<   2015年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧

d0170682_04052090.jpg


 熱は全く無いんですが、喉がちょっと狭くなった様な感じでいがいがするのでЛариса(ラリーサ)レシピの風邪の時にはこれというホッとワインを久しぶりに。
 ホットワインと言えば欧州では冬によく飲まれると思います。
 ロシア風なのは色々なベリーを使ったВаренье(ワレーニエ/果実の形が残る緩いジャム)を入れるところでしょうか。
 村の人達にとってあまり加熱を強くせずベリーの酸味を充分に残す味わいにしたワレーニエは冬の間のビタミン源とも言われています。
 物によってはほとんど加熱しないピューレに近い物を使う事も有ります。
 そんな彼らの風邪撃退用ホットワインの紹介です。掲載したと思っていたら未だだった。
 私が一番最初にこのホットワインを教わったのは2007年9月。
 まだロシア語を聞き取る事も出来ない時期でラリーサが工場芸術家部門に在籍し、工場へ通っていた頃の事。
 私がラリーサに呼ばれてその部屋へ通い始めて時間があまり経っていなかったのですが、体調が悪いという事は何とか通じたようで、就業時間中だというのに隣りに執務室の合った植物検疫感のお姉さんとともに消え、戻って来た時にこのワイン用にと材料をくれたのです。
 そう考えると私が習った最初のロシア料理レシピの一つと言っても良いのかもしれません。
 たっぷりのベリージャム入りワインに胡椒を入れるのも面白いですよね。

〜材料〜(2人)
300ml 赤ワイン 
100ml 水    
小匙2〜3 べりーのワレーニエ(形残る緩いジャム)
3〜5枚 生姜薄切り
3粒 黒粒胡椒
2粒 丁字
1片 シナモン
5〜6㎝ レモン又はオレンジの皮
お好みの甘さで 蜂蜜
お好みで レモン又はオレンジの輪切り



d0170682_04064492.jpg


 本当は生のレモンの皮やオレンジの皮の方が香り高いのですが、手軽に乾燥したもので代用しています。
 生姜は薄切りでも千切りでもお好きな方で。
 後で取り除きたい場合は薄切りの方がお薦めです。
 胡椒は包丁で粗く潰してから入れて下さい。



d0170682_04064443.jpg


 今回はСмородина чёрная(スマロージナ チョールナヤ/黒スグリ:ブラックカラント)をメインにしたワレーニエを使っています。
 比較的酸味のしっかりしたもので作ったジャムがお薦めです。



d0170682_04064497.jpg


 通常は使わないのでレシピには載せていませんが、今回はСмородина красная(スマロージナ クラースナヤ/フサスグリ)のмоченая(モーチェナヤ/漬け物)も少し加えています。
 ↓のレシピでコケモモの代わりにスマロージナを使って作ったものです。


d0170682_04064472.jpg


 出来上がったらお気に入りの器に入れて気分を上げながら熱々をどうぞ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓記念すべきロシアの味なのね〜と思ったら一押しよろしくね。


[PR]
d0170682_03580953.jpg


 今日のお一人ご飯。
 キャベツと白菜餅卵乗せ。
 これ大元は暮しの手帖に掲載されていたキャベツ餅。
 ただいまキャベツと白菜をたっぷり食べたい気分持続中なので1人ご飯で沢山食べています。
 今日は餅と合わせて。
 キャベツ5枚と白菜6枚を千切りにしてさっと塩ひとつまみとともに炒め、まだ固いかなという位で餅を載せ蓋をして柔らかくなるまで。
 柔らかくなったら卵を落として醤油たらり。胡椒ガリッと。
 卵が好みの固さになるまで。
 バターを入れても良いと思うけれど今日は植物油のみで。
 相変わらずどうしてこうさっと炒めただけなのにこんなにキャベツや白菜って美味しいのかと思う好みの味。
 
 餅は通年いつでも大好きなので時々こうやって食べるのが楽しいです。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓野菜も主食も一緒にたがるね〜と思ったら一押しよろしくね。


