JALモスクワ→成田復路機内食 軽食

思い出記録中
d0170682_14052893.jpg


JALのモスクワ→成田線に駐在中搭乗したのは少ない回数でしたが、その少ないなかこの路線の朝食を食べた事は一度も有りませんでした。
 連合いが食べているパンを見てあまりに自分の好みとかけ離れていたので食べなかったのだけれど、出された物は残さず食べる主義の連合いをして食べない程って言うのは相当なのだと思ってもいたんです。
 今回久しぶりのJAL利用でどうかなと思ったらなんだか凄い普通になっているではないですか。
 パンも以前のあのパンと呼べるのか?という代物から柔かしっとり目のパンに変わっているし。
 これ一番感じた変化かもしれない。
 野菜入りオムレツと生の果物、パン。
 初めて2食目完食した。
 もうあの冷たくてみっちりしていて食べる気になれないパンに戻らない事を願っています。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓機内食普通でも嬉しいわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
by etigoya13 | 2015-07-09 14:03 | 機内食 | Comments(2)
Commented by fleur de sel at 2016-01-10 01:01 x
もう本当にひと昔より昔の時代日本帰国アエロフロートが一番便利で何回も使用しました。現在はJAL パリからは日本直通でモスクワになどよりませんものね。その時代にはアエロフロートのお料理材料がそのまま出てきた感じの素朴なお料理でした。デサートは林檎そのままとかだったけれど本当のキャビアが出てきました。3歳にもならなかったキャビアが大好きで隣に座った中国人の女性がこんなものどうして美味しいのと下さって彼女二人分食べてしまったこと思い出します。弟の結婚式に出席するための飛行機の中でした。結婚式でも私のお料理は彼女がつまんでいて私はあやすだけで何も食べられなかったこと思い出します。彼女やはり現在グルメです。
即のコメント有難うございました。とっても嬉しく思いました。今年もどうぞ宜しくお願い致します。
Commented by etigoya13 at 2016-01-12 14:15
> fleur de selさん
コメント有り難うございます。
私はアエロフロートを利用したのは駐在してからなのでよく効かされるアエロフロートのひどい機内食というのは一度も経験が無いんですよ。
いまは他の航空会社と遜色無いと思います。
むしろ一時期のJALよりずっとアエロフロートの方が安定していたとすら思います。
ふふふ、小さいときからグルメだったんですね。
今年も宜しくお願いします。