d0170682_23263246.jpg


d0170682_23272727.jpg  このところ、ブログをウロウロしていて粉ものを続けて見てしまい、1人分って作った事無いなと思いつつ、ブリヌイを一枚焼いてガレット風に折ってみようと作ってみました。
 1人分だと卵1個は多いわね。ブリヌイがブリヌイと言うより卵焼きに近かった。苦笑
 中には玉葱のコンフィ風にした物を入れてチーズと卵を乗せて。
 初めてガレットなる食べ物を神楽坂のお店で頂いた時、お店の人お薦めが「シードルで作ったタマネギのコンフィ」というものだったのです。
 それがまた美味しかったと思い出し玉葱を薄切りにしてシードルなんてものは手に入らないので、白ワインで煮る時に西洋おろし金でおろした林檎も加えて一緒に煮詰めたもの。
 チーズと良く合って美味しい。
 次回はそば粉入りブリヌイで作ってみよう〜。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_13332985.jpg


d0170682_1334453.jpg  ホフロマ塗り図案でパケ買いしたインスタントマッシュポテト。
 Роллтон(ロールトン)というメーカーのСало с чесноком(サーラ ス チェスノーコーム/豚脂身塩漬けと大蒜)味。
 この味つけは某料理番組でシベリア風何て言われて紹介されていた馬鈴薯炒めなんかの味つけで、確かに村では超が付く程定番の味つけなんです。
 パケ買いだけでなく味つけ買いと言う感じもあるかも。 
 そしてロールトンと言うメーカーが我が家では高評価のインスタント食品を作っているメーカーと言う事も有り期待が高まります。
 お値段25руб(約84円)

d0170682_13421273.jpg

 開けるとこんな感じ。
 四角く見えるのがどうやらサーラ。
 この時点で確かに大蒜しっかり薫っています。
 お湯を入れて待つ事3分。こういうお湯を入れるだけマッシュポテトとしてはかなり好み無し上がり。
 滑らかで味の混ざり具合も簡単に混ざりました。
 村で買うマッシュポテトのインスタント品って時々容器の形状か底の方に味つけが固まったまま何て言う事がありますが、これは大丈夫だった。
 味は結構名前に忠実。サーラの風味もちゃんと有り。これはちょっとした小腹満たしとか列車で移動のときの軽食にいいかも。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_1344022.jpg

 このところ体調不良の私に合わせてさっぱりとか柔らかい物ばかりの上におかずも無かった健康体の連れ合いにがっつり食べてもらおうと土曜日ですがお弁当作りました。
 乾物のおかげで村でも和な感じの献立に。

〜献立〜
かやくごはん
鯖味噌煮
人参と湯葉のしりしり
ピーマンと胡瓜の塩昆布和え
みそ汁
林檎


 かやくご飯には干筍/干し椎茸/乾燥シラタキ/ひじきを使っていて、乾物ではないけれど常温保存可能な松山揚げも入っています。
 村で買った食材で入っているのは人参だけだわ。
 充実の和な味わい。久しぶりに米粒に近い大きさに具材も切って使用しています。
 頂き物のアゴダシ(塩入り)と粉末にした本枯れ節、醤油と味を見て塩をほんの少し加えて炊き上げ。
 
 おかずの鯖味噌にはこれさえ入れておけば期限がいいと言う連れ合い向け最強料理。一昨日開封した2年ものひよこ豆味噌と黒砂糖。
 水分は白ワインと赤ワイン半半で水は使っていません。日本だったら日本酒だけで煮る感じですね。
 魚が柔らかいまま仕上がるし、青み魚の香がまろやかになります。

 人参シリシリに卵に代えて湯葉を。これも乾物。買って来て別の料理に使いたかったのだけど、いた湯葉がほぼ粉々に割れていたので予定変更でこういう風にしてみました。
 味見したけれど、まだ私には炒め物早かったみたいで味が良くわからなかった。苦笑

 さっぱりした口直しにさっと湯通ししたピーマンと胡瓜を塩昆布&酢で和えた物を。これは野菜が甘く感じられて塩昆布の仕様量を控えめにしても昆布の旨味も加わって満足度が高いので好きな箸休め。
 
 この他即席の豚汁と林檎。これだけ有ればガッツリ食べた気になるはず。


 