[PR]
d0170682_02431464.jpg


 S7のラウンジでも白身魚のトマト煮食べましたが、芸術家さんママもこの料理作ります。
 特にママの作る中ではСорога(サローガ/ローチ)という鯉の仲間になる魚を使ったものが良く出てくるのですが、私サローガはこのトマト煮が一番好き。
 粉をはたいて焼いたものはやはり独特の風味があって、芸術家さん宅が釣ってくる様な大物は特に香が強い。
 あまり得意では無いのでこうやってトマトのソースを絡めた方が美味しく頂けます。
 今日は冷凍庫にサローガがあるのでそれを使って作ってみました。
 連合い出張中の1人ご飯としては珍しく手をかけているかも。
 じっくり炒めた玉葱と人参が味の決めてになるので根気よく甘くなるまで炒めて下さいね。
 大蒜はお好みでなくても充分に美味しいです。
 村へ戻って何とか−3kg落ちて来たので目標まで後少し。
 ということで付け合わせは蕎麦にしました。
 蕎麦消化良く食感も軽くて一杯食べても太らないのが好き。

↓魚のトマト煮はこちらをどうぞ。
FOODIES レシピВАЛЯレシピの魚の野菜トマトソース煮


今回の蕎麦カーシャ
〜材料〜
蕎麦 1カップ(200ml)
湯  11/2カップ

〜作り方〜
・鍋に湯を沸かしておく。
・蕎麦のみをさっと洗い、沸騰した湯へ入れる。
・再沸騰後弱火にして蓋をし10分程炊く。
 好みの固さになっていたら完成です。 
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_03095133.jpg


 ロシア料理やロシア人宅で冷蔵庫に無いと不安になると言うものの一つにсметана(スメタナ/サワークリーム)が有ると思います。
 村ですら本当に色々な状態色々な脂肪分のスメタナが流通しています。
 見た目でいえば液状に限りなく近い緩い粘度のものからほぼバターという状態のもの。
 5%から上は30%越えの脂肪分まで。
 酸味も比較的しっかり有って日本のサワークリームとほぼ同じものから酸味はほとんど感じられずバターの様なものまで様々。
 そんな味わいにも食感にも違いが有るスメタナを日本で再現するには?
 前回より更に簡単にかつ日本のサワークリームよりも酸味がまろやかなものをと思いながら作ってみました。
 振り返ったら3年近く経ってしまっていた。
 今回はいつでも(村では脂肪分の高い生クリームは冬手に入りにくいので)手に入る中で一番脂肪分の高い20%のもので作ってみました。
 写真は出来上がったものをВаренье(ワレーニエ/果実の形が残る緩いジャム)とともにБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)へ乗せたもの。
 かなり粘度高めのものに仕上りました。
 そして前回のように生クリームで作ったヨーグルトというよりはもっと固めのクリームで村で売っている同等のものと遜色無い仕上りです。
 


d0170682_03341269.jpg


 用意するものは生クリームと↑のビオフェルミンだけ。
 元々こちらのビオフェルミン以前載せた「本当にヨーグルトになった〜」の為に買ったんですが、一度の使用量が少ないのでまだまだ残っています。
 前回もそうですが、今回も常温にした生クリームにビオフェルミンを入れ、常温で置いておくだけ。
 2日目はまだ緩かったのですが、3日目にはしっかり固めのスメタナ完成です。
 加熱保温の必要がないところがこの方法で作るスメタナの良いところかなと思います。
 
 ところで、私が今までロシア人から聞いたスメタナの最も単純でかつ酪農家の近くに住んでいないと出来ない方法は絞りたての何も手をかけていない牛乳を漏れない袋や筒へ入れ1〜2日適度に揺らして撹拌してから出来た上の方のクリームというもの。
 スメタナの定義って彼らの中では何処までを言うのか奥深いです。
 
↓作り方はこちらをどうぞ。
 ヨーグルトの様に一度作ったものを種にして増やせるか新しく生クリームを買って来て試してみます。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。




