<   2013年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 一時帰国の移動記録はまだ途中ですが、村へ戻ってからの料理もいくつか挟みつつアップ。

d0170682_157265.jpg

 庭で収穫したズッキーニやスナップエンドウにおばちゃん菜園の人参、おばちゃん菜園の馬鈴薯で作ったピューレの残りにお店の玉葱何ぞを刻み、上にパンガシウスを乗せクッキングシートでくるんでオーブンへ入れ蒸し焼き。 
 今回は190度で。
 8割りがた野菜に火が通ったとおぼしき時間に一度出し、上にЧеремша(チェレムシャー/ワイルドガーリック)味噌(チェレムシャーを刻んで自家製味噌と和えておいたもの)を塗って更に焼いた物が本日の主菜。
 魚に対して野菜が倍以上ですが、これ位で濃厚パンガシウスには丁度良い感じ。
 味噌と魚と野菜美味しかった。

〜材料〜2人分
パンガシウス   フィレ1枚
ズッキーニ小   1本
人参       1本
玉ねぎ      1個
スナップエンドウ お椀1杯
ピューレ     残り
味噌       薄らパンガシウスが隠れる位

d0170682_1581083.jpg

 ご飯は菜っ葉粥に。
 白菜とアスパラ菜に18日大根を入れて。七種粥っぽくてホッとしますね。
 ご飯の中の菜っ葉は庭から。
 意外にも菜っ葉が寒さや乾燥にめげず元気に成長中。ありがた〜い。




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_14263268.jpg

 夏期休暇を取る人が多かったらしく、珍しくモスクワ→最寄り国内線空港行の飛行機が満席だったらしい。
 我が家座席足元広い席が割り振られていて良かった!と思っていたのもつかの間、搭乗ゲートでブーッと既に席が埋まっているブザーが。
 お姉さんが手書きで座席を書き直し、何と棚ぼたでエコノミーからビジネスへ変更になりました。逆にブザーが鳴ってより広い座席になった。笑
 そんなわけで席へついたら飲物のサービスが有り、上空で安定した頃に飲物と糖衣ナッツから。
 自分達でビジネスを買う事は無いだろうからと珍しくアルコールをお願いしてみました。
 コニャック。他にガス入りミネラルウォーター。コニャックはヘネシーだった。うーむ、もう無いかもしれない機会だったからウォッカは銘柄なんだったのか頼んでみれば良かったな。
 カップにエコノミーでペーパーナプキンに書かれている模様が描かれていて、これ欲しい。

d0170682_14292895.jpg

 ナフキンを敷いてくれて

d0170682_14303291.jpg

 最初に前菜とパン。
 黒パンはエコノミーと同じ物が袋から出してあるというものでしたが、白い方のパンは全然違うのね。味わいも違うけれど、一番違うのはやはりその柔らかく水分をしっとり含んだ生地。
 前菜は手前のお皿が鱈のリエット(たぶん)とスモークサーモン。どちらも凄く美味しい。サーモンは黒パンに乗せてオープンサンドに。
 リエットはついているパンに乗せて。
 奥の前菜は豚肉の芯にブルーんを巻いてある物と鶏胸肉のハムと生野菜。
 どれも味つけ程よく美味しい。どの航空会社もビジネスクラスの食事ってやっぱり美味しいんだな。


d0170682_14331738.jpg 塩/胡椒の容器にも定番の飛行機と飛行機雲の図柄。
 この図柄好きなので可愛い。
 こういうの販売して欲しいっていつもおもうわ。
 移動の時の小さい塩/胡椒にぴったり。一時帰国の時はホテル滞在で意外に使うのよね。

