d0170682_00590119.jpg
  
 滞在中一度は行きたいお寿司。
 今回は木曜日に上手く予定が合って築地寿司清本店へ行って来ました。
 丁度いろいろな貝が揃い始めた時期と言う事で貝を一通りお願いしたら、既にランチの1人分ぐらいの量になりました。
 今日は煮蛤と生トリガイが良かった。


d0170682_01301868.jpg
 
 今日は診察等がこの後にあるわけではないので冷酒をお願いしたら、のれぞれ(穴子の稚魚)が出て来ました♪
 久しぶりにその独特な食感美味しかった。
 一見葛霧みたいに見えるんですがちゃんと端に目があるんですよね。


d0170682_01302398.jpg

 今日のお薦めから太刀魚を。
 太刀魚って刺身もいけるんですね。
 コリコリしていて濃厚脂肪と甘味で酢飯と相性良し。


d0170682_01315015.jpg

 ここで今まで握っていた店長が休憩に入って交代。
 その店長が用意していてくれたのが青柳の串。
 さっと醤油をかけて炙ってあるので所々香ばしく貝は甘くこういう一品好き。


d0170682_01353733.jpg

 生蛸を塩&かぼすで、イワシも。
 生蛸も毎回あるわけではないので見かけたら必ず。かぼすが風味良くて日本の柑橘類って本当に香り高いなと実感。
 イワシは脂ののりがやや控えめで逆に魚の味がより強く今日の〆方がまた好み。

d0170682_01354568.jpg

 光り物は他にこちらのコハダと味、〆鯖を頂きました。
 〆鯖はかなり小さいのだけれど脂が乗りきる前ながら程よく均等に脂が乗っている感じでこれ又美味。
 コハダも意外に脂乗っているんですね時期になると。


d0170682_01491501.jpg

 ここで口休めにお新香巻き。
 寿司清の沢庵が好きなのでこれはもはや安心の味。
 胡麻や紫蘇入り。この辺りは除く事も可能なので気分によって。


d0170682_01504273.jpg

 キンメダイ。
 これも入荷している時はなるべくお願いする魚の一つ。
 甘くてぷりっとしているところに脂が均等に入っている感じが好き。


d0170682_01512898.jpg

 今回キンメダイは炙り塩味も。
 焦げ目ってご馳走なんだなと実感する一品でした。

 やっぱり一時帰国中一度はお寿司ですね〜。


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_21531004.jpg

 今日はふみえさんわらびさんご夫妻にお誘い頂いて穴子専門店で穴子を堪能して来ました。
 最初から最後まであなごづくし。
 穴子ってこんなに多彩に頂けるのだとひたすら感心した一夜となりました。

 写真は最後に頂く穴子ご飯。
 香ばしく焼き上がった表面とふんわりとした中が好対照。穴子がたっぷり乗っています。
 味が濃く無いので口の中がべたつく事無く最後まで最初の一口と同じ様に味わえます。


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味





つづき
[PR]
d0170682_02185156.jpg
d0170682_02190396.jpg

 極上の味というより時々思い出した様に食べたくなる桃園のチャンポンや皿うどん。
 そんな桃園でいつも食べたいけれどなぜか後回しになっていた炒めビーフン。
 今日はやっと注文。
 多すぎず少なすぎず小腹満たしに。笑

 蒲鉾/鶏チャーシュー/唐揚げ/肉団子が入りつつ野菜たっぷり。
 私の作るの苦手錦糸卵にはほれぼれ。
 お好みで酢をかけて。

 1000円以内で小腹をしっかり満たせるこちらのお店はやっぱり好きだなー。

 やけに威勢のいいおばちゃんが自分で突っ込んで自分でぼけて好き嫌いはありそうですが町場のお店っぽくて好き。
 味もお店の雰囲気も好き嫌いは分かれそうですが、お昼時は結構混んでいるんですよ。
 前金制で入り口で注文すると札を渡されるのでそれをテーブルにおいて待つと料理が出て来ます。
 私が入店した時間は暇な時間で貸し切り状態だったのでおばちゃん1人漫才実演中。笑
 

