2017年 03月 26日 ( 2 )

d0170682_00111136.jpg



 今日は植物油と温かい料理を食べていいПост(ポスト/大斎:復活祭前の精進期間)の日にお薦めの ДРАНИКИ С ГРИБАМИ(ドラニキ ス グリバーミ/茸入り馬鈴薯パンケーキ)を作りました。
 精進期間の料理にも合うように材料は簡素に動物性のものを使用せずに作っています。
 そのため馬鈴薯の味や茸の味が決めて。
 今日は新じゃがを使用したのだけれど、とても甘くて美味しかった。
 干し茸はБелые грибы(ベールィエ グリブィ/ヤマドリダケ)を使用。
 生の茸を炒めても美味しいのだけれど、干した茸を使用したほうがより風味が濃厚で美味しいと思います。

〜材料〜2人分
馬鈴薯(拳大) 3個
玉葱小     1個
干した茸    一掴み
茸用塩     小匙1/3
馬鈴薯用塩   小匙1/3
胡椒      適宜
茸用植物油   大匙1
焼く用植物油  適宜



d0170682_00111212.jpg



 一番簡単なドラニキは生地を作ったら広げて両面を焼くだけだけれど、これは間に炒めた玉葱と茸を乗せ、上から生地を重ねて両面を焼くので少しだけ時間がかかります。
 精進期間以外なら間に肉を挟んでも。
 茸と馬鈴薯は相性いいから茸は特にオススメです。
 


d0170682_00111218.jpg


 私が焼くドラニキは卵や粉を入れるものもあるけれど、今回のように馬鈴薯だけに近い生地の場合馬鈴薯自身のデンプンでとろりとした部分とカリッと焼きあがった部分の両方が楽しめるのが好き。
 玉葱の甘みと濃厚な茸の旨みがまた馬鈴薯とよく合います。
 間に何も挟まないドラニキはこちらをどうぞ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓茸を挟んだドラニキも美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_01065799.jpg


〜材料〜
米    2合
新生姜  10㎝大2本
油揚げ  2枚
塩    小匙1/2
薄口醤油 大匙1
酒    大匙2
水    300ml強

〜作り方〜
・新生姜はみじん切り、油揚げは湯通しした後にみじん切りにしておく。
・米は洗ってざるに上げておく。
・鍋に米/生姜と油揚げを入れ、塩から水までをよく間わざわせたものを上から入れ火にかける。
・沸騰したらごく弱火にし蓋をして8分ほど。仕上げに3分強火にして焦げの香りがしてきたら火を止め蒸らす。
・10分蒸らしたらよく混ぜ合わせて完成です。

※油揚げは軽く焼き目が付くぐらいグリルで焼いた後にみじん切りにしても美味しいです。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓新生姜と揚げの炊き込みご飯も季節の味で美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]