d0170682_14352026.jpg

 続いてメイン。
 メインはどうやら4種類有ったらしい。我が家の時は2種類のこっているだけだったけれど。
 肉/魚/ビーフストロガノフ/野菜の炒めた物卵焼き飯添え。
 私はビーフストロガノフ。マッシュポテトも滑らかで美味しいし、クリームソースが美味しかった〜。肉もやっぱりエコノミーとは全然違いますな。
 エコノミーで出て来る肉は味は結構良いんだけど、アゴの筋トレになるかもというしっかりした歯ごたえ。笑
 アゴの筋トレにはならない程度の歯ごたえを残す食感に煮込まれていました。

d0170682_14363061.jpg

 こちらは連合いの炒め野菜添え卵焼き飯。
 野菜の食感が絶妙で味が濃すぎず、焼き飯は今までロシアで食べた焼き飯で一番美味しかったかも。
 お米の炊き具合、炒め具合、油の量、卵や葱の量等凄く丁度よく。まあこおいうのは好みが有るけれど。
 パラリと仕上がっていて油でぎとぎととは無縁。ロシアでもこういう焼き飯食べれるのねとちょっと感動すらしましたよ。

d0170682_14395850.jpg

 食後のコーヒーは豆を直接カップへ注いで沈殿するまで待つ方式。
 村ではこれが一般的なので驚かないけど、配られた時はまだ豆が上の方にあるから飲みにくいのが唯一の難点ね。
 S7いつも利用する路線はエコノミーでもコーヒーが美味しいのでここは紅茶よりコーヒーを選んじゃいます。

d0170682_14415277.jpg


d0170682_1442920.jpg デザートはタルトと葡萄生クリーム添え。
 タルトの底にはブルーベリーが敷いてあり、上はカスタードクリーム。
 これタルト生地が甘すぎて連れ合いに半分助けてもらったけれど、クリームとベリーは美味しかった。
 甘い物は元々余り愛情無いので感動も薄め。苦笑
 座席は広いし食事は美味しいし。後はゆったり座席で到着まで寝るだけ。今年1年の運をここで使い果たしたか?
 
 いやー、S7のビジネスクラスの料理って美味しいのね。


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_1463010.jpg


d0170682_14103897.jpg ブリヌイを食べた後、本屋へ移動しかなり長いこと本&DVDを物色。
 良い時間になって来てそろそろホテルへ帰ると言う所でまた小腹満たしに1軒。
 今度はЧебурек(チェブレキ/中央アジアの大きく延ばした揚げ餃子)屋へ。
 扉の写真が凄く美味しそうだったの。
 ブリヌイ屋と同じアルバート通りに有ります。
 中は一見入ってすぐ見渡せる場所だけかと思い受けれど、奥にも座席があるので意外に広い。
 モスクワに行く度に入る頻度が高い軽食屋の一つがチェブレキ屋。他とどう違うかなと入ってみました。
 注文が入ると揚げるので、少し待つけれど熱々が頂けます。この手のお店は大抵前金制。
 今回丁度肌寒い雨降りだった為かやけに混んでいて厨房は注文間違えたみたい。
 我が家羊と馬鈴薯をそれぞれ頼んだのだけど、出て来たのは両方羊。
 でも支払ったのは↓の安い料金。我が家は嬉しいけれどね。
 隣りのテーブルはクレームつけて返金(小額だったから恐らく高い物を頼んだのに安い物が来たその差額分)してもらっていました。
 出て来た物は食べていたので差額返金だったのかな。
 今回はスープが外れだった。他のお店ではスープも意外に美味しいのだけど、こちらのお店のは次は絶対頼まないと思う。後味が何だか変に残るしそのくせして塩味は激薄。うっすら塩味が付いているかもしれないスープに味のしない肉団子と麺が入っている感じ。
 あ、肝心のチェブレキはといえば、これは大体今まで入ったお店とほぼ同じで熱々揚げたては肉汁たっぷりで美味しかった♪
 やっぱりこういうのは揚げたて熱々をその場で頂くのが美味しい。
 こちらはメニューロシア語のみで写真も無いので、ロシア語の単語がわからないと注文は難しいけれど、お薦めです。
 安い→高い 馬鈴薯→羊(羊までの間に店によってキノコとかチーズとか豚肉とか有り)
 一番高い羊を頼んでもまあまあの値段でおさまります。 

