d0170682_20263541.jpg

 今日の夕食。〆鯖を使った料理の中の檸檬を挟んで焼いた物はFleur de selさんのブログで見かけた鯖づくしの料理の中から。
 これは美味しかった。今回〆鯖の味が強すぎたので、むしろ軽く塩しただけの物で作っても良いかも。
 村で今手に入る鯖は脂の乗りっぷりが良いので、この食べ方だとさっぱりしていて更に美味しい。

 もう一つは五香粉をつけて。これも美味しかったなー。でも今度はどちらか1個でいいね。食べ過ぎた。苦笑

 そして、魚の奥に見えているのが今お気に入りのキャベツ餅。
 「別冊暮らしの手帖 野菜のアイデア手帖」p33掲載の品。この本随分前に買ったのだけど、その時々でヒットする料理が変わるので時おり開いては今の気分にぴったりな1品を見つけて楽しんでいます。
 キャベツと油をあえて弱火で炒めその上でお餅も柔らかくすると言う凄い簡単な料理。仕上の醤油ぽっちりと七味で凄く好きな味。
 連れ合いも難なく気に入って、次ぎの一時帰国の時はお餅買ってこなきゃかな。

 この他ひじきまぜ寿司や白和え、お吸い物付き。ちょっぴり和風な夕食でした。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_2014085.jpg

 秋刀魚姿寿司。年末に冷凍秋刀魚が入荷した時に買い溜めしてある秋刀魚を使って。
 冷凍物だけど、同じ冷凍物の鯖で〆鯖作って食べるし、秋刀魚でもやってみようと2匹開いて〆ておいたもの。
 鯖より時間短めなので塩も酢もいい具合。
 がしかし、大体作り方も調べずとりあえず〆た魚ですし飯を包んで巻いて一晩置けば出来るかしら?とっても大ざっぱな作り方なのでヒレのとこの骨とか凄く食感に影響大だった。
 〆鯖は薄皮剥いてから食べるけれど、こういう姿寿司の時はどうするんだ…とちらっと思ったけど薄皮剥くの面倒でそのまま。
 うーん皮の食感が邪魔だったかも。

d0170682_20185239.jpg

 こちら断面。脂の乗りっぷりも良く、味もなかなか良い具合に〆たんだけど酢飯が…柔らかすぎた。
 最近酢飯のときどうも柔らかく炊き上げてしまう連れ合い。今度は浸水無しですぐ炊く固めごはんで酢飯をお願いする。 
 …忘れなければ。

 秋刀魚また入荷しなくなってしまったから、残りは別の食べ方にまわすので、次に見つける時までに姿寿司の作り方調べておこう〜。
 
 今回の姿寿司、味は良いけれど食感に難ありで成功:失敗5:5と言う感じだった。苦笑




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_19564263.jpg

 mixiで見かけて作りたいと思っていたパンケーキ作ってみました。と言っても普段作っているパンケーキの水分部分を温めた牛乳へ檸檬果汁を加えてしばらく置いて出来掛けカッテージチーズになった物を使うと言うだけです。
 色々な水分を使えるうちの一つという手軽さだったので丁度日曜日のおやつに。
 確かにふんわり感が何時もより強い。これはこれで美味しく気にいりました。食事というよりデザート感覚で食べる時に使えそう。
 今日はチョコレートと生クリームを鍋に入れ、湯煎でと化した物へコニャックを入れたチョコソース、バナナ、生クリームを添えて。
 こうやって食べる時はバッチリ。

〜今日の配合〜
強力粉       200g
牛乳        200ml
檸檬果汁      小匙2
砂糖        大匙1
塩         小匙1/4
ベーキングパウダー 小匙11/2
溶かしバター    大匙1


 薄力粉は手に入らないのでいつも強力粉や他の粉で。問題無く美味しいし食感だって柔らかく仕上がるので何時だってパンケーキは我が家で大人気。
 あっという間に無くなります。




