Сорогаのトマト煮蕎麦の実添え

d0170682_02431464.jpg


 S7のラウンジでも白身魚のトマト煮食べましたが、芸術家さんママもこの料理作ります。
 特にママの作る中ではСорога(サローガ/ローチ)という鯉の仲間になる魚を使ったものが良く出てくるのですが、私サローガはこのトマト煮が一番好き。
 粉をはたいて焼いたものはやはり独特の風味があって、芸術家さん宅が釣ってくる様な大物は特に香が強い。
 あまり得意では無いのでこうやってトマトのソースを絡めた方が美味しく頂けます。
 今日は冷凍庫にサローガがあるのでそれを使って作ってみました。
 連合い出張中の1人ご飯としては珍しく手をかけているかも。
 じっくり炒めた玉葱と人参が味の決めてになるので根気よく甘くなるまで炒めて下さいね。
 大蒜はお好みでなくても充分に美味しいです。
 村へ戻って何とか−3kg落ちて来たので目標まで後少し。
 ということで付け合わせは蕎麦にしました。
 蕎麦消化良く食感も軽くて一杯食べても太らないのが好き。

↓魚のトマト煮はこちらをどうぞ。
FOODIES レシピВАЛЯレシピの魚の野菜トマトソース煮


今回の蕎麦カーシャ
〜材料〜
蕎麦 1カップ(200ml)
湯  11/2カップ

〜作り方〜
・鍋に湯を沸かしておく。
・蕎麦のみをさっと洗い、沸騰した湯へ入れる。
・再沸騰後弱火にして蓋をし10分程炊く。
 好みの固さになっていたら完成です。 
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2015-02-26 23:42 | | Comments(0)