[PR]
d0170682_06225748.jpg


 今日は先日作ったмамалыга(ママリーガ/濃いトウモロコシ粥)の残り展開料理モルドヴァ風です。
 これまだ芸術家さんが工場の芸術部門で働いていた時、私の持って行ったラーメンポットの電熱部分にフライパンで時々作ってくれていた料理。
 材料は残ったママリーガ/Шкварки(シュクワルキ/脂身をカリカリに焼いたもの)/
 簡単でしょう。
 シュクワルキを温めて溶けたところで先にでも後ででもお好みで。
 そしてママリーガを炒め炒めたと和えれば完成です。
 今日は連合いが作ってくれて、小さいボウルで形を整えてくれました。
 この日と手までより美味しそうに感じちゃいますね。
 とても簡単展開料理ママリーガを試して余ったら一緒に試してみて下さいね。



d0170682_06225783.jpg
d0170682_06225745.jpg
 そうそう、今日は途中でちょっと味を変えようとこちらの調味料を使ってみました。
 これロバニエミのスーパーでA.Jさんに教えてもらって初めて知ったメキシコ料理に使うチリ。
 余計な味はついていない本当にチリペーストと油です。
 10段階で10が一番辛いという事だったので一つ下の9を。
 しかしこれ開けただけでも相当辛そうな香なんです。
 逆に経済的かもね。ほんの少量でもしっかり辛み有りなので。
 これを少し混ぜながら食べました、美味しい。
 確かにこれをたっぷりは辛いの好きな私としても辛いかも。
 ちょびっとずつ使っていこうと思います。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_06084220.jpg


 本当はПост(ポスト/大斎)に入っていて肉/魚/卵等は駄目な時期ですがまあ信者じゃないという事で食べたいものを作ります。
 昨年まではちょっとがんばてってポスト料理にも挑戦しましたが、今年は不在の間にポストカレンダーの乗ったペーパーバックが売れてしまい日々の詳しい事が判らないので何となく緩めに植物性多めという感じでいく予定。
 あくまで予定なのでたぶんあんまり守られないと思います。
 だいたい信者でもないので守る必要は無いのですが、芸術家さん宅は比較的精進を忠実に守る方なのでおやつを持って行くにも気をつけたいところなので。
 こう書いておいてなんですがしょっぱなからすでに精進守っていないんですが卵使っちゃいました。
 ブリヌイだけは卵無いと美味しくないしねー。大体食感も卵が少ないと本当に美味しくないし。



d0170682_06084223.jpg
d0170682_05522313.jpg
 昨日のブリヌイがイースト発酵なら今日は重曹で。
 ぷつぷつとあく穴の量が違うんです。
 柔らかさも違うかな少しですが。
 重曹の生地の方が比較的薄く焼く事可能です。
 右の写真がイースト生地で上は重曹生地。ぷつぷつと開く穴の量一目で違いが判りますよね。
 好みでなのでどちらも美味しいんですが、私はふんわり柔らかめに焼き上がるイースト生地が好きです。
 慣れればイースト生地も別に全く手間ではないのだけれど、如何しても発酵時間はかかるので、重曹の方が思い立ったらすぐ焼けると言う手軽さは有ります。
 お好みの方でぜひ。



d0170682_06084265.jpg


 かなり地味な見た目ですがキャベツ/マッシュルーム/卵油で炒め塩で味つけしたもの。
 これ以前サンクトペテルブルクへ行った際に体調不良にもかかわらずこの味つけのブリンチキだけは食べて凄く美味しいと感じる事が出来て以来美味しいとしみじみ思うものなんです。
 優しい味わいで極厚キャベツの甘味が生きる調理方法だと思う。
 卵無しでも美味しいです。


d0170682_06084246.jpg


 昨日の反省でホワイトソースの粉量ちゃんと減らしました。
 もう少し焼き目つけても良かったかも。いやその前にホワイトソースはもっと多い方が良いよね。とまたも反省。
 何時も目分量だからねー。
 
 今日のは優しい味に仕上って大満足です。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_05522302.jpg
d0170682_05522379.jpg
 今日はМасленица(マースレニッツァ/大斎前週・バター祭り・謝肉祭)最終日曜日。
 今週は芸術家さん宅でもよくБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)を頂きました。
 そして我が家はと言えば私がついつい芸術家さん宅で食べ過ぎているので家では作らず。
 今日になって「マースレニッツァに一度もブリヌイ焼いていない!」と焼きました。
 イースト発酵のブリヌイが大好物なのでまずはイースト生地で。
 ホワイトソースをかけて焼き上げます。
 大きい写真が焼き上げ前なのは焼き上げたらホワイトソースの粉の量が多すぎて粉粉しい見た目だったから。汗
 味は美味しかったんだけどねー。ホワイトソースの量も少なくてブリヌイがカリッと香ばしくなっているところも。滝汗
 でもまあ初めての具は美味しくまた作ってみたい組み合わせです。