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_1721556.jpg

 イルクーツクへ到着、ホテルへチェックイン後珍しくレストランで昼食。バイカルビジネスセンター内にあるレストランへ。
 別にこちらが美味しいとかいう理由ではなく、この後立ち寄る場所の近くだからという安易な選択によって。
 そしてこちらのレストランでスープを見た時にしみじみと、「ああ、ロシアに今いるんだな」って実感。
 なんでこんなにニョロニョロとスープにマヨネーズを絞るんだか。
 言い忘れた、マヨネーズ抜きにしてって。
 
d0170682_17281194.jpg

 お昼はビジネスランチと言う名前で決まった料理から選択していくコース仕立て。
 まずはサラダから。サラダは2種類から選択。
 こちらは烏賊と茹で卵のマヨネーズ和え。村と同じでイルクーツクもメチャクチャ内陸で海から遠い地域ですが、この烏賊のサラダはかなりの定番です。
 村でも宴席料理と言えば大体1種類はサラダがこれになる位内陸のロシア人にも受け入れられているサラダ。
 これ結構好きなんです。
 味つけもマヨネーズだけで大蒜等無しシンプルな物です。

d0170682_17304429.jpg

 もう1種類は豆サラダ。
 こちらも豆をベースにハムとマヨネーズ和え。黒胡椒を効かせて。豆がほくほくに煮えていてなかなか美味しかった。
 でも両方マヨベースにしなくても良いんじゃ?と思うんだけど、マヨラー天国ロシアじゃこれが安心の味なのかも。

d0170682_17325235.jpg

 スープの前にパンが出て来ました。こういう時は黒パンが一番美味しいかも。苦笑
 プチパンのうち一つはチーズパンでチーズにより何とかなっていたと言う感じで、もう片方は凄くぱさぱさではっきり言って不味かった。

d0170682_17362912.jpg

 冒頭のスープはサリャンカ?ラッソリーニク?というどっち付かずと言うか合わせ技的スープ。
 スープ自体はロシアらしく好きなのだけどこの邪魔なマヨネーズの膜がね足を引っ張っています。
 具のプチプチした食感になる麦が特に好き。
 赤いのはトマトの色で辛みはありません。

d0170682_1740021.jpg

 メインは2種類から選択。
 こちらは野菜の煮込みの上に鶏胸肉。ホワイトソース掛け。
 こちらのお店サラダ→スープ→メインと味が薄くなっていくような。
 特にこちらの鶏肉は肉には味つけがされていないので、ホワイトソースや下の野菜の煮込み、お皿に散らしてあるジェノベーゼペストとあわせないと味無し。
 お肉は柔らかくしっとりに仕上がっているけれど、野菜の煮込みだけでもホワイトソースだけでも味がかなり弱く、ペストが無いと締まりがない。
 だけどペストは少ないんですよねこれが。
 塩の塩梅が良ければかなり美味しい料理だったと思うに残念。

d0170682_17445316.jpg

 もう1品は野菜のショートパスタ。
 ネジが切りタイプのパスタに野菜の具なのだけど、これが…機内食より柔らかいパスタで珍しく連れ合いが残した一品。
 基本的に目の前の物は残さず食べろ教育を受けて来た連れ合いはかなり不味くても残すことは無いんですけどね。これは頂けなかったらしい。
 味が薄いのは肉と同じで、更にパスタが茹でておいてある物だけにもう劇的に不味い。これ売れてるのかな?
 まあロシアの付け合わせ定番マカロニは柔らかい物が多いからこの辺りのロシア人には大丈夫なのかも。

d0170682_17544116.jpg

 デザートの2種類から選択ですが、今日はスフレが売り切れと言う事でチョコクロワッサン。
 これが一番美味しかったかも。苦笑
 クロパッさんはほぼ冷めかけでしたが、中のチョコがまだ熱々で甘過ぎずビターなところがかなり気に入ったかも。
 この後コーヒーか紅茶が付きます。さすが都会、コーヒーと言ってインスタントということはなかった。

 こちらのお店味つけの塩梅がやや問題有り。濃い物は濃すぎて薄い物は味が足りなすぎて。中庸というかビシッと決めて欲しい。
 お金獲るんだからさー。
 あ、でもビジネスランチは都市部で食べる考えるとやはり安いからこんなものかも。
 
 最後に時間が限られるビジネスシーンで使う人等にはかなり早く料理が出て来て基本待たないのでいいかも。
 ビジネスランチ以外を以前頼んだら恐ろしく待たされました。それもパスタ1品なのに。苦笑





