ヘルシンキで最後の買い食い

村到着までの記事を追っかけ記録中

d0170682_17175185.jpg


 ヘルシンキ最終日の夕食はスーパーで買った惣菜と冷蔵食品の温めで手軽に。
 またもこりずにMakkaraperunnat(ソーセージと馬鈴薯)を。
 写真は温める前です。



d0170682_17175164.jpg


 温めた後。何が入っているのか色が赤味をおびえ手いるのが気になる。フライドポテトとソーセージだけならこういう色にならないからね。この商品はフライドポテトじゃないけれど。
 しかしこれは駄目だったー。
 まあ食べたかった料理とは違う料理と思えばそれなりなんですが、私はグリッリで食べるフライドポテトとソーセージのイメージが強い上に大好きなので全然違った。涙
 これなら冷凍食品のポテトとソーセージを別に買って合わせた方が好みに仕上ると実感。
 やっぱり冷凍食品で買って食べるならお隣スウェーデンの郷土料理ピッティパンナの方が良いと思いました。
 ピッティパンナの冷凍品は凄く多くて見た目ももっと美味しそうだったのよね。
 いやその前にソーセージとポテトはやっぱりジャンクにグリッリで買うのが一番良いわ。
 ヘルシンキなら今のところソコスホテルプレジデンティ近くのグリッリが一番好き。



d0170682_17175115.jpg


 ひよこ豆のサラダ。
 予想通り味も濃すぎずこりすぎず豆が最大限楽しめて好み。
 


d0170682_17175127.jpg


 海老とメロン入りサラダ。
 メロンは喉が痛くなるので連れ合いに回し、そのかわり凄く甘くて粉っぽくない若々しいグリンピースは私がもらった。
 このサラダもドレッシングとても控えめなので我が家好み。 
 彩りの綺麗なサラダでした。



d0170682_17175191.jpg


 こちらは鮭の炭火焼とバルチック鰊の炭火焼。
 どちらも温め直しても冷めていても香ばしくて美味しいので好きです。
 今日の鮭は昨日のものより更に塩味は薄め。
 昨日のものが塩漬けを焼いたものなら、今日のものは塩をふって焼いてある表面だけ味つけタイプ。
 ご飯が無い状態でのおかずならこちらの方が良いかも。
 とにかく両方とも香ばしく焼かれていてその香がまたご馳走。
 こういう魚料理の惣菜にはずれが無いのでヘルシンキのスーパーやデパートでの惣菜買物は楽しい。

ストックマン地下食材売り場で購入
3.41/3.50€ サラダ 
1.70/1.73€ 魚 

Kスーパーマーケットで購入
ソーセージと馬鈴薯は値段忘れました。



d0170682_19453815.jpg
d0170682_19453816.jpg
 最後の最後までもちろん食べますラスキアイスプッラ。
 Ekbergのもの。
 こちらでも見た目が違う2種類があってどちらかがマジパンでどちらかがジャムだろうと聞いてみたら、粉糖がジャムで霰糖がマジパンとの事でした。
 マジパンって今まであまり印象が良くなかった(ケーキの装飾で使われていたものがたまたま極甘だったからかもしれない)のですが、今回幾つか食べてかなり印象アップ。
 特にこちらのマジパンは甘さが強すぎない上にその食感が滑らかでどなたかが書いていた「アーモンドで作ったこしあん」という表現がすんなり納得できる味わいだったんです。
 こちらのお店のものは私の中では断然マジパンの方が好みだったな〜。
 やっぱりお店に依って随分と違うものですね。
 パン生地の方はサーリセルカレストランのものが好みですが、こちらもやや食べ応え有る食感ですがしっとりしていて風味は抜群です。
 


d0170682_19453883.jpg


 ジャムの方。
 ジャムがちょっと私には甘かったのですが、これ甘いものが苦手でなければ風味良く美味しいと思います。
 つぶつぶと粗挽きカルダモンが見えているのがいかにもフィンランドのプッラですね。



d0170682_19453813.jpg


 今回頂いたマジパンの中で一番滑らかで外からはマジパンが見えない形。
 別のお店のものではマジパンを外にしっかり出した=マジパンが固めのものがあったけれど、私の好みはこのしっとり滑らかなマジパンかな。
 この上品さでマジパン使ってみようという気になりました。
 ヘルシンキへ入ってから食べた生クリームはどれも濃厚でやや黄色みがかっているかんじ。でも口溶けは軽やか。美味しかった。
 パンやジンジャービスケットもとても美味しいのでお土産にぴったりですよ。

3.40€ 両方

Ekberg
Bulevardi 9,
Helsinki 00120,
Finland
http://www.cafeekberg.fi/aboutus/index




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2015-02-09 23:12 | 今日の食事 | Comments(0)