桃園
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
03-3214-9048

 
日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_01584561.jpg


 JALヘルシンキ→成田2食目はフィンエアーとどことなく似ている組み合わせ。
 朝食にもゼリーではなく果物が付くのがJALの注文?


d0170682_01592721.jpg

 チーズオムレツ/ソーセージ/ベーコン/トマト/菠薐草(玉葱入り)
 これはフィンエアーが半月のオムレツに成形されている違いぐらいでほぼ同じ?
 味の方も大体同じでした。


d0170682_01593291.jpg

 クロワッサンはしっかりした歯ごたえながら、ちゃんと層になっているんです。
 これ実は結構好きな食感。


d0170682_01593493.jpg

 ヨーグルトはブルーベリー?ビーベリー??入り。
 さすがフィンランド便。モスクワでは出ないわ。笑


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_00385556.jpg

 今回行きのヘルシンキ泊はArthur Hotel(アーサーホテル)。
 朝食は黒パンや雑穀パンの種類は少ないけれど、白いパン(プレーンとチーズ等有り)は美味しいし、カレリアンパイも有り味は美味しかった。(食べかけで失礼)
 他にオートーミールとシリアルも有り。


d0170682_00385820.jpg


 ハム類が3種類/チーズも3種類/生野菜が4,5種類/カッテージチーズ/卵料理/暖かい肉料理(ベーコンとソーセージ)/果物有り。


d0170682_00390143.jpg

 ヨーグルトの横にはシリアルもあるのだけれど、私はヨーグルトにベリーを入れて蜂蜜で。
 これはヘルシンキのホテルでは今まで宿泊したホテルでは大抵あるのでほぼ毎回食べる朝食の〆。
 
 たっぷり食べて散策へ出発です。
 



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_00042679.jpg
d0170682_00043085.jpg

 モスクワではドモジェドヴォ空港からシェレメチェヴォ空港への移動時間を考えても5時間以上の乗り継ぎ時間が有るので、今回はパヴェレーツカヤ駅地下の荷物一時預かり所に荷物を預けいつもの本屋まで散歩へ。
 本やDVDを物色後お腹がすいたのでいつものБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)屋へ行く予定が、その途中に新しく出来ていたЩаурма(シャウルマ/薄いパンで肉と野菜を巻いたもの)が目に入り、そちらに変更。(新アルバート通りからアルバート通りへ抜ける道に有るお店。)
 この数年で本当に路上にあったお店が一掃され困ったなと思っていたけれど、少しずつ手続きを踏んだお店がまた戻りつつあるんですね。
 こちらのお店は2種類のソースを上に付けてくれ、中の野菜がかなり豊富に感じたので頼んでみました。

d0170682_00044109.jpg

 こんな感じでお兄さんが鶏肉を削っては巻いてくれます。
 我が家が立ち寄るところで使われている肉は鶏肉ですが、他もあるのかしら?


d0170682_00050538.jpg

 この料理は何処のお店でもこうやって作る姿が見れるのが好き。


d0170682_00051331.jpg

 左赤いソースは少しだけぴりっとするソースで、隣りの緑色は大蒜と香草入りのソース。
 他にもトマト/生胡瓜/チーズ/マッシュルーム/人参/胡瓜の漬け物とこれだけでも野菜が十分獲れそうなぐらい。


d0170682_00053395.jpg

 更に今回このお店に決めた一番は奥に見えるビーツで色付いたキャベツの漬け物まで入るんです。
 実は隣りにも同じ料理のお店があったのだけれど、こちらの方が入る野菜が多かった。
 本当に野菜が多くて1個の重量も今までで一番重かったかも。笑
 これだけ入って1個100руб(約340円)はモスクワで土地勘無い我が家が食べるならお得でした。