日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_16562976.jpg


d0170682_1751953.jpg モスクワ→イルクーツク線S7の機内食。
 箱の在庫がかなりあったんでしょうか?12月27日の映画だかドラマの宣伝バージョンでした。汗
 国内線我が家が利用する路線は機内食1回。まあ丁度利用している路線の搭乗時間から考えると、例え軽食があっても着陸した頃起きるなんている時間なので良いんですけどね。
 
 最寄り国内線空港からモスクワ便とまた微妙に内容が違います。
 こちらはハム/チーズ/生野菜が一つに入っていてさらに無駄を排除。
 パンやケーキは大差無し。

d0170682_176555.jpg

 メインは2種類から選択。
 こちらは魚。パンガシウスは機内職務機だと思う脂がノっているからプリプリフワフワで比較的どんな味つけにも合うし。
 鱈のぱさついた物に衣が付いている料理なんかよりかなり良い仕上りです。
 添えてあるお米は長粒米ですが、パラリと美味しい炊き上がり。カレー味かと思いきや良くわからなかった。汗

d0170682_17105713.jpg

 もう1種類は鶏肉。
 鶏胸肉のクリーム味。もっとぱさついていたり固くなっているかと思った胸肉が凄く柔らかくて逆に拍子抜けしてしまった。笑
 味は優しいクリーム味で子供に特に受けが良さそうな味だったな。

 と一応乾燥はつけてみたけれど、ほとんど眠気と戦いながらかろうじて食べたと言う状態なのがモスクワから村方面へ飛ぶ時の常。
 もう一層の事空港でしっかり食べておいて機内では爆睡するのも手かも。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_16956100.jpg

 一時帰国も終わり、お昼に機上の人となりました。復路もフィンエアー。やはり機内食変わっていた。
 まずはなんと枝豆がソフトドリンクとともに運ばれて来ましたよ。
 周りの人は最初からビールとか選んでいたりしてなかなか日本通?笑
 この枝豆やや塩気強く感じましたが、ごく普通の枝豆と言う味で美味しかった。歯ごたえよし。

d0170682_16154992.jpg

 続いてやって来たお昼。変化ありますね〜この時点で。常々要らないのでは?と思っていた茶蕎麦というなの麺類が消えた。
 あれって蕎麦の味しないしくっ付いていて既に麺じゃなくて面になっていて美味しく無い事この上なかったからいつも不思議だったんです。何であれをよりによって日本発の食事につけているのかと。
 まだこれが日本着の時ならこれから行く国の食事って判るけど。
 
d0170682_16191262.jpg


d0170682_16234431.jpg メイン1は海老フライ丼。
 天丼じゃなくてフライなれど、味つけは天丼風。
 断面を見ると小振りなエビが予想よりは多く入っていたけれど、周りはすり身なのか小麦粉なのか…タレの味が甘すぎて判別する舌はすっかり麻痺していました。汗
 これタルタルソース付きでパンに挟んだ方が美味しい様な気がしないでもない。まあ好みの問題だけど。

d0170682_16274525.jpg

 メインもう一つはハッシュドビーフ。これ味濃すぎず肉が筋ばかりで固いと言う事も無く適度な歯ごたえに味つけで美味しかったです。
 逆に言えば機内食としては味つけ控えめだから濃い味が好きな人には物足りないかも。

d0170682_16385566.jpg

 こちらはサラダ。ポテトサラダに玉葱が入っていたらやだなーと思いつつ食べてみたら大丈夫で一安心。
 最近生玉葱とお腹の相性が異常に悪くて直ぐにトイレと友達になっちゃうからね。ついマヨネーズ系のサラダは香を確認して食べる癖がつきつつあります。
 ハムはロシア国内線の機内食の方が美味しいかも。

 それにしても、往路復路ともにメインはそれぞれ違う物にしたのに口では違う物を良いながら2人に同じ物が…。
 どちらも直ぐに交換してもらったんだけど、折角前の方に座っていて選択肢があるとき位選んだものちゃんと食べたいわ。

d0170682_164112100.jpg

 こちらは到着直前の軽食。
 フィンエアーの軽食は好みの物が多い中、今回はペンネ。焼うどんやチャーハンも良かったけど、このペンネがまた以前離陸してすぐの食事で出てきていた物より美味しかった。
 珍しくペンネの歯ごたえが柔柔じゃなかったんですよ。アルデンテとまでは行かないけれど、かなり良い感じに歯ごたえが残っていました。
 味つけも機内食としては優秀だと思う。

