クリスマスイヴにはСочиво(又はКутья)を

d0170682_02553725.jpg


 今日はロシア正教ではクリスマスイヴ。
 ということで行事食としてイヴに頂く甘いお粥「Сочиво(ソーチヴォ/法事粥・クリスマスイブに食べる粥)とかКутья(クチヤー/法事粥・ウクライナでクリスマスイブに食べられる粥)」を作りました。
 こちらの行事食は村でも30代、時には40代でも既に知らない人もいる料理です。
 たまたま私の周りの人は毎年きちんと作っていると言う事も有り我が家も数年前から定番に。
 呼び方も芸術家さんの様にウクライナ近隣の国出身だとソーチヴォは知っていてもクチヤーと言う呼び方は知らなかったりして同じ料理なのに話が通じないと言う事も有ります。
 たまたま両方判る方も周りにいたおかげで色々教えて頂けました。
 手持ちの料理本や雑誌、ペーパーバックにもレシピがあるので完全に廃れたわけではなさそうです。
 詳しくは以前の記事に記載しています。

 今年は芥子の実無しの芸術家さんママ風のソーチヴォを。
 これ麦と胡桃のお汁粉の様な感じで素朴な美味しさです。
 作り方と言う程の工程は無く麦と胡桃を茹でて柔らかくなったら砂糖で味つけするだけ。
 お好きな分量でどうぞ。



d0170682_02553732.jpg


 こちらこのお粥を作るために村で売られている麦。
 まだ籾殻が付いている物有り、蕎麦の実や他の草の種が混ざっている物を籾を取り除き余分な物をよけつつ仕分け。
 これがまた面倒と言えば面倒ですが、一応行事食の手順なので粛々と。
 日本ではハダカムギで作られるとほぼ同じ物になるのではないかと思います。
 こちらの麦は薄皮が付いた状態なのでたいた後茶色い皮が所々はじけて中の白い麦が見えることがあります。
 この薄皮のおかげかプチプチとした食感で美味しいんですよ。



日々の生活ブログ「丁寧な生活をゆっくりと2
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味」←FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓これ素朴で美味しそう〜と思ったら一押しよろしくね。


[PR]
by etigoya13 | 2015-01-06 23:53 | 行事食 | Comments(0)