KarjalanpiirakkaとPerunarieskaを習う

村到着までの記事を追っかけ記録中
d0170682_01142405.jpg


 Kippisさんにお願いして今日はKarjalanpiirakka(カルヤランピーラッカ/カレリヤ地方のパイ)をまず一番に教えて頂きました。
 このパイ、ロシアでも同じ様にカレリヤ地方のパイという名前なんです。
 ロシアのレシピは手元にあるのだけれど、粉ものは一度一緒に作って生地の硬さや成形等やはり見てみたかったので。
 ロシアのレシピでは中に入れる物に制約はないようで色々なものを詰めますが、フィンランドで見かけるものは大抵お米を牛乳で炊いた塩味のお粥が多いです。
 そのお粥から作り方を教えて頂きました。
 お粥ってお粥でしょうと思っちゃいけませんよ。やっぱりね彼女から教わったちょっとした状態の説明はポイントの一つだと思います。
 包みむ時もやっぱり色々と食べ比べて来たフィンランドで生活している人ならではのポイントを説明してもらい村へ戻ってから作るのが楽しみ。
 配合的なものは結局生地が扱いやすい様に、自分が美味しい様にすれば良いのだけれど、やっぱりコツの部分は作り慣れた人に教えてもらうのが一番判りやすいですね。
 今日の生地はとても扱いやすく私でも成形しやすかったです。



d0170682_01142485.jpg


 こちらは焼く前。
 均一じゃないのは私も成形しているから?
 あ、でも包むものは全般的に苦手(大抵中身を入れ過ぎてあふれるから)な私ですが、今回は流れる事無く上手くいって嬉しかった。



d0170682_01142410.jpg


 表面の焼き上がりはこんな感じ。
 でもこれオーブンから出したてではなくバターのプールで泳いだ後です。
 あれは…バターたっぷり使った。



d0170682_01142472.jpg


 裏側はこれ位の焼き色が付くまで。
 底の焼き色は他のパンと同じ感じですね。



d0170682_01145033.jpg


 焼き上がったパイとともにスープを頂きながらお昼となりました。
 根セロリや白人参(パースニップ)、グラニースミス等が入ったスープ。
 私はバルサミコは加えずに頂きましたが、こちらはバルサミコで化粧をした物。
 酢無しでも充分に美味しかったのだけれど、酢を入れたら風味が加わってまた違う美味しさだそうです。



d0170682_01145029.jpg


 こちらはカルヤランピーラッカに乗せて食べる茹で卵のディップ。
 こちらにもたっぷりのバターが入っています。
 でもこれが有ると更にパイがおいしくなるからたっぷり乗せちゃいます。



d0170682_01145006.jpg


 こんな感じに。
 Kippisさん宅の息子君良く食べていたな〜。
 大人と同じ大きさの2個、あれ3個だったかな?とにかくよく食べて以前有った時よりぐっと男の子担っていました。



d0170682_01145010.jpg


 今日のデザートはこれ又我が家が丁度この時期に来るからと作ってくれたルーネベリのタルト。
 フィンランド国家を作詞した国民的詩人の大好物だったものだとか。
 ビスケットも自家製でしっとり美味しいケーキ。
 本当はもう1日置いた方がより美味しいのだそうですが、残念ながらその時間無く今日頂きました。
 それでも充分に美味しかった。
 長女ちゃんは甘いもの別腹な女の子なのでパイよりこちらの方が食べる勢有り。端から見ると微笑ましいけれど、ご両親はもう少しご飯の方を食べてもらいたいが本音かな?
 私はなかなかお菓子作りの腰が上がらないタイプでささっと作れないけれど、kippisさんのようにささっと作れる様になりたい。



d0170682_01145014.jpg



 夕方近所にお住まいの我が家が以前ホームステイした方のお宅へお邪魔してお茶をした後戻って取りかかったのがこちらPerunarieska(ペルナリエスカ/馬鈴薯入り大麦の無発酵パン)。
 これは何度か家でも作っていたのだけれど、微妙に違う気がして今回改めて確認するために。
 やっぱり教わって良かった。
 まず馬鈴薯と粉のバランス、捏ね具合に延ばし具合どれも結構違う。汗
 とても美味しく頂いたので村へ戻ったら今度こそ自分好みのペルナリエスカ焼くぞ!
 このパンは無発酵なので手軽にできるところが良いですね。
 Kippisさん美味しいものの作り方&美味しいお昼有り難うございました。

 Kippisさんは料理をはじめとした色々なワークショップも可能なホームステイを受け入れられています。 ぜひ判りやすく美味しい彼女の料理やお菓子お宅へ行って習ってみて下さいね。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓フィンランドらしい料理を習って食べて満喫の一日ね〜と思ったら一押しよろしくね。


[PR]
by etigoya13 | 2015-02-07 23:20 | パン | Comments(2)
Commented by M at 2015-02-24 11:14 x
kippisさんのブログのコメントのお返事で、
etigoyaさんが来てくれましたと言ってました。
カレリヤのパイ、美味しそうですね。
作り方を教わったのですね。
ルーネベリのタルトと言うのも美味しそうで食べてみたいです。
馬鈴薯入り大麦のパンもいいですね。
沢山、フィンランドを堪能さされましたね!
Commented by etigoya13 at 2015-02-24 14:31
Mさん
カレリヤパイはおいしい上に一度習うと簡単なのが良いです。
これを焼いて冷凍しておけば何時でも温めるだけで小腹満たしが出来ると思うと作りたくなります。
タルトも美味しかったですよしっとりしていて。
市販品は2個セットで大きめが多くてなかなか挑戦できなかったので。
連合いはともかく私は甘すぎると食べないから。
彼女のところへ宿泊すると美味しい物をたっぷり食べられるので幸せな気分になりますよ。