 そうそう、今回はエコノミー席後方に設置されるドリンクバーに置いてある食べ物に枝豆が結構残っていて、更に追加で枝豆食べることが出来て嬉しかった。

 日本で食べ過ぎているので、この後は少し絞りながら村まで移動しなければ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_3554827.jpg

 4日にも行った日本橋墨之栄へ再度訪問。前回の記事はこちら
 一時帰国中に同じ店に2度行ったのはジンギスカンの霧島に続いて2回目となりました。苦笑
 今日は私の両親と一緒に。
 相変わらず女将が笑顔で出迎えてくれます。さすがに短期間だったからか覚えていました私の事。
 本日のお薦めからなめろうを注文して1杯やっていた両親に合流。続けて頼んであったと言う酒の肴が種類セットになった物も出て来たところでした。
 
d0170682_402523.jpg

 こちらは酒粕とチーズが春巻きの皮で巻かれてあげてあるもの。味噌も入ってたかな?これなかなか美味しくて、両親も美味しいと気にいっていた程。
 発酵もの同士相性がいいのかも。
 前回頼みたかったんだけど、揚げ物が続いてしまいそうだったのであきらめていたんです。

d0170682_424673.jpg

 私が頼んだお酒は天狗舞3種類飲み比べ。絞りたて(だったかな?)と薄濁りと古々古酒の3種類。右から順番になっています。
 右から左へ辛口になっていて、同じ蔵のお酒の変化が楽しめるので好き。
 好みは薄濁り→古々古酒→絞りたて(だったかな?)。日本酒の古酒って最近色々な物が出て煎るけれど、やはりうっすら色付くんだなと再確認。でもこちらの物は余り香は付いていなかったかも。

d0170682_494161.jpg

 続いて九条葱入り出し巻き卵。熱々が美味しい。

d0170682_4102456.jpg

 ここで何やら頼んでいないものが出て来たと目を点にしていたら、お姉さんが説明してくれてなめろうで残った骨をカラッと揚げて骨煎餅にして出してくれました。
 これがまた旨かった〜。

d0170682_4131840.jpg

 日光で食べることが出来なかった刺身湯葉をここで。笑
 トロリと大豆の味が美味しい。
 大豆ロシアではなかなか見かけないんですよ。というか私はまだロシアで乾燥大豆見た事が無いかも。それなのに、生の大豆を粉にしたきな粉みたいな物は手に入るって不思議だ。

d0170682_4165818.jpg

 父が頼んだ白菜と春菊のサラダ。これが結構暈はあって、胡麻風味のドレッシングが良く合っていた。
 白菜が甘く、春菊が香高く。味つけも色々変化させて楽しめそうなサラダでした。

d0170682_419662.jpg

 揚げ出し豆腐の青のりあん掛け。魚金の青のり豆腐揚げ出し版。
 これは魚金の物より更に好みかも〜。白いご飯に残った餡をかけても良さそう。

d0170682_4205438.jpg

 この辺りから食事モードに。鰤大根。
 こちらのお店の煮付けは煮付けとしては結構あっさりめ。とはいえ、やはり甘辛い味つけは白いご飯にぴったりなんですよね。
 今回はつい土鍋ご飯を頼んでしまったから白いご飯とは適わなかったけど。
 この後直ぐにはらすといくらの土鍋ご飯も出て来ました。土鍋ご飯は小さめなので4人だと軽く1膳ずつという量。
 これなら白いご飯を軽く装ってもらっても良かったかもと思った時には既にぶり大根葉お腹の中だった。

d0170682_4241243.jpg


d0170682_4252883.jpg 本日の原始焼きに選んだのは天然の寒ブリ頭。
 焼かれっぷりも迫力。汗
 食べきれるかいな?とちょっぴり不安もよぎったけれど何とか全てお腹におさまりました。
 前回のヒラメの頭煮付けも食べれど食べれど身が残っていたけれど、鰤もまたしかり。しかし美味しかった。
 粗目の大根おろしと一緒に脂の乗った鰤を頂くって言うのは贅沢ですな。

 デザートは前回と同じ酒粕アイスヨーグルト酒添えで。酒粕アイス村へ戻ったら作ってみようかな。

 結局今回もほぼ閉店まで。連休明けだって言うのに、我が家より更に遅くまで飲んでいた強者もちらほら。
 やっぱりこのお店、三越前界隈では遅くまで使い易いお店だと思う。居心地良いし駅近だし。




