生クリームからスメタナを作る

d0170682_03095133.jpg


 ロシア料理やロシア人宅で冷蔵庫に無いと不安になると言うものの一つにсметана(スメタナ/サワークリーム)が有ると思います。
 村ですら本当に色々な状態色々な脂肪分のスメタナが流通しています。
 見た目でいえば液状に限りなく近い緩い粘度のものからほぼバターという状態のもの。
 5%から上は30%越えの脂肪分まで。
 酸味も比較的しっかり有って日本のサワークリームとほぼ同じものから酸味はほとんど感じられずバターの様なものまで様々。
 そんな味わいにも食感にも違いが有るスメタナを日本で再現するには?
 前回より更に簡単にかつ日本のサワークリームよりも酸味がまろやかなものをと思いながら作ってみました。
 振り返ったら3年近く経ってしまっていた。
 今回はいつでも(村では脂肪分の高い生クリームは冬手に入りにくいので)手に入る中で一番脂肪分の高い20%のもので作ってみました。
 写真は出来上がったものをВаренье(ワレーニエ/果実の形が残る緩いジャム)とともにБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)へ乗せたもの。
 かなり粘度高めのものに仕上りました。
 そして前回のように生クリームで作ったヨーグルトというよりはもっと固めのクリームで村で売っている同等のものと遜色無い仕上りです。
 


d0170682_03341269.jpg


 用意するものは生クリームと↑のビオフェルミンだけ。
 元々こちらのビオフェルミン以前載せた「本当にヨーグルトになった〜」の為に買ったんですが、一度の使用量が少ないのでまだまだ残っています。
 前回もそうですが、今回も常温にした生クリームにビオフェルミンを入れ、常温で置いておくだけ。
 2日目はまだ緩かったのですが、3日目にはしっかり固めのスメタナ完成です。
 加熱保温の必要がないところがこの方法で作るスメタナの良いところかなと思います。
 
 ところで、私が今までロシア人から聞いたスメタナの最も単純でかつ酪農家の近くに住んでいないと出来ない方法は絞りたての何も手をかけていない牛乳を漏れない袋や筒へ入れ1〜2日適度に揺らして撹拌してから出来た上の方のクリームというもの。
 スメタナの定義って彼らの中では何処までを言うのか奥深いです。
 
↓作り方はこちらをどうぞ。
FOODIES レシピロシア人の友Сметана(スメタナ)


 ヨーグルトの様に一度作ったものを種にして増やせるか新しく生クリームを買って来て試してみます。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2015-02-25 20:09 | 卵・乳製品 | Comments(2)
Commented by tigerbutter at 2015-03-09 14:38
ヨーグルト無しにヨーグルトが培養出来るとは!
なんとミミより情報!!
ヨーグルト作るのにプレーンヨーグルト買ってくると、
新鮮なうちに使わないと雑菌はいるから、するとヨーグルトが家にだぶついて嫌だったんです。
こんなすんばらしい解決策があったとは〜

やってみます!
ありがとうございます〜
Commented by etigoya13 at 2015-03-09 19:23
とらばたーさん
檀流クッキングにそういう文章があって「これなら無糖ヨーグルトの手に入らない村でも作れる〜」と試したのが最初です。
米麹は無くともビール酵母が無くてもヨーグルトにはなるのだけれど、この2つがあるとより美味しいかなと思いますです。
常温発酵で良いからお薦めですよ〜。
日本は保温とか時期によってけこう手間でしょう。
この方法ならヨーグルトもスメタナも簡単でロシア人もお薦めな味(スメタナの方)に仕上りますよ。