2012年 12月 06日 ( 1 )

d0170682_19253154.jpg

 ピロシキやロシア風パイの生地となる基本のパン生地。幾つかの作り方があって、それぞれ出来たパン生地を使って何を作るかや何時使うかで使い分けています。

 今日はそんな発酵生地の中から比較的油分の高く捏ねる回数の少ない物を。
 この生地を使って作りたい物がパイっぽさがちょっとだけ有る思い出のパンだから。

 ロシアのレシピ本やサイトだと、粉は1回当たり1kg位は使う物が多いのだけど、我が家はそこまで1回にパン生地使わないので、少量にレシピを組み直してあります。

d0170682_19413951.jpg

 材料は油脂分多めのきじということでちょっとだけリッチ。
 卵もバターも使います。砂糖は少なめの配合ですが、この生地を菓子パンへ使う場合は、もう少し増やしてもその辺りはお好みで。


〜材料〜調理時間180分
強力粉      250g
牛乳       125ml
バター      60〜65g
砂糖       大匙1/2
岩塩       小匙1/4
卵        1個
ドライイースト  小匙1/2
(生イーストの場合)10g

タベラッテロシア式基本のパン生地 バター多めタイプ

日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村



d0170682_19445058.jpg↓ 人肌に温めた牛乳へ砂糖を入れて溶かしたところにイースト投入。
  今回はドライイーストを使っていますが、生イーストでも同じ作業をします。


d0170682_19462584.jpg↓ 予備発酵が済むとこんな感じで牛乳が盛り上がります。
  ここまでしっかり予備発酵してから次に進まないと、時々膨らみ悪いのよね。


d0170682_1951694.jpg↓ 溶かしバターに牛乳/卵/塩を入れて良く混ぜる。


d0170682_209196.jpg↓ 良く混ざった溶かしバターの上に粉の半量を入れる。


d0170682_20102471.jpg

↓ 粉を入れたら一旦ヘラ等でよく混ぜる。


d0170682_20125773.jpg↓ 良く混ぜた上から残りの粉を振る。


d0170682_20152673.jpg↓ さらに予備発酵させておいたイースト液も入れる。
  粉気が無くなるまでヘラ等で混ぜたら丸めておく。


d0170682_20173519.jpg↓ 最初はごつごつの表面で大丈夫。
  ボウルの上に塗れ布巾やラップ、シャワーキャップ等をかぶせて暖かいところで発酵。
  1次発酵。 約2倍に膨らむまで。


d0170682_2019114.jpg↓ 発酵が完了したところ。捏ねてはいないけれど、ふんわり網目状になっています。


d0170682_20222011.jpg↓ 1次発酵が完了した生地を良く捏ねる。
  表面が滑らかになったら丸め直してボウルへ。
  1次発酵同様にして、暖かいところで発酵。
  約2倍に膨らむまで。


d0170682_20232195.jpg

 
 つるんとしつつ、ふんわり膨らんだら完成。
 この後お好きな成形でパンにしたり、具を包んで焼いたり揚げたりしてピロシキに。更にはパイ生地としてお菓子にも惣菜にも幅広く使えますよ〜。

 あ、それでも残ったら生地は冷凍しちゃいましょう!日本のパンの様にふんわりと言う風には戻らないけれど、パイ生地として使ったり、そのまま油で焼いて粉糖をかけても美味しいんですよ。
[PR]