d0170682_05522348.jpg


 今回の具は燻製鱒と馬鈴薯とイタリアンパセリ。
 これは間違いない美味しさだった。
 薄切りにしても良かったのだけれど、今日は馬鈴薯と大きさを揃えて。
 味つけはしません。村で手に入る燻製鱒はかなり塩気強いので味つけせずとも馬鈴薯まで良い感じに美味しくし上がります。



d0170682_05522313.jpg


 今日は封筒包みです。ロシアでも封筒包みっていうんですってこういうの。
 一段階目は置いた具に手前の生地をかぶせます。



d0170682_05522345.jpg


 右から縦長に折って。



d0170682_05522383.jpg


 左からも折って。
 もちろんこれはどちらが先でも良いです。



d0170682_05522339.jpg


 あとは手前からクルクルと巻いて巻き終わりを下にして耐熱容器に並べればるだけ。
 上からかけるのはお好きなレシピのホワイトソースでどうぞ。
 トマトソースとチーズでも美味しいよ〜。
 ↓味つけはお好みでどうぞ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓ブリンチキ美味しそうねと思ったら一押しよろしくね〜。


[PR]
d0170682_04401373.jpg
d0170682_04401339.jpg
 今日はロンドンから持ち帰った新しい調理機器を使って久しぶりにмамалыга(ママリーガ/濃いトウモロコシ粥)を炊いてみました。
 むふふ、炊け方が全然違うわ。
 先日の芸術家さん宅でママリーガ丼風に食べたものが美味しくて刺激されたのだ。




d0170682_04401360.jpg


 今回ロンドンから二組持ち帰った調理器具の一つがこちら。
 いやーこれ本体は小さいから私のトランクに入れたりしたのだけれど、鍋がね小さくならないから。手持ちで運びましたよ。
 1個はママリーガ大好きモルドヴァ人の芸術家さん宅へ。
 ロシアは変圧器要らないので安い変換買うだけで使えるから楽です。
 これとってものんびりかつ確実にママリーガを撹拌して練ってくれるんです。
 試しに動くかスイッチを入れたときあまりにのんびりで音も静かで「う・動いてる??」と少し離れて見ていたら心配になっちゃいましたよ。笑
 自分で練るとなるとかなり力もいればずっと付きっきりでないといけ無いけれど、これが有れば他の事も出来るので凄く便利。
 ママリーガ意外にもポリッジ?小麦粉を粗く砕いたもので作るお粥にも使えそう。
 楽しみだわ。



d0170682_04401367.jpg

 今日の具はまずチーズ。白い塩気の強いチーズを使いました。
 本当はБрынза(ブリンザ/塩のキツい洋乳チーズ:フェタチーズと似ている白いチーズ)が欲しかったのだけれど店に無く、もっとクリームチーズに近い食感のチーズとなりました。
 モルドヴァ共和国はブリンザの産地でもあるそうで、やはり食感や味にうるさいんです芸術家さん家族。



d0170682_05112134.jpg


 下のレシピでは香草を入れているものですが、入れない簡易バージョンで。
 これもモルドヴァの人には必須のソースらしい。
 色々なものにかけますが、ママリーガの時はとにかく最低でも簡易版をつけます。
 もちろん苦手な人は付けなくても美味しく食べる事で来ますよ。



d0170682_05112132.jpg


 モルドヴァ共和国はウクライナとルーマニアに挟まれているだけあり、食文化は似通っている部分がすごくあるそう。
 そんななの一つがСало(サーラ/豚脂身塩漬け)。
 ウクライナ同様豚肉を良く食べるモルドヴァでも一般的に家で良く仕込むものだそうで、それを使ったこのШкварки(シュクワルキ/脂身をカリカリに焼いたもの)。
 簡単ですが、これが旨味バッチリの炒め油やかけて美味しい旨味油になるのです。
 少し違うけれど、ベーコンの脂身でも出来るので試してみて下さいね。
 写真は冷める前ですが、保存する時は熱々を保存瓶に入れ透明だった油が白く固まって常温になったら冷蔵庫で保管して下さい。