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_361387.jpg

 グルマンズ和牛でしっかり朝食を食べた後だけど、やっぱり日光に来たからには湯沢屋の酒饅頭とか色々かって列車へ乗り込みました。
 そんな色々買った中で今回初めての購入となったのがこちら。
 湯沢屋製「湯葉菓子入りあんみつ」
 紅白は酒饅頭の皮だけの物、他に海老屋製湯葉煎餅とふじや製味噌入り湯葉が特徴です。
 漉し餡も程よい甘さでこちらのあんみつ好きかも。
 ふじや製味噌入り湯葉は私の大好物ですが、海老屋製の湯葉煎餅は考えてみれば食べてみた事が無かった。
 次回は海老屋で湯葉のお菓子買ってみようかな何て言う気に。(すぐ影響される)
 1個450円 何と昨日から発売の新商品でした〜。

湯沢屋
栃木県日光市下鉢石街946
電話 0288-54-0038


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_213210.jpg

 お昼を食べた後、酒蔵で買物をしたりして東武日光駅へ移動。
 今夜の宿となるグルマンズ和牛の宿の方へ到着。1時間程ゆっくりした後、夕食となりました。
 
d0170682_2153919.jpg

 レストランの方へ入り、メニューをそれぞれ決めて待っているとお店からフルーツの盛り合わせをサービスして頂きました。
 日本の果物は大粒甘いというのを極めようとする姿勢は本当に凄いですねー。
 村では真夏限定のメロンや苺がまぶしい。
 
 コースはどうやったらあんな細切りになるのだろうか?という胡瓜が浮かんだコンソメから始まります。
 体にすーっと染み込むスッキリとしたコンソメが好き。

d0170682_219520.jpg


d0170682_2214886.jpg 前菜はまだ正式に料理名が付いていないと言う炙った肉で海老芋を巻いた物とタン。
 どちらも肉は味を付けて炙ってあるのでソース等掛かっていませんがそのままで美味しい味つけに仕上がっています。
 今回のこの前菜是非是非定番になって欲しい。味を付けて炙った肉と海老芋が凄く私好み。これだけお変わりしたい位。笑
 
d0170682_2363480.jpg

 本日のサラダは大根と胡瓜にデコポンだったかな?柑橘類を使ったもの。大根と胡瓜は塩でさっとつけてあるもの。
 これもいつもの甘めドレッシングが掛かった物より実は好き。
 大根と胡瓜は歯ごたえが残りつつ薄ら塩味がつく程度につけてあります。ドレッシング代わりは柑橘類の果汁で。
 さっぱりしていて、次に控えている肉へうつる前に口の中がさっぱりする感じ。
 
 この後、ステーキ、焼き飯(胡瓜の浅漬けピクルス付き)と続きます。
 この辺りは毎回同じなので以前の記事を参考にそうぞ。

d0170682_242752.jpg

 最後にクレープ(中にカスタード入り)に洋酒をかけて頂く物が出て来てコーヒーや紅茶等に続きお茶が出て来てコースが終ります。
 ランチはこのデザートがアイス等に変わります。

 今回はお店の方と話が弾み過ぎ、珍しく美味しいな〜とすぐに感想が口を出た赤ワインを記録し忘れました。汗
 滅多に無いのに…。

 見た目ではお肉から後の料理は変化が有りませんが、前菜とサラダは季節ごとに趣向が凝らされているので、何時行ってもその時なりの楽しみが有ります。
 宿泊費(12,600円〜)には夜のコースの一番基本となる5,000円分の金額が含まれているので、選ぶコースに依って追加料金を最後に払えば他のコースを楽しむ事が出来ます。
 近隣に宿泊してレストランだけ利用する事を考えれば、和牛に宿泊して追加料金でもさほど高いわけではないので、飲酒運転の心配やタクシーでの移動をしなくて済む分宿泊がお得かも。
 
グルマンズ和牛
栃木県日光市所野1541-297
電話 0288-53-3232
11:30~14:00(L.O)
17:30~19:30(L.O)
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)

