黒豆入りパンいい表情に焼けた

d0170682_00161479.jpg


 今日はパンが食べたくなり久しぶりにパンを焼く。
 ロシアにいた時にロシア語のレシピ本で気になっていたパンや、フィンランドの料理雑誌に掲載されていて気になっていたパンがあったんです。
 それが、たまたま年末に図書館で借りていた本に同じような作り方が載っていました。
 そこで今回は「イェンセン家の北欧スタイルの暮らしと手作り」の焼き上がりを目標に手持ちの本を比べて作りやすく我が家ですぐに食べきれる分量で。
 紹介されていた写真がもうすごく美味しそうでたまらん。
 今回は御節の黒豆をたっぷり入れて。
 駐在中空焼きした鍋で焼くパンを試したことがあり、その時使用した鍋を使う予定だったんですが…日本で買ったオーブン小さかった。
 据え置き型のガスオーブンでカタログ上一番大きい物を購入したのだけれど、鍋が入らず別の小さい鍋で焼く。
 今回の生地量なら使用した鍋でいけるとわかりホッとした。
 でもこのパン用に空焼き大丈夫な鍋が欲しくなっちゃいました。



d0170682_00161539.jpg


 黒豆が悪くならないうちにとた〜っぷり入れたら生地に練り込むのが大変だったけど、どこを切っても黒豆みっちりで嬉しい。
 バターとよく合う♪
 

〜材料〜
強力粉       200g
ライ麦粉      50g
ドライイースト   小匙1弱
予備発酵用ぬるま湯 50ml
水         300ml
塩         小匙1/2
黒豆        1カップ分

〜作り方〜
・ぬるま湯にドライイーストを入れ予備発酵させる。
・ボウルへ粉と塩を図り入れ、予備発酵させたイースト液と水を加えヘラで混ぜる。
 粉っぽさがなくなり全体に水分が行きわたるまで。
・ボウルへシャワーキャップをかぶせ半日ほど寒いところへ置く。
・たっぷりの打粉(分量外の強力粉)をした台で発酵した生地に水気を切った黒豆を生地で包むように捏ねる丸く成形する。
・ボウルへ丸めなおした生地を入れぬれ布巾をかけ休ませる。
 2時間以上。
・300度に余熱したオーブンで蓋つきの鍋を空のまま入れ30分焼く。
・加熱した鍋へボウルの生地を入れ蓋をしオーブンへ戻して焼く。
 250度 25分
・蓋を外して焼く。
 250度 15分

*ロシアで作ったとも涼しいところ(日本でいう冷蔵庫並み)で発酵させていたので、暖房を使わない我が家は一番気温の低い玄関近くの廊下で発酵させています。
 暖房を使用している家では冷蔵庫で最初の発酵をさせてください。


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓捏ねる時間がほとんどなくて簡単ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。



[PR]
by etigoya13 | 2017-01-12 18:15 | パン | Comments(0)