 しかし、モスクワは3ヶ月毎にお店ががらっと変わってしまったりしてお気に入りのお店が必ずあるとは限らないのでドキドキしますね。


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_23132622.jpg

 
 移動中は機内食と言えど楽しみの一つ。
 我が家の利用経路のS7は最近やや見た目が寂しくなっていますが、内容はさほど変わっていません。

 パン(黒/白)/肉前菜/生野菜/メイン/デザート/バター/マヨネーズ/塩胡椒と砂糖/コーヒー又は紅茶

 変わっていないのに何となく寂しく感じると言うのはやはり見た目って大事なんだなって事ですね。


d0170682_23134400.jpg
 
 内容量は変わっていないけれど容器が小さくなった為に量が減った?と思ってしまう肉前菜。
 ハムとサラミタイプ、チーズ/白菜/ピクルス(甘酢ではないタイプ)。
 味はどれも美味しいんですよ。
 ボックスに入っている黒パンに乗せてオープンサンドにすると良く合います。

d0170682_23140850.jpg

 こちらも内容量は変わっていないんですが、彩りのイタリアンパセリが省かれ何となく寂しい。
 パプリカ/白菜


d0170682_23153360.jpg
d0170682_23171549.jpg

 メインは2種類から選択。
 こちらは鶏。
 鶏のカツレーツ。中に何か入っているわけではないですが、鶏胸肉をたたいてロール状に巻いた物を衣漬けして揚げ焼きに。
 付け合わせはパスタ。
 ややぱさついてはいますが、味としては安心して頂けるものだと思います。
 


d0170682_23184836.jpg
d0170682_23185590.jpg

 こちらは魚。
 鱒系の卵衣焼き。
 付け合わせは米と野菜。
 こちらもほとんど魚の味だけなので塩味かなり薄め。
 何時もこの路線のS7は魚の味つけが忘れたいるのでは?と思う程薄いです。
 塩胡椒または付いているマヨネーズ等付けた方が良いかも。
 魚は鱈系か鱒系多し。時々パンガシウス。

d0170682_23190896.jpg

 今回から食事を配り終わると直ぐに紅茶とコーヒーのサービスが始まったので、ご飯を食べ終わってデザートに行く頃にはコーヒーがすっかり冷めてしまいました。苦笑
 デザートは最近納入会社が変わったのかいつもこのピーナッツ乗せビスケット。
 素朴な味で美味しいのですが、元々重めの食感なので小腹にしっかりたまります。
 余計な味つけはしていない家庭的味なのですけどね。

 



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_03231792.jpg
 もうずーっとお気に入りに登録していたと言うのに中々作れなかったギリシャ料理「豚肉とセロリの煮込み(ヒリノ・メ・セリノ)」。
 ギリシャのごはんさんのレシピを頼りに作ってみました。
 
 この料理を中々作れなかったのは苦手の卵が入っているから。
 どうも卵を使う料理って言うのは気軽に作れないんです。苦笑

 それで一人ご飯の時にパスタソースに試してみたらすんなりと出来てしまった。
 それなら肉でとやっと作ってみる気になりました。
 
 丁度消費したかった在庫の豚あばら肉を使って、本当は焼く肉を先に蒸して柔らかくして作ったので、ソース以外の部分はかなり違ってしまっていますが美味しかった。
 次はもう少し脂の量が適度な部分で作りたい。
 そしてこれ本当にセロリがたっぷり頂けて、今回はこれ又在庫のセロリ一掃の為にぴったりと作った料理ですが、倍量入れても良いと思う程豚肉とセロリとソースがあっていてあっという間に無くなりました。
 
 最初にレシピを見た時には、もっと酸味が強いのかと想像していたのだけれどさっぱり味のクリームソースといった感触と味でお気に入り。
 レモン1個分の酸味が入っているとは思えない程よさでさっぱりしている中にコクがあってぜひとも作り慣れたい料理。

 楽しみが増えました。
 salahiさん素敵なレシピ有り難うございます。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2014-02-20 23:23 |
d0170682_02141493.jpg

 Бублики(ブーブリキ)試作2回目焼き上がり。
 今回は牛乳とスメタナ(サワークリーム)多め。バター半分程に減らしてみた。
 焼きたては前回よりさらに普通のパンに。汗
 あれ?油脂分の量と牛乳が少し多いだけで後は同じなんだけど…。
 明日の朝になったら前回同様落ちつくのか?


d0170682_02151958.jpg

 焼き上がったところをコーヒーと共に。
 フワフワふかふか〜♪
 いや、ブーブリキにフワフワふかふかは求めていないんだけど。
 しかしスメタナの風味は何処へ行った?
 