Чебуречна No.1
г.Москва ул.Арбат31

今回頼んだ物と価格
Чебурек с бараниной 79руб
(チェブレク ス バラーニノイ/羊チェブレキ)
Чебурек с картофелем 49руб
(チェブレク ス カルトフェレム/馬鈴薯チェブレキ)
Суп-лапша куриная 89руб
(スープ ラプシャー クリーナヤ/麺入りとリスープ)
Чай черный 2杯 78руб(2杯分)
(チャイ チョールヌィ/紅茶)
295руб(約900円)

タベラッテ生地も美味しいЧебурекチェブレキ



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_1554388.jpg

 体調今一つだというのに、昨日から食べたかったお店へ行っちゃいました。
 今回宿泊ホテルはアルバート通りという観光客の多い通りに近いのだけど、この当たりの本屋に時間が有る時は依る関係でお気に入りの軽食屋が有るんです。
 
Теремок-Стрит
Старый Арбат, д.12
地図はこちらをどうぞ。→
食事系ブリヌイの写真付きメニュー→こちら
デザート系ブリヌイの写真付きメニュー→こちら
蕎麦カーシャの写真付きメニュー→こちら
スープの写真付きメニュー→こちら

 Блины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)屋さん。ここは好きな具もあるし、モスクワの中心部で食べることを考えると安いので。
 今回もそれぞれ1枚ずつのブリヌイとスープを頼みました。

d0170682_1585861.jpg

 連合い選択スモークサーモンならぬスモーク鱒。

d0170682_231175.jpg

 私の選んだキャベツと卵。
 これは本当に優しい味わいでキャベツの甘味に卵のコク、塩味薄めで大好き。体調悪くても美味しく感じます。

d0170682_13104810.jpg

 スープはボルシチやクリーム系のキノコスープも有るのだけど、体調を考慮して大好きな半割えんどう豆のスープに。
 これまたロシアのスープとしては格段にあっさりしていてとても優しい味わいで美味しいのですよ。
 丁度雨が降ったり止んだりしていて肌寒いし、店内で温かいスープ美味しかった。

d0170682_13113578.jpg


d0170682_13123132.jpg 店内はホフロマ塗りの図案が天井やカウンター下に描かれていたりしてとってもロシア的。
 ブリヌイを焼く道具はフランスのクレープと同じ物を使っています。注文が入ると生地を焼いて、そこに作り置きの具を入れていきます。
 おばちゃん2人で営業中。ちょっぴり強面ながら、優しいよ。
 外観は落書きが…。店内も席はあまり無いので今日は空いていて良かった。
 私たちが店に入るとき、中をのぞいて躊躇している人が何組か。確かに知らないと入りにくいのだけど、このお店で余り素行が悪い人は見た事が無いのでいつも店内で頂きます。

d0170682_13154760.jpg

 メニューは紙の物と天井近くの壁に写真付きも有るので、指差しでも何とかなる物も有り。
 ただ、ブリヌイはそれぞれの写真が有るわけではないので、やっぱりロシア語が読めないとちょっと厳しいかも。
 一番安いのは食事系が溶かしバターをかけたもの。デザート系は砂糖をかけた物でした。
 今回頼んだキャベツと卵は次に安い物。安くて美味しいからお薦めで〜す。

今回頼んだ物と価格
Блин с сёмгой 156руб
(ブリニ ス ショムゴイ/ブリニ 塩漬け鱒)
Блин с капустой и яйцом 76руб
(ブリニ ス カブストイ イ ヤイツォム/ブリヌイキャベツと卵)
Суп гороховый с копчёност 97руб
(スープ ガロホヴィ ス カブチョーノスチユ/えんどう豆とベーコンのスープ)