FOODIES レシピ材料一つ 簡単・便利シュクワルキ!



d0170682_05112164.jpg



 今日は生のトマトが無く、ピューレだけで作ったら水分少なすぎた上に色が濃すぎて見た目かなり味が濃そうになっちゃていますが莢隠元豆を幾つかの野菜と炒めて生のトマトでじっくり蒸し煮にした物もとても良く合います。
 これもほぼ毎回つけているかも。
 
 ママリーガ、モルドヴァでは鍋1杯に炊いて大皿にひっくり返し、熱いので糸で切り分けて取るんですって。
 残念ながら我が家そんなに多い量は作らないから取り分けようスプーンで済んでしまいますが、一度位糸で切り分けやってみたいかも。
 皆でわいわいでも自分の好きな様に組み立てられるママリーガ丼ってちょっと手巻き寿司っぽいですね。
 


以前の記事

 モルドヴァの郷土料理試しにぜひ。

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓コーンミール丼彩り綺麗ね〜と思ったら一押しよろしくね。


[PR]
d0170682_04130626.jpg


 本日は17時30分から23日の祖国防衛の日を会社の女性陣が会社の男性陣をお祝する宴席が文化会館2階の貸しスペースで開かれました。
 昨年はこういう宴席は無くて、工場内で男性陣にプレゼントが配られ終わり。昨年の記事
 一昨年は屋外で余興をしつつの宴席でした。一昨年の記事
 今年は、また宴席が戻って来て楽しい寸劇を繰り広げる女性陣。
 その合間に乾杯が続き、ダンスタイムが入り盛り沢山な宴席でした。
 そして気付くと1人消え、2人消えと人数が半分以下に。
 でもお酒だけは無くならないんですねー。
 一体どれだけ仕入れれておいたのでしょうか?
 ちなみにモスクワ事務所の方やモスクワからのお客様(ロシア人)に聞くとこのような宴席はもうほとんど無いそうです。
 友達とというのはあっても会社でなんてないんですって。
 まあね、ドが付く田舎で娯楽の無い村では宴席やっぱり娯楽ですからね、まだまだ無くなりそうに有りません。
 で写真のウォッカですがウォッカなのに口当たりというか舌触りが滑らかなの〜。なぜ?
 本当に違うのです。なにせ連合いも同じ事言った位だから。
 ちょっと危険なウォッカですねくいくいいってしまいそうなそうでないような。
 店で探してみよう〜。



d0170682_04130763.jpg


 何度かこちらの会場で料理を食べた事が有りますが、毎回家庭的で美味しいんです。
 今日は更に家庭的。
 到着したとき既に宴席は始まっていたのでまともに料理の写真が写せていませんが、何とか写せたものを。
 オープンサンド/煮こごり/魚塩漬け(鱒と鰊)/胡瓜とトマトの漬け物/塩漬け発酵キャベツのサラダ/魚のファルシ(詰め物)/肉前菜/果物等が並んでいます。
 途中で鶏肉のグリルが出て来たりもしました。



d0170682_04130701.jpg


 こちらは魚のファルシとグリルチキンの下にいたカトリエータ。
 魚のファルシは皮一枚残して骨と身を取り除き、身をミンチにしてご飯と混ぜて味つけして戻し形を整えて蒸し焼きにしたもの。
 結構手がかかっている料理なんですよ。
 でも連合いは「わざわざそのままで食べることが出来る素材をどうしてミンチにする必要があるんだ」と言って毛嫌いします。苦笑
 ミンチ状の料理嫌いだからねー。
 でも私が村に来た当初の冷凍魚といえば厚い氷に覆われ種類が何か何て判らない状態だったり、何時冷凍庫に入った?という位冷凍や決してカラカラだったり。
 とてもそのまま食べて美味しそうでは無かったのよね。
 だったらミンチにしてという方がまだしも美味しく食べる事が出来るのではないかと思っちゃいます。
 あ、今はかなり状態良くなっていて目視できるし何より種類も増え回転率も上がっているから確かにそのままで美味しいですが。
 カトリエータは一般的にロシアでいわれるものとは少し違いますが、村だと結構家庭風のものはこんな感じでスハリと言う微細パン粉を付けない事も多いです。
 こちらのは繋ぎ米だけ位で肉らしく連合いでも大丈夫な食感。
 