東武日光駅からはバスで霧降高原方面「丸美」下車
車がない場合、緩やかな登りが続くので慣れないとかなり遠く感じる距離。
タクシー利用でお店までがお薦め。




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_192689.jpg

 日光に行く時にかなりの確率でセットになっているお店へ久しぶりに行って来ました。
 「けっこう漬け本舗森友バイパス店
 東武鉄道下今市駅からのんびり歩いて行きましたが、普通は皆さん車でいらっしゃいます。(中途半端に遠い上に途中目玉となる物が少ないしね)
 こちらのお店、祖父母が存命中は遊びに行く度にほぼ毎回通っていた思い出の店です。結局今では我が家の日光での定番食事何処路の一つとなっています。
 団体客も可な奥に広い作りですが、こちらのお店何時行っても大家族や親戚が遊びに来たから〜なんていう地元の人で凄い混んでるんですよ。
 座敷とテーブル席の両方有り。

 近所に有る日光ろばた漬本舗森友店の方が建物立派で団体客が多いようですが、こちらもぜひ見落とさず立ち寄って頂きたいお店です。
 連休中お昼直後ということで、一回転した後と言うタイミングでの到着となりました。

d0170682_120167.jpg

 突き出しはけっこう漬けが出て来るのですが、アルコールを頼むと、更に昆布の煮た物が出て来ます。
 実はこれがお目当ての一つ。
 そば屋の使うだし昆布ですからね、本当に美味しい。薄味で煮てあって昆布の味と程よい歯切れがたまらない一品。

d0170682_124592.jpg

 こちらはお味噌が美味しい田楽。蒟蒻ももちろん美味しい。
 それにしても、本当はこの他けっこう餅とか芋串等同じお味噌を使った物を頼みたかったのだけど、何とどちらも売り切れ。涙
 ああ、今回は売り切れだった物とうどんを食べたかったんだけどうどんしか適いませんでした。
  
 こちらのお店の蒟蒻もお餅もとても美味しいし、芋串もシーズンのみで夏場は売らないという姿勢が好きなのに。
 そしてこの焼き物系は炉端で炭火焼だから家ではなかなか出ない焼き上がりで大好きなんです。炭火焼は他に岩魚や鮎有り。今回は夕食がメインなので軽めのお昼と言う事も有り魚は頼まず。
 次回こそ早めに言ってぜひ食べたい物です。

d0170682_1403034.jpg


d0170682_142306.jpg 今回のお目当てはこちら「ちたけうどん/そば」。
 ちたけはとても香が高くて凄く好き。仲間のキノコは村近隣にも生えているのに、肝心のチタケは無いのが残念。
 茄子と一緒に温かい汁となって出て来ます。うどんか蕎麦はお好みで選択。
 こちらのうどんや蕎麦は地粉を使って手打ちされていてどちらも美味しいのだけど、どういうわけか私はこのちたけの汁の時はうどんにしちゃうんです。
 
 うどんですが最後にはそば湯を出して頂けるので、汁を最後まで堪能出来るところも好き。

d0170682_1472120.jpg

 連れ合いは別の物で蕎麦をとけんちん蕎麦を頼みました。
 こちらのけんちんは味噌仕立て。温かいそばを食べない私ですが、ちょっと味見。次ぎはけんちんうどんにしようかなと思う程好みの味。
 ごろっと大きい野菜がまたロシアの村から来た私たちには凄く嬉しいメニューだった。牛蒡なんて勢良くはみ出してますよ。笑
 味噌は甘めで白味噌のような味わい。けんちん汁というと醤油仕立てがイメージなのでちょっと趣向の違うけんちんで冬に温まる味わいです。

 そうそう、今回は刺身湯葉も売り切れだった。やっぱりお昼ちょっと早めに入店しないと駄目だわ〜。

 けっこう漬けのお店なので、入って右手は試食可能なけっこう漬けを始めお土産品コーナーに。左手が食事何処路となっています。
 手打ちうどん/蕎麦、店でくみ上げる湯葉に炉端で焼く焼き物、天ぷら等もおいしいのでお薦めです。

 お店の中も外も鉄道ファンには楽しめる物が色々飾ってあるので、そちらの趣味の方にもお薦めかも。
 トイレは建物内と外の2カ所。団体利用可と言う事も有り、外のトイレは比較的大きめ。

けっこう漬本舗森友バイパス店
栃木県日光市森友838-1
電話 0288-22-9191
8:30~19:00
定休日 元旦



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]