合計 329руб(約1,000円)
 

自分でも簡単に作れますよ♪

タベラッテГорох(豌豆豆)とベーコンのスープ

タベラッテБлиныブリヌイ 膨らし粉無しタイプ

タベラッテБлиныブリヌイ/ロシア風クレープ


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_1105081.jpg

 今回ヘルシンキで宿泊したホテルは朝食が6時30分から。試しに利用してみました。
 フィンランドらしくパンの種類は豊富。白いパンから黒いパン、強力粉から雑穀入りまで。ふんわりやサクサクパンからパリッパリの薄焼きと色、味、食感豊富。
 おかずの方は冷製、温かい料理共に多いとは言えないけれどそれなりに揃っていて、十分かな。
 今回は黒パンは食べずフィンランドで良く見かけてかつ大好きな右の白いパンお変わりしました。
 クロワッサンは連合いが美味しいと言うので私も。小さくてこれ位なら何個か食べちゃうかも。
 初めてフィンランドに旅行したのは10年近く前だけれど、その時から変わらず右のパンは好き。

 もう少し朝食を食べる時間的余裕が有るなら黒パンでオープンサンドとか作って食べたいんですけどね。
 今日はそこまでの余裕は無し。

d0170682_1154816.jpg

 おかずは生野菜からパプリカ、なぜか有ったベイクドビーンズ、鰊の酢漬け、鯖の燻製、ミートボールを。
 鯖しみじみ美味しかった。
 今頃思い至ったけど、この鯖でサンドイッチ作れば良かったよ〜。涙
 ミートボールは苦手なペーストに近い食感に挽肉がなっている物だった。これは自分で作った方が美味しいと思う物だったわ。
 鰊、フィンランドのは全体的に甘めの味つけですね相変わらず。好みだけど、私はロシアの塩漬けの方が好きかなー。

Holiday Inn Helsinki City Centre Hotel
Elielinaukio 5 Helsinki, Finland

d0170682_1182531.jpg

 ヘルシンキ→モスクワ間は短距離路線なれど国際線なので一応食べ物有り。
 毎回サンドイッチ。
 でも朝食食べて時間がたっていないので大抵食べずに飲物だけ。
 特に今回は飛行機に乗る頃から発熱していたようで体調下降気味だったしね。

d0170682_1204735.jpg

 モスクワヘ着いたら日本とはかなりの気温差。やっぱりもう羽織り物が必要な位になっていました。
 ホテルへついたらとりあえず移動中の山「ロシア入国」が済んだ安心感からか体調不良ぶり返し発熱。
 お昼をすっ飛ばしひたすら夕方までホテルで寝て待機。連合いがモスクワ事務所から帰って来たのも気付かなかった。
 事務所からの帰りにスーパーへ寄って帰って来てくれて、ヨーグルトとか食べられそうな物と買って来てくれていたのでそれを食べて再度薬を飲んでまた爆睡。
 日本で処方された薬はまだ日数的に丁度残っていて飲んでから寝たおかげで、夜にはちょっとだけお腹に何か入れたい気分に。
 そんなわけで近所に有ると言うスーパーへ買い出しに。
 しかし外は雨…何処までも今日はついていないわ。
 めげずに買って来ましたよ。

 馬鈴薯と茸炒め/生クワス/無花果/鶏手羽グリル/馬鈴薯入りパン/ブルーベリー
 これにフィンランドで買って残っていたチーズとかで夕食。

 私は主に果物。連合いがパンと惣菜を。

d0170682_1292724.jpg
 
 この無花果が美しく熟していてとっても美味しかった。
 何だかこれ食べたら凄い元気出て来たの。やっぱり綺麗で見た目も美味しそうって大切。

d0170682_1325546.jpg

 ブルーベリーも結構食べることで来ました。
 しかし大粒。栽培種って言うのは大きく育つんですね。
 村ではчерника(チェルニーカ/セイヨウスノキ・ビルベリー)が基本で冷凍食品で打っているかな?と言う位マイナーなブルーベリー。
 だから目新しくてつい買ってしまった。
 とりあえず果物は凄く美味しいと思える位には回復したから明日の移動は大丈夫か。
 移動まだ続きます。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_038258.jpg

