d0170682_14063778.jpg


 ロシアにいたときは雑草のごとく生え大きくなるルバーブを買うことはなく、知り合いの庭から太いものを使うたびに2、3本分けてもらうことが多かったです。
 日本へ戻ったら価格の高さについ「また今度」となることが多いのだけれど、やっぱり食べたくなって有楽町のマルシェで売っていたものを買ってきました。



d0170682_14100306.jpg



 買ってきた半分は溶かしバターとりんごジュースも加えるケーキ生地へ刻み入れ焼いたしっとり重めのケーキに。
 全卵を泡立てたバターを入れないケーキは軽くて美味しいけれど、ルバーブの時はなぜだかバターや水分を入れたしっとりタイプのケーキが頭に思い浮かびます。
 この時はルバーブと苺を組合せて。
 このケーキを食べたあと次はタルトにと決めていたのだ。



d0170682_14063750.jpg


 赤い皮が美しいルバーブだったので皮は剥かずに細かく刻んで。
 生姜を入れたからもう少しスパイスも加えてみればよかったかな。
 砂糖とルバーブを和えただけだと焼いている間に水分が流れ出てしまうので、ポテトスターチとよく和えてからタルト生地に流し入れています。
 砂糖とルバーブは1:1より砂糖が少なくなるようにしています。
 この方法、ロシアの菓子パンにベリーを使う時にも使う方法ですが、あますことなく果汁を止めてくれる上にとろりとしたその食感がまたご馳走なのです。
 今回のタルト生地は粉だけ計量(130g)してあとは解凍済みバターの残り(80g)と冷水、塩ひとつまみで大雑把に作ったもの。
 サクサクで嬉しい。
 
 食べる時にマスカルポーネを添えて。
 コーヒーに良く合う。
 またルバーブ見かけたら買ってこよう。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓爽やかなルバーブの味は初夏にピッタリねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_15062561.jpg


 前回作ってもらったチキンライスが絶品だったので連れ合いにまた作ってもらう。
 今回もべたつかずパラリと仕上がり、油っぽさもなくどの具材もまとまって美味しい。
 ケチャップ味が苦手な私にはこの作り方のチキンライスだと美味しく食べることができて食べたくなる回数増えました。
 今日の具材は玉葱/マッシュルーム/ピーマン/グリンピース/鶏胸肉と腿肉
 味付けはケチャップ/トマトピューレ/塩胡椒
 私の好みの関係で我が家にはケチャップ買ったものは無く、ロシア国内線でついてくるケチャップの小袋を利用しています。
 これで十分だったりする。トマトピューレも小袋に分包されているものを愛用中。
 村にいた時は大匙2杯分程度の小さい缶が売っていたのでそちらを愛用していましたが、日本に戻って同じぐらいの量最初はなかなか見つからず、分包タイプを見つけてやっと使いやすくなったのを思い出します。
 
 前回同様に具を先にトマトピューレとケチャップでしっかり炒め水分をとばしてからご飯を合わせて炒めるこの作り方を応用したらナポリタンやオムライスもさらに好みのもの作ってくれそうです。
 2合のご飯で作ってもらったので明日のお昼も楽しみだなー。



d0170682_15062538.jpg


 連れ合いが得意な料理には手を出さないので私が作ったのは花咲蟹と野菜の味噌汁。
 これはこれで美味しかったのだけれど、チキンライスには負けるわ。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓美味しいチキンライスを作ってもらえてよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_13261819.jpg


 夕食は残り山菜天婦羅で天婦羅うどん、ワラビは酢の物にし、サラダで野菜を追加。
 ミニリーフのミックスは最近お気に入りのものが大入りでいつもの八百屋でならかなりお安く買えるので生野菜サラダの時は大抵それを使っています。
 きゅうりの短冊切りの下には人参1本が西洋おろし金でおろした状態で山になっています。
 その上に茹で鶏胸肉を割いて乗せ、上からすりごまと味噌、自家製マヨネーズとかんずりで作ったドレッシングをかけて。
 自家製マヨネーズは市販品に比べて酸味も塩味もかなり控えめにしてあるのでドレッシングのベースとして使う時味調整しやすく気に入っています。
 そろそろ真夏日間近な気温も出る季節、こういうたっぷり野菜とたんぱく質でお腹にしっかりたまるサラダが登場する頻度も高くなりそうです。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓茹で鶏作ってあると便利よねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_21160667.jpg



 土曜日に買った山菜で天婦羅を作る。
 ヤブレガサ/鳥足(コシアブラ)/たらの芽の3種類の山菜と蒟蒻。
 蒟蒻は精進料理を食べに行ったお寺でいただいたものが美味しかったので味付けしたものを衣をつけて。
 村で揚げたあと1度も天婦羅作っていなかったのでうまく揚げることができるかしら?と思ったけれど、なんとかなりました。
 明日は残った天婦羅で天婦羅うどんにしよう。



d0170682_21160732.jpg


 揚げる前の山菜。
 この鳥足の大きさだと天婦羅にしても香り高くてちょうどよかった。
 ヤブレガサは初めて天婦羅にしてみたのだけれど、こちらお鳥足とはまた違う香りでお店のお姉さんの言う通りだった。
 たらの芽はマルシェで購入したものよりも散歩途中の八百屋で購入した小ぶりなものの方が好みだった。
 やっぱり大きさも重要だわ。

 

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓天婦羅久しぶりでも揚がってよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_20570990.jpg



 昨日有楽町のマルシェで色々山菜を購入したので今日は山菜ごはん。
 山菜ってそれぞれ味わいや食感が違ってこの時期ならではなのでせっせと食べています。
 連れ合いは結構長かった主張中でまだほとんど山菜食べていなかったのでここぞとばかりたっぷりね。
 色合い緑ばかりなのでトマトを添えて。



d0170682_20570922.jpg


 行者にんにくはしいたけと卵を加えて炒める。
 味付け塩のみ。
 今回購入した行者にんにくは香りは弱いけれど甘みは強かった。



d0170682_20571037.jpg


 鳥足(コシアブラ)は私の大好物で胡麻和え。
 連れ合いもこの独特の香り気に入ったみたい。
 昨年も調理したんだけどなー。
 


d0170682_20571058.jpg


 蕨は味み程度に少量ですが、燻製正油と鰹節で。
 蕨に重曹をふり、上から熱湯をかけて一晩おいたものを水洗いして切ったもの。
 この滑りと歯ざわりがたまらない。



d0170682_20571068.jpg


 酢味噌和えを予定していたうるい。
 葉を1枚味見したらそのままでも甘さとほんの少しの苦味、が美味しくてじゃこを乗せただけ。
 十分美味しい。
 マルシェに出店しているお店2カ所で山菜を購入したのだけれど、2カ所目のうるいが大きすぎず新鮮で良さげと買ったら大当たりだった。



d0170682_20571016.jpg
 


 つるむらさきは茹でて醤油とみりんベースの胡麻和えに。
 醤油と味醂久しぶり。
 つるむらさきの香りと粘りやっぱり好き。

 来週も山菜たくさん出ているといいなー。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。




[PR]