簡単夏みかんタルト

d0170682_08575278.jpg


 村にいた時から繰り返し作る程気にいっているフランス Bons vivants idées partoutのechaloterreさんから教わったタルト。以前の記事はこちら
 今日は実家の庭で放置されていたけれど自然に実った甘夏で作ってみました。
 мелисса(メリッサ/レモンバーム)を摘んで刻み入れたけれど、やっぱり香が弱いかも。
 紫蘇の方が良い香したりしてね。
 実家の甘夏、そのまま頂いても甘味が予想よりあって美味しいのだけれど、タルトにしたらほろ苦さとさっぱりとした甘味でまた違う面を見せてくれました。
 もう1回位作れる量有るからまた作ろう。
 これもお呼ばれに持って行ったものなのだけれど、喜んでもらえました。
 このタルトは簡単ででも村でも日本でも私の周りでは人気の有り難いタルト。
 今以前の生地を見たら、型小さい方だった。
 どおりで卵液が足りないかもっていう状態になるはずだわ。
 次はいつものサイズで。
 今回もタルト生地は上新粉を使ってお手軽に。しっかり捏ねてもさくさくに仕上るのが嬉しい。

〜タルト生地〜22㎝丸型1台分
上新粉 130g
塩   一つまみ
バター 100g
植物油 30g
卵   1個

・上新粉と冷たいバターをカードで切る様にさらさらになるまで混ぜた後、塩/植物油/卵を入れてひとまとめになる様軽く捏ねる。
・10分程休ませて延ばし型へ入れ成形する。

 強力粉を使っていた村でのパイ生地より気軽に出来て本当に便利。
 村でも米粉使えば良かった。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓簡単で美味しいタルトは助かるわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
by etigoya13 | 2015-06-13 23:03 | お菓子 | Comments(0)