 本日3本目の記事は夕食〜。
 ヘルシンキではほとんど夜にレストランやカフェで食事という事無く大抵スーパーで惣菜やパンを買い込みホテルでと言う流れ。
 だけど今は夏!そしてバス停すぐ脇のホテルへ宿泊と言う事でチェックインも早々に終わり何とかマーケットスクエアの屋台が店じまいする直前に到着出来ました。
 まあもう火は落としていて冷め掛けなので味の方は今ひとつですが、やっぱり港を眺め、潮風を受けながら食べるって言うのは村では出来ない事なので。
 ムイックとカリマール、サーモンとポテト。
 お姉さん叩き売りしていたのでちょっぴり安くなりました。
 本来一皿13ユーロの所10ユーロ。でもまあ高いよねやっぱり。

d0170682_0484676.jpg

 カリマールは偉い厚化粧で烏賊の倍位の厚みの衣。笑
 元々の烏賊がそれなりのちゃんと厚みが有るのでやけに大きく感じました。
 熱々だったらもっとずっと美味しいだろうな。あたりまえだけど。

 ムイックの方は意外にも冷めかけでも美味しいのね。以前は熱々を頂いたのでその差が思ったより少ないのでビックリ。
 しかしこの量装って更にサーモンもここへ乗せようとしたお姉さん。サーモン乗せてたらそれで10ユーロにしてくれたんだろうか?
 絶対途中で飽きるだろうとソースをお皿にちょこっと乗せておきました。正解。
 ムイックはそのままでいけたけど、烏賊の方は…途中で飽きた。

d0170682_0525890.jpg

 サーモンは厚みが有るのが幸いして上の方はしっとり美味しい。ピンクペッパーとも相性良いから好き。
 しかしもう店じまい中の屋台だから仕方ないけれど、皮は焦げてかっちかっち。
 隣りで食べていたおばちゃんも皮残していました。我が家ももちろん。これ身の薄い魚だったら身の方もぱさぱさで美味しく無かったでしょうね。
 芋は冷めても好きな物は好き。
 我が家が食べている間も黙々とテントは片付けられ、食べ終わる頃にはあとはテーブルと椅子を片付けるだけに。
 手際イイネー。

 教訓。やっぱり屋台は熱々食べることが出来るうちそりゃー美味しい。

d0170682_0555564.jpg

 おまけのデザートはあんみつ。
 本当は葛餅を持って来たかったのだけど、夏は臭いがすると嫌われる傾向に有ると言う事でいつものお店ではあんみつしか無かった。
 日本を出発してから食べる黒蜜が何だか凄い好きなので。
 次回は葛餅買って来て楽しみたい。
 コーヒーと黒蜜って合うんだよね。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_23511337.jpg

 ヘルシンキ→名古屋ではアイスでなかったけれど、成田→ヘルシンキではアイス出るんですね。
 日本からフィンランドへ向かう時に出るのは何故?そう言う要望が有ったのか??
 連合いウキウキ。笑
 私はコーヒーを少しずつかけてコーヒーフロート風に頂きました。
 
 最近マリメッコとコラボ仕始めたとは記事を読んでいたけれど、以前のフィンエアー独自のデザインも素敵だったのでちょっと残念な様な気がしないでもない。

d0170682_00471.jpg

 さかのぼって搭乗前カンタスのラウンジで頂いたもの。
 フィンエアーはお昼前の出発なので軽食しかない上に食べ物は少量が間隔開けて置いてある感じなので意外に食べ物無いなんていうタイミングの時も。
 今日は人参のスープと焼きお握りが好みだったので頂きました。
 時間帯が良かったら日本酒とかも有るのだけど、さすがに昼前から飲んで移動に入れる程強く無いので横目で眺めるだけ。
 人参スープが滑らかでとても甘くて人参の味強く美味。
 カンタスのこういうポタージュ系はいつも好みかも。具沢山の時は味が濃すぎる事も有るのだけどね。
 あ、カレーも好き。
 そして焼きお握り、じゃこ入りでこんがり焼いてあってこれはかなり好き。見かけたら必ず食べます。笑

