のどかな景色で田舎蕎麦を楽しむ

d0170682_14430458.jpg



 昨日のお昼もお蕎麦だったので、Kさんが別のお店も提案してくれたのだけれど昨日喉を使いすぎたからか喉の両側が痛い上に車に乗っていると窓を開けないと酔いそうなほど体調今ひとつだったので、油を使っていないお蕎麦の方をお願いしました。
 体調今ひとつでもとても美味しくいただくことができ、お蕎麦にしてよかった。
 田舎蕎麦(10割蕎麦)は限定数量ということでしたが、まだあるということで注文。
 太くかみごたえあるこのお蕎麦、かおり食感共に今日の体にも染み入る美味しさでした♪
 「美味しくて安いのがいいですよね」と話した私に「そうかな?」とKさん。
 味と言う面で言えば東京のお店でももちろん蕎麦の実、蕎麦粉なとそれぞれ吟味し、手業で美味しいものを出すお店も多々あると思いますが…大抵少ないのですよ。
 だから食べた量に対して断然今回の網走旅行でいただいた蕎麦の方が多くて安いと思う。
 昨日は細め、今日は太めと食べ比べてみて私この太い蕎麦が好きなのねと発見も。
 香りがおおらかな花にも届きやすいのかも。



d0170682_14432799.jpg


 田舎蕎麦を頼むと漬物と小鉢というか煮物が出てきますがこの馬鈴薯を塩味で煮たものが北海道だから?と思わず言ってしまったほどほのかな塩味の向こうに馬鈴薯の甘みあり。
 北海道は小鉢の材料も新鮮だったり美味しい保存方法だったりで美味しいのでしょうね。
 こちらのお店は山葵が添えられていました。



d0170682_14432866.jpg


 室内から粉挽の水車を眺めるのがまたいいんですよね。
 入店した時は実際に挽いているわけではないのでただ水車がまわるだけになっていますが、ちょうど蕎麦またはキビを挽いていたら香りも楽しめそう。



d0170682_14432871.jpg


 なんでこんなに水車が回っている様子ってこんなに心和むのか。
 少しこの周りにいたら水が動くたびに涼やかな風も。
 今日は網走を出てからずっと日差し強くて暑いから気持ちがいい。



d0170682_14432862.jpg


 外観は道路に面していないので言われなければ私にはお店と気づけず。
 私たちが入った道とは逆から来ると水車が目印になりそうです。
 店内からは畑が見え牧歌的な景色が広がり北海道旅行満喫できるところが好き。
 靴を脱いで上がるので脱ぎやすい靴に履き替えればよかったかも。
 安全靴だったからねー。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓今日のお蕎麦満喫ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
by etigoya13 | 2017-06-18 13:42 | レストランなど | Comments(0)