが、どちらもヌメリがあり、まりね液もとろ〜っとしています。
 そんなマリネ本日開封。
 しかし今年の保存食は脱気ばっちりすぎて連合いでも開けるの手こずっていた。
 このマリネは市販品よりぐ〜っと塩分控えめだけれど、それでもサラダにすると丁度良いぐらい。
 いくら保存食と言っても市販品はやっぱり味濃すぎると思うわ。
 後引く味は茸のマリネや塩漬け発酵胡瓜の保存食ならではな旨味のおかげもありますね。

 夏の恵を保存して他の季節を彩るという村の食生活は厳しい気候を豊かに楽しんでいるなと思うもの多し。
 しっかり体で覚えて帰りたい。


〜材料〜(2人分)
鶏ササミ      2本
塩         小匙1
月桂樹       2枚
塩漬け発酵胡瓜小  1〜2本
茸のマリネ     大匙2〜3
アジャールスキーの
編み込み燻製チーズ 刻んで大匙1
マヨネーズ     小匙3


〜作り方〜



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

 色々な国、日本各地のレシピが沢山あるFOODIESならではのオーディションです。
 こちらのオーディション、Facebookのイイネで受賞が決まります。
 Facebookを使っている方がいらっしゃいましたらぜひポチットイイネ押して頂けると嬉しいです。
 ロシア料理を始め旧ソ連圏のレシピ投稿しています。
 締め切りの12月1日までしばしブログ下記に記載させて頂きます。


mytaste.jp

[PR]
by etigoya13 | 2014-10-28 23:32 | 今日の食事 | Comments(2)
Commented by M at 2014-10-29 10:05 x
編み込みチーズがワラ縄に見えました。
燻製チーズって美味しいんですよね。
食べたくなりました!
一束、日本円で140円とは、いいですね。
Commented by etigoya13 at 2014-10-29 22:34
Mさん
確かにわら縄に見えますねこのチーズ。
燻製具合とチーズそのものの味が好きなのですが、なかなか全部を使い切れないチーズだったんです。
でもそう言うときは乾燥させておやつに食べれば良いのだと判って気兼ねなく買えそうです。
値段安いですよね。