日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_1194845.jpg

 良い表情。
 ライ麦100%パン、10回(1回に2個)程焼いてだいたい毎回こういう表情に焼き上がる様になりました。
 
 酸味/ライ麦粉の独特の風味と甘味/食感共に本当に回数を焼く毎に美味しくなるのが嬉しい、楽しい。

d0170682_1225954.jpg


d0170682_126066.jpg  何とか毎回ロシア人にも好評な黒パンが焼ける様になったので先生を紹介。
 去年6月にホームステイした際のホストファーザー トンミが先生。
 現在は違う仕事に就かれていますが、以前ベーカリーで働いていたのだとか。
 ホームステイを企画したKippisさんから事前に「彼の作る黒パンは絶品だ」と聞いていたのでぜひとも習いたかったんです。
 ただね、焼く前までに数日掛かったり、焼くのも1時間は掛かるのでちゃんと全ての行程を習えるかちょっと不安だったのだけど大丈夫でした。
 直接生地状態を確認しながら(目視、感触、香、音等)教わる事が出来るって言うのが良かった。
 最終日にこれだけは忘れずに荷物へ入れて持って帰って来たトンミのパン生地(種)。
 これを元にロシアでロシアのライ麦粉で作り始めて固定ファンがいる程美味しいのが嬉しい。

 慣れると日数は掛かるけれど、捏ねるのも見極めもふんわり手捏ねパンより実は楽かもと思う今日この頃です。
 
 ああ、トンミやホストマザーのリッカーにもっと色々料理やパン教わりたかったな〜。




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

作り方
[PR]
d0170682_17295767.jpg

 今年は3月11日から17日までМасленица(マースレニッツァ/大斎前週・バター祭り・謝肉祭)で色々なБлин(ブリヌイ/ロシア風クレープ・パンケーキ)を作ったり人様のお宅で頂いたりしました。
 そんな中、今年初めて焼いた馬鈴薯入りブリヌイがなかなか気にいりました。
 イースト発酵物/芸術家さん宅風卵多めふくらし粉無しタイプと共に定番にしたいくらい。


d0170682_1820433.jpg 元のレシピはこちらのペーパーブック。
 マースレニッツァについて色々書かれている本で、最後の方がブリヌイにあてられていました。
 そのままのレシピだと私には重曹の味がかなり強かったので、全体的に分量を少し調整して自分好みにしてあります。 
 本では溶かしバターとイクラでなんてなっていましたが、我が家はそのままやスメタナ+蜂蜜などほとんどパンケーキの様な感じで頂きました。
 だって、これ、結構厚みの有る焼き上がりで私の中ではパンケーキのくくりに入れてもいい仕上りだったから。笑

〜材料(30枚前後)〜調理時間60分
馬鈴薯ピューレ    1カップ
(ピューレのない場合)
馬鈴薯大       1個
牛乳         500ml
ヨーグルト
(又は檸檬果汁)   大匙2〜3
強力粉        300ml容量分
重曹         小匙2/3
塩          小匙1/4
砂糖         大匙1
生地用植物油     大匙2
焼く用油       適宜

生地の中の砂糖はお好みで入れても入れなくても。

タベラッテБлин пшные ふかふかのブリヌイ

 焼きたてはふんわり、翌日はしっとりモッチリ柔らかなブリヌイです。

過去記事
Блиныブリヌイ スイッチ入った
マスーリニッツァ初日はブリヌイを


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_16214491.jpg

 芸術家さん宅で作業中にいい香が漂って来て思わず意識が香の方へ。
 その日のお孫ちゃん夕食の香だったのだけど、これがロシアの定番スタローバヤ(食堂)料理の一皿でした。
 Катлета(カトリェータ/メンチカツ)。
 この料理名何度聞いても私のみ身にはカツレツって聞こえます。汗
 ペリメニ同様村のお店でも冷凍で衣が付かない状態で良く売っている程定番の品。
 食堂で食べるときは大抵スハリ(微細粉のパン粉)がまぶしてあって、正にメンチカツを揚げ焼きにした様な姿で出て来る事が多い料理。
 
 でもВАЛЯ(ワーリャ)の作り方は種の中にも衣もスハリは使わない作り方。種の方は代わりに擂り下ろし馬鈴薯が入ります。
 馬鈴薯が入ると言っても写真断面を見て判る様にコロッケの様になるわけではなく肉料理。
 所々炒めた馬鈴薯独特の歯ごたえが出て来たりして美味しいんですよ。

〜材料(4、5人分)〜調理時間30分
牛挽肉又は合挽肉 500g
馬鈴薯中     1〜2個
玉葱       1個
大蒜        5片
卵        2個
塩 小匙1/2〜1
胡椒 適宜
油 適宜

 馬鈴薯を擂り下ろすところと、玉葱&大蒜のみじん切りの作業は有るけれど、混ぜて焼くだけのお手軽料理。
 一度に焼いて、余った分はソースと煮込んでも美味しいですよ〜。

d0170682_16513343.jpg

 今日は馬鈴薯ピューレとキャベツドラニキを添えて。

タベラッテВАЛЯレシピКатлетаカトリェータ

他にも家庭風野菜入りКатлетаカトリェータ魚のКатлетаカトリェータを紹介しています。


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_211030100.jpg

 以前芸術家さん宅でВАЛЯ(ワーリャ)に教わった魚のКатлета(カトリェータ/ハンバーグ)は川魚だったので、今日は鰊で作ってみました。
 ВАЛЯレシピは卵が入りませんが、今日は卵を加えて。
 もの凄く柔らかい生地ですが、片面を固まるまでじっくり焼くと返す事も出来るんだなーと初めて綺麗に焼き上がり。
 今日は前菜で鰊とともに出て来る事も多い材料でソースを作って添えてみました。
 味の濃い鰊のカトゥリエータとぴったりのソースでお酒が進むかも。