 フィンエアーのマイレージが溜ってマイレージクラスが上がっても、我が家が使えるのはビジネスクラスカウンターでのチェックイン/荷物の預け入れ個数が増える/ラウンジ利用位なので使わないとね。
 ちなみに格安チケットがほとんどなので回数が多く無かったらとても溜りませんねマイレージ。当たり前だけど。

d0170682_07522.jpg

 機内に入ると、久方ぶりの古い機体というか日本便にこの機体まだ飛んで来ているんだ!と軽く驚きつつ機内食を待ちます。
 だってね、画面小さいし見にくいんですよこの機体。楽しみは機内食だけ〜。笑
 行は後ろで選択肢無かったけれど、帰りは前の方だったのでちゃんと選択肢有り。
 こちらはハッシュドビーフ。
 まず出て来たプレートの上が微妙に寂しい様な気がして来たけど何が減ったのか。今や機内食はJALやアエロフロートのモスクワ直行便の方が美味しいかもとちらりと思ったり。
 でもメインのハッシュドビーフは機内食としては十分美味しかった。他がねなんだか寂しくなった気がするの。

d0170682_0105837.jpg


d0170682_0134126.jpg もう一つは海老カツ丼。
 これ海老カツと言うより海老入り魚すり身丼の方が良い様な。苦笑
 まあ予想通りの甘めの味つけで、他に選択肢が有ったら私は選ばないタイプ。
 連合いが完食しました。

d0170682_0155343.jpg

 到着前の軽食はペンネ。
 フィンエアーのペンネとマト味は好きな味。マカロニの食感はもうエコノミーの機内食ではこれで以上は望めないでしょうと何時も思います。
 味は好みだけど、以前の焼うどんや焼そば、チャーハンが特に好きだったからあっちに戻って欲しいと思います。
 あれはどれ位の人にウケていたのかな?日本人には凄く喜ばれる味だったと思うんだけど。

 今日は長い1日なのでもう1本記事続きます。


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_23114670.jpg

 村へ向け移動1日目の朝食。
 椿山荘で朝6時代に朝食が可能なのはメインダイニングとルームサービス。
 以前メインダイニングで空いているのにえらく待たされて以来リムジンバスの発車時刻との関係でほぼルームサービス利用が定番に。
 連合いはいつものコンチネンタルにハッシュブランを追加したもの。
 私は前回からお気に入りのエッグベネディクトとクロワッサン。
 今回も本日のスープを頼めば良かったなと後で思いました。
 前回本日のスープを頼んでみたらなんとまだ決まっていないので好きな物をと言って頂けたのだ。
 次回忘れずに。

d0170682_23143749.jpg

 エッグベネディクト、前回たまたまメインダイニングで1回食事をした時に隣りの席へ座られた方が頼んでいたもの。
 実はそれまでこの料理のことは全く知らなかったの。だから偶然とはいえ名前を知り、出て来た料理が美味しいそうだったので頼んでみたらお気に入りになったと言う幸運でした。
 まあ半熟卵なので毎日の様に食べたいかと言われるとそれはキツいんだけどね。
 相変わらずアスパラの加熱具合が絶妙で固すぎず柔らかすぎず好み。

d0170682_2318259.jpg

 最初はエッグベネディクトだけを頼もうとしたら連合いが驚いて「其れだけ!」って確認して来たから思わずクロワッサンも頼んじゃった。 
 がやっぱり3個はエッグベネディクトと合わせると重すぎるよね。
 次はシリアルにしようかな。
 さくさくで軽い食感とは裏腹にバターたっぷりだしね。でも温かくて美味しかった〜。