 今日も良く飲んで笑って踊って食べて楽しい宴席でした。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓ウォッカ見つかると良いわね〜と思ったら一押しよろしくね。


[PR]
d0170682_01221331.jpg


 木曜日だというのに何やら宴席の準備が進んでいた芸術家さん宅。
 夕方になり仕事が終わった友人達が集り始めました。
 何となく嫌な予感というか逃げられない予感というか、結局何の宴席か判らないまま私もでることに。
 これで昨日から連合いの予定聞いていたのかしら?
 毎日遅いから絶対無理だと思うわ。
 そんなわけで今日の宴席でのハイライトМИТИТЕИ(ミティテェイ/モルドヴァの挽肉料理)を焼いているところが今日のトップ画像です。
 やっぱりフライパン焼やオーブン焼きより断然炭火焼だわ。
 もう焼いている時の香からしてご馳走です。
 今頃気付いたけれど、芸術家さんご主人が前日にずっと電動ミンサー使っていたのはこれだったのね〜。



d0170682_01221335.jpg


 まだ作業中だったんですがこうやって呼ばれてしまうと今日の作業は終わり。
 頭は食べるモードに。
 テーブルの上にはこれ又モルドヴァの国民食мамалыга(ママリーガ/濃いトウモロコシ粥)が乗っていました♪大好物♪♪



d0170682_01221324.jpg


 ママリーガに大蒜ソースやら肉の炒めたものやらチーズ、сметана(スメタナ/サワークリーム)を乗せて混ぜながら頂くのが芸術家さん宅の食べ方。
 これ食べ過ぎちゃうのよね。
 やっぱり美味しい。



d0170682_01221320.jpg


 ママリーガが半分位になったところで今度は焼き肉〜。
 え、メインはミティテェイでないの???
 でも目の前に置かれたらやっぱり食べちゃう。
 皆さんせっかちで焼き方へだから焼き奉行しちゃいました。
 美味しそうに焦げ目が付きつつジューシーで良い感じに焼き上がりましたよ。
 返しは1回で十分なのにね。



d0170682_01221314.jpg


 口をさっぱりさせるために芸術家さん友人(私も良く知っている)が所望したのがこちらの塩漬け発酵キャベツ。
 これかなりしっかり漬かっているもので美味しかった。
 

 お皿に装う時にひまわり油がかけてあるのでちょっとサラダっぽくなっています。
 生玉葱を刻んでサラダにしても。
 ちなみにこの漬け汁飲むと二日酔いにならないって村の人はいいます。そういえばロシアのドラマ見ていると酔っ払っているとき起き抜けによく塩漬け発酵胡瓜の漬け汁飲んでいる映像有りますね。
 私も以前飲んだけどお酒沢山飲んでいる時って結構美味しく感じます。二日酔いは…私飲んでいるその時に頭が痛いタイプなので二日酔いにはならないから効いているかは判らないのですが。



d0170682_01221327.jpg


 もうお腹も一杯だしなにより酔っ払って来て眠いので「帰る」と言っては「ミティテェイがくるわよ」といわれる事3回。
 頑張りました。何とか辿り着いたミティテェイ。
 私は生玉葱駄目なので人様のお皿をちょっと写させて頂きました。
 焼き上がったミティテェイに酢につけた玉葱を酢とともに、付け合わせにグリンピースがこちらのお宅のお約束。
 これ本当に美味しいんですよ。
 前日肉を準備しておけば当日は焼くだけ。是非試してみて下さいね。
 以前載せた記事はこちら


 さすがにミティテェイを食べている時に酔いは最高潮で歩いて帰れる自信があるか微妙になって来たので連れ合いにお土産として少し分けて頂いて帰りました。
 やっぱり自家製コニャックと言う名のサマゴンを6杯以上一気は…許容量超えるわ。
 何とか家に帰りつけたから良いけどね。
 そうそう、少し酔いが冷め始めて考えてみるとどうやら男のこの日を意識しつつ芸術家さん宅に新しい車が来た事を祝う宴席だったみたい。
 車を皆でみてお酒を少しずつかけてお祝いしました。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓ロシア人宅で宴席乗り切るのお酒弱いと大変ね〜と思ったら応援の一押しよろしくね。


[PR]