 発酵進んで穴が無くなり輪じゃないのもブーブリキって言うのかな?

〜材料〜今日の分量覚え書き
強力粉      250〜280g
ドライイースト  小匙1
バター      60g 
スメタナ
(サワークリーム)90g  
卵        2個     
牛乳       40ml   
塩        小匙1/3   
砂糖       大匙2  


 一時帰国前はもうこれ以上焼くと在庫処理出来ないので、次は村へ戻ったらまた試作してみよう。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_02333697.jpg
 
 このところ粉もの気分持続中。
 次はどんな粉もの焼こうかとサウナのお供で持ち込むロシア料理本や雑誌をパラパラめくっていてはたと気づいた。
 
 Бублики(ブーブリキ/太い輪型パン)載ってるじゃない!

 最近お気に入り。
 村で手に入る村のお店産から流通品のパック入りや量り売りを色々食べ比べ中。
 輪の大きさ違いで名前が変わっていたり、明らかに同じ材料で八の字型に成形したものがあったりと、なかなか全てを食べ比べ出来ない程田舎の村でも種類有るおやつ。

 大変素朴で粉の味がっつりな物から油脂分たっぷりや卵たっぷり、塩味が勝つもの甘いもの、ほとんど甘さの無いものとこれ又選ぶ楽しみ有り。
 
 そんな中で私が特に好きな村のパン屋製牛乳&スメタナ(サワークリーム入り)が作れると良いなとまず第一弾試作してみた。
 焼き上がりを持つと…ふかふかし過ぎか?パン屋のはもう少しみっちりした感じ。
 でも柔らかさはあって油脂分がきっともっと少ない。(食べた感じ)
 スメタナの風味がもっとする。
 この辺りを次回改善したい。

 あ、でも今回のも市販品より甘さ控えめながら風味はバッチリよ。
 なんせバターガッツリ入っているから。
 自分で作れば気分で甘くも薄ら塩味にも出来るから是非とも作り慣れたい。

 しかし、手持ちの料理本のブーブリキ作り方説明は日本では出版出来そうに無いと思う。
 「イースト生地を作ってブーブリキ形に成形する。しばらく発酵させてオーブンで15分程焼く」
 ですよ。
 日本だったら生地を作るまでの工程も入れないと駄目じゃないだろうか?とかオーブンで焼くって何度??とかなりそうですよね。笑
 この辺りイースト生地が本当に身近なんだなって実感します。

 今回は175度で17分焼成。良い感じの色味に焼き上がり。

〜材料〜今回の分量覚え書き
強力粉      250g
ドライイースト  小匙1
バター      100g 
スメタナ
(サワークリーム)20g  
卵        2個     
牛乳       20ml   
塩        小匙1/3   
砂糖       大匙2    


d0170682_02344304.jpg
d0170682_02495381.jpg

↑上がこのところお気に入りの流通品。
 パン屋のはすぐ食べちゃうので写真無し。

 Баранки яичные(バランキ ヤイチヌィ/卵入り輪型パン)

 これは比較的柔らかいタイプ。薄さも厚すぎず好き。
 量り売りのは直径は小さいけれど、もっと厚みがあってみっちりしていてか見応え満点腹持ちも満点。
 写真の物はかなりお菓子よりな甘味有り。
 日本の牛乳パンみたいな感じで飲物と合わせて食べるに最適。
 
 試作のブーブリキと焼き上がりは結構似ていると思うけどどうだろう?
 明日芸術家さん宅でおやつに出してみよう〜。

 先日焼いたПирог с рывой(魚のピローグ)は好評だったからこれも好評だとまた自分で作れるロシア粉もの増えるんだけどな。
 しかしビスケットとかは気軽に焼けないのは何故だ?
 

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]