タベラッテ魚のКатлетаカトリェータ

〜材料〜覚え書き
鰊    3匹
玉葱中  1個
馬鈴薯中 3個
卵    2個(1個でも良かったかも)
塩胡椒  適宜
焼き油  大匙1×2(フライパン2枚使い)

・鰊を3枚に下ろし、皮を取って細かく切る。玉葱も4分割し鰊とともに、ブレンダー等でミンチにする。
・馬鈴薯は皮を剥いて擂り下ろす。
・ボウルへ鰊と玉葱のミンチ/擂り下ろし馬鈴薯/卵/塩胡椒を加えてよく混ぜる。
・フライパンを温め、大匙1の油を敷いて捏ねた種を木の葉型に成形して置いていく。
・横から見てタネの半分近くまで火が通ってきたら返して反対側も同じ様に焼く。

d0170682_21403818.jpg


〜ソース〜覚え書き
塩漬け発酵胡瓜  1本
茹で卵      2個
練り辛子     小匙1
和芥子      小匙1
味付き檸檬果汁  適宜
蜂蜜       小匙1/2
胡椒       適宜

※味付き檸檬果汁は絞った檸檬果汁に粉末にした鰹節と昆布をいれ、塩を加えておいたもの。
※家に在庫のロシア製練り辛子が余り辛く無いので今回は和芥子と合わせてあります。

・茹で卵を作り、黄身と白身に分ける。
・白身と塩漬け発酵胡瓜は細かく刻む。
・ボウルに茹で卵の黄身/練り辛子/和芥子/蜂蜜/味付き檸檬果汁を少し加え、滑らかになるまでよく混ぜる。
 滑らかになったら好みの固さになるまで味付き檸檬果汁を加え、仕上に胡椒を好みで加えてソースの完成。

 熱々のカトゥリエータにソースをかけて召し上がれ〜。




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_3105420.jpg

 昨日の夕食に焼いたパンケーキがこれ又大量に余ったのでお弁当に。
 今回のパンケーキは膨張剤無しの物。ちょっとイメージしていた焼き上がりとは違うのだけど、まあこれはこれで美味しいので良しとしました。
 
〜献立〜
パンケーキ(プレーン/バナナ入り)
煮豆(栗豆)
野菜のからし和え
ロシア風夏オムレツ
海苔スープ(即席)
林檎

 パンケーキは卵2個/牛乳500ml/砂糖大匙1/塩小匙1/4を良く溶いた物へ粉を足していったもの。
 秤が電池消耗で信用出来ない状態だったので目分量。
 最後に油を大匙2入れて良く混ぜた生地を小さく焼いて。
 写真左がデザート用バナナ入りパンケーキ。右はプレーン。

 ロシア風夏オムレツは村で夏になると良く食べられる定番の品。
 今日は玉葱/トマト/ドライトマト/莢隠元豆/白チーズ(塩味無しのとても優しい味わいの物)
 ドライトマトの濃厚な旨味に炒めた野菜の甘さが加わってやっぱり好きなオムレツ。
 夏はもっと野菜の味が濃厚だけど、冬の物でも美味しくできます。
 今日使っているチーズは塩味が無いので乳製品の旨味ととろける食感が加わる感じ。これはこれで好きなチーズの一つ。

 さて、今日のパンケーキお弁当としてはどうだったか感想が楽しみ。


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_23391050.jpg

 もう家の生野菜の在庫も少ないって言うのにお弁当にぴったりなパエリアが余ったので何とかつくろったパエリア弁当。
 凄い久しぶりかもお弁当。

〜献立〜
パエリア
煮豆
サラダ
みそ汁
林檎

d0170682_23444287.jpg

 パエリアは「キッチンで逢いましょう」から具を混ぜた後オーブンで放置しておけるので好き。
 タコ/イカ/手羽元/カルバサ(ソフトサラミ)/野菜入り。
 昨日の夕食に作った物だけど、連れ合いにも好評でかつ残る様に作っていたので「お弁当に持って行く?」と聞いたら持って行くと言う事だったので、自分で好みの分量詰めてもらいました。
 曲げわっぱ小さい方へ。

d0170682_23503887.jpg

 さすがにパエリアだけだと寂しいので白菜とトマトを刻んで容器へ詰めた後、スパイスの瓶へマスタード、砂糖と塩少々、檸檬(の干した皮)&胡椒、酢、オリーブオイルを入れて置き、食べる時に良く降ってから食べてもらう様に添えました。
 この他おやつにもなるかなと栗豆の薄甘煮付き。

 
 
日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]