 コーヒーとジュースは連合いの頼んだ物を分けてもらいました。たっぷり来るから。前回までは2人それぞれ注文したのだけど多いんだよね。1人が頼めば十分だった。
 あ、他に檸檬果汁1個分と蜂蜜もお願いしました。移動中のホットレモネード用にね。これは次回最初からホットレモネードにして頼もう。

 ルームサービスは時間ぴったりに来てくれるのでリムジン出発までにそれなりの余裕を持って食べ終われるから助かります。
 早朝出発組にはロビーにてコーヒー/紅茶とマフィンの無料サービスが有るのだけど、飲物は好みだけどマフィンはもの凄く甘く感じて食べられないので。

ホテル椿山荘東京
ルームサービス 


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_22505042.jpg

 結婚式の二次会で有って以来の仲間と久しぶりに会う事に。
 自由が丘という普段の行動範囲外の場所での待ち合わせとなったのだけど、今は副都心線が出来たおかげでなんと実家近辺から乗り換え無しの1本だったんですね。
 実は行き易い場所だった。
 今回は薬膳のお店Zen Roomを予約してくれていました。
 私の日程が中々決まらない中何とか2人会えることになり3人で。
 
 薬膳のお店と言う事ですが、馴染みの有る香辛料が多く味としては違和感無く美味しかった。
 塩を調味料としては使わず、使用する調味料に含まれる塩分で調味していると言う事でしたが、村から戻った身には味つけ全体的に濃く感じたかな。
 これは日本に一時帰国するといつも思うけれど、日本での食事は一見薄味でも体がむくむ程塩分多めになるんですよね。調味料がどれも塩分含まれていて。
 村は味つけの基本は塩だけど、塩を気をつけると他に塩分の含まれた調味料を使うことが少ないので調整し易いのかも。

 私はむくみが最高潮にひどい状態だったので浮戻茶という浮腫取り除き作用の有るお茶をひたすら。
 山椒のスパイシーさが後の方で効いてきてこのお茶美味しかった。

 話に夢中で写真は一切無いのだけれど、食べた料理。

突き出し 塩麹和え金針菜/山査子のピューレ/クコの実/松の実/ドライ龍眼
 それぞれに効能があるそうです。松の実は…やっぱり村で皮を剥きながら食べる物の方が美味しいかな。
 塩麹和えの金針菜はご飯と一緒に食べたい程味濃いめ。食感や味が好きだったのでご飯もらえば良かったかも。

薬膳タパス
 燻製サーモンの湯葉の生春巻きスウィートチリソース添え
 薬膳で炊いた牛すね肉と野菜のぐつぐつ煮込み
 
薬膳鍋
 国産烏骨鶏スープと太陽の完熟トマトスープを選択。
 4種類のスープから2種類選択。火鍋スープも豆乳も美味しそうでしたよ。
 〆に麺を頼もうかと思っていたけれど、話に夢中でゆっくり食べていたらお腹いっぱいに。苦笑

 次に機会があったら健美麺も試してみたい。大好きな春雨や米麺だと言う事なので。
 こちらのお店で好き嫌いが特に分かれるのは八角位じゃないかな?と思うけれど、香辛料に苦手意識が無いならどれも美味しく食べることの出来る料理でした。

 私は牛種ね肉の煮込みにご飯を合わせたかった。やっぱりこちらのお店味はかなりしっかり目だと思う。

 今回は男性1人、女性2人構成だったのだけどこちらのお店はどちらかと言うと健康大好き女性の集まり何て言う時に良いかもね。
 
 お店に置いてある薬膳材料や台湾のお茶の説明はなかなか興味深いですよ。
 店員の方はそれぞれの料理に関して細かく説明してくれるので薬膳に興味ある人にお薦め。
 薄味好みの方にはちょっと味が濃く感じる所は有るけれど、とても食べ易い物が多いと思います。

zen-room
〒152-0034東京都目黒区緑が丘2-25-17自由が丘T-oneビル1F
03-3717-2566
http://www.zen-room.com



