米の粉の揚げもん簡単で嬉しい

d0170682_21001003.jpg
d0170682_00163472.jpg
 今日のおやつも「聞き書 ふるさとの家庭料理 第7巻 まんじゅう おやき おはぎ」農文協編の焼きおやつから「米の粉の揚げもん」を。
 紹介されている物は米粉と黒砂糖と塩ですが、今日は蕗味噌と砂糖と黒砂糖を入れて作ってみました。
 昨日は塩の代わりに醤油で作ったのだけれどどちらも美味しい。
 このおやつも凄く簡単で計り要らず。

 粉2:砂糖1を混ぜ生地が耳たぶ程度の柔らかさになる様に水を入れ捏ねたら焼くだけ。
 醤油や味噌は小匙1/2〜1弱程度入れてみました。

 これは思い立ったら直ぐに出来るので本当に便利。


 
d0170682_21001036.jpg


 本では月桃の葉に乗せ冷めたら切るとなっていますが、月桃は無いのでそのままがぶり。
 モッチリしていて所々蕗味噌が顔を出し自分好みの米の粉揚げもんとなりました。
 極弱火の鋳鉄鍋でもう少し厚めに焼いても美味しそう。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓秤要らずで思い立ったらすぐ出来るって有り難いわよねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
by etigoya13 | 2016-03-30 18:00 | 麺類/粉もの | Comments(2)
Commented by tigerbutter at 2016-04-18 16:32
はあああ!!
私もこの農文協シリーズだいすきです。
ナイスおやつワールドたまらんです〜

パン交換素敵です〜
しかしパンここんとこもずっと取り組んでたんですけど、恐ろしく安定しません。
うまくできるようになったらぜひ!
Commented by etigoya13 at 2016-04-19 11:46
> とらばたさん
いいですよね〜このシリーズ。
全ての巻が心に響くとはいかないので、しばらく図書館で借りて良かったら買うという方向でただいま熟読中。
粉の消費が進みますな。

パン。
私ライ麦は好みに焼き上がる様になったけれど、他が…すっかり忘れそうです。
お互い上手くいった時ぜひ!