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_2275046.jpg

 もうすぐまた移動に入ると言う時期になって来てやっぱりお寿司を食べないで村に戻るのはと言うことになり、お寿司を食べに行って来ました。
 今回は築地までは行かず、築地寿司清銀座4丁目店へ。芸術家さん宅へのお土産用お菓子等買う予定もあったので。
 久しぶりに裏巻食べました。
 こんがり焼いたハラスの香ばしさに自家製イクラの優しい味わい。胡瓜や飛び子が食感の違いで引き締めていて好きなんですよねー。

d0170682_22162624.jpg

 今回は丁度色々な貝が入荷していてワクワクしちゃいます。
 貝好きなんですよね。

d0170682_22174932.jpg

 でもまずはいつも通り光り物から。
 鰯/鯵/しんこ

 コハダの小さい時期だけ呼ばれるしんこ。本当に小さくて何枚も重ねて1貫分。さっぱりあっさりおいし季節の味。
 鰯も鯵も脂が乗っていて食べごろ。

d0170682_22224244.jpg

 ツブ/ホッキ/ミル/アオヤギと貝を続けて頼み、本日のお薦めに出ていた鰹も。
 貝の歯ごたえ&甘さはやっぱりねー。
 鰹も初鰹の時期とは違いむっちりと美味しくなって戻って来たのね〜と言う感じ。

d0170682_22253633.jpg

 握り以外に巻物も。アカガイのヒモと胡瓜のヒモキュウとかお新香巻きとか。
 ヒモキュウ本当にこのところ必ず食べる程好き。
 お新香は寿司清で仕入れている沢庵が好きなのでこれも結構頻度高いかも。

d0170682_22263622.jpg

 〆に近付くと卵をつまみでもらい、今日の〆は穴子で。
 こちらのお店の穴子はふっくら柔らかに煮た物を仕上に温めて出してくれます。
 ツメたっぷり塗ってね〜。
 満足なり。

d0170682_22302957.jpg

 お昼たっぷり食べて、買物し夜は実家で母とあるものでご飯。
 でもこういうご飯は日本ならではなので何だか凄くホッとして体が喜んでいました。
 胡瓜をたたいて塩/ラー油で和えたもの、沢庵、ご飯、山椒の煮たの、卵掛けご飯。
 もちろんご飯はお変わりしちゃいました。

 山椒の実、今年は出遅れた上に不作だったそうであっという間に売り切れていました。そこを駄目元で冷凍の実でも良いからないかとお店にメールしたんです。
 そうしたら有りましたよ〜。お店が佃煮にしようとしていた物を譲って頂きました。
 去年は味醂や砂糖も入るレシピを試したけれど、やっぱり私には甘さの部分が余り好みでなく今年は甘さ一切無しで。
 山椒の実/酒/醤油と醤油を塩に置き換えたものの2種類。
 まずは実をお酒でひたすら柔らかくなるまで煮、途中で塩の方は塩をまぶして馴染ませ終わり。
 醤油の方は残った実と汁に醤油を加えてほとほとと煮て行きました。
 写真に写っているのはその醤油の方。
 美味しい〜。
 私と母は今回の方が好み。来年は好みの日本酒とお醤油で作る。出遅れない様に山椒の実買わないとね。
 今回は冷凍品で下処理済みだったので簡単と言えば簡単だったんだけど。
 半分は村まで持ち帰る予定。ぴりっと辛い山椒の実大好き。

d0170682_22363225.jpg

 おまけ。
 トップスのチーズケーキ小さいサイズ。
 時々ね無性に食べたくなるんです。村への移動に